« 森美術館が疲れるワケは? | トップページ | さて今月は・・・《5月の巻》 »

2007.04.29

寄り道コクーン

4月28日(土) 「写楽考」  14:00〜   於・シアターコクーン

作/矢代静一 演出/鈴木勝秀  出演/堤真一(写楽〉、高橋克実(十返舎一九)、長塚圭史(歌麿)、キムラ緑子(お加代・お春)、七瀬なつみ(お米)、西岡徳馬(蔦屋重三郎)

このお芝居は、某カード会社のチケットセンターの先行発売に始まって、何度も買おうとしながら、思いとどまり、今週まで来ていた。
面白そう!と思いつつもためらっていたのは、堤真一と七瀬なつみに、それほど魅力を感じないから、かもしれない。
でも、ずっと気にはなってはいて、ちょうどいい日と席(と値段)が折り合って、めでたく観劇。羽田空港へ行く前に、渋谷に寄り道、の巻。

一番見たかったのは長塚圭史だったのだが……うっわ〜、時代劇の扮装が似合わない!! チョンマゲが合わないのは、ひょろり長身に顔が小さいからかなあ。
 なんか彼だけが、別の時空にいるような感じ。この違和感が最後まで消えなかった。

 ストーリーは、なぜ写楽が忽然と世に現れ10カ月しか活動せずに消えたのか、写楽とは誰なのか、への答えではある。
 ……のだが、絵に対する情熱の部分が、そうなの?という感じ。歌麿にしても同じで、要するに観念に中途半端に走ってるように思えた。

 台詞がどことなくお説教くさい気もしたし、いろんな意味で中途半端だったのでは。

個人的に受けた小ネタ
・進行役の十返舎一九は10カ月を「じゅっかげつ」と発音。高島俊男氏が黙ってないよ、きっと。キミは「じっぺんしゃ」ではありますまいか。
・「歌麿師匠」というのがどうしても歌丸師匠に聞こえちゃって(爆)。

|

« 森美術館が疲れるワケは? | トップページ | さて今月は・・・《5月の巻》 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

これだけ観ると、歌麿って凄くやな奴でしかなくて、それが役者のせいなのか脚本のせいなのか悩みましたが…魅力がなかったのは主役も同じなので、脚本のせいにすることにしました(笑)
というか、私はキムラ緑子以外は全部イケてない気がしてしまい、これくらい役者を揃えて無駄な脇もいない状態ってそれっていうのは、やっぱり脚本と構成のせいだと思うしかないという結論だったのですが…

投稿: 猫並 | 2007.04.29 10:35

猫並さま
たしかに歌麿はヤな奴ですよねぇ。
お加代との関係が今ひとつわからないというか、どうしてお春は歌麿の子供だと断言できるの?などなど、引っかかるところも多くて。
でもヤな奴だって、悪い部分が光ってればいいんだけど、そうじゃないし。写楽の死に方もなんだかだし。やはり脚本ですかねー。

投稿: きびだんご | 2007.05.01 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森美術館が疲れるワケは? | トップページ | さて今月は・・・《5月の巻》 »