« 土曜ドラマが楽しみ! | トップページ | さて今月は・・・《6月の巻》 »

2007.05.31

見応えたっぷり「藪原検校」

5月30日(水) 「藪原検校」 19:00~ 於・シアターコクーン

作/井上ひさし 演出/蜷川幸雄 音楽/宇崎竜童 出演/古田新太(杉の市:後の二代目藪原検校)、田中裕子(お市)、壤晴彦(語り手役の盲太夫)、段田安則(魚売りの七兵衛、塙保己市ほか)、梅沢昌代六平直政山本龍二松田洋治神保共子景山仁美 ギター奏者/赤崎郁洋

 久々に(?)、お芝居をたっぷり見たぁ!という気になった。綱を多用したシンプルな舞台装置と、10人の出演者だけで何役もこなし(と言っても、3人は一役だから残りの7人が)、徹底的に言葉にこだわった舞台だからか--あるいは、鐘の音や雑踏なども声を使ったり、語り手の盲太夫の後ろに控えるギターなど、すべて「生身の人間」の表現だからなのか。

 古田新太が悪人役、というのだけは聞いていたのだけれど、表面的にはそう。人を騙し、殺し・・・でも、台詞じゃない部分(表情とか動き)に、彼のかわいらしさがたっぷり。そこが得難いものだなあと思うし、正味3時間ほどの芝居の隠し味、だったかも。

 そして、彼が語った浄瑠璃の「早物語」、だんだん盛り上がっていく不思議な高揚感があった。・・・にしても、役者さんは大変よねー。

 語り手の壤さんもまた、膨大な台詞量! しかも歴史的な説明とか、難しい用語が多いんだもの。見ている間はそれほど思わなかったけど、ほんとに重要な役だったと思う。「きちんと伝え、存在感もあるのに、邪魔をしない」存在!

 出演者の中で、実は今回、初めて見たのは田中裕子さんだけ!! うまいだけではなくて舞台映えするといおうか、やはり、そういう人でした。段田さんは様々な役の中で、塙保己市が一番しっくり来たな。・・・などなど、10人の俳優さんを、めいっぱい味わったという気分。面白い、というよりは、やっぱり見応えがあった、と言いたい。

 お芝居の中で、検校という地位について聞いている時、落語「錦木検校」(柳家喬太郎)を思い浮かべていた。そうしたら、後でパンフレットに喬太郎さんを見つけてビックリ!

 

|

« 土曜ドラマが楽しみ! | トップページ | さて今月は・・・《6月の巻》 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

最後につるされてたのが、切られるまで本物だと思ってた私って…
と、そんなことを思い出しました。
なんだかものすごく昔のことのような気がして(爆)

投稿: 猫並 | 2007.06.02 08:40

猫並さま
珍しく前の方で見ていて、本物? ニセもの??と
かなりじっくり観察してました。
すっごくよくできてましたよね・・・。
「写楽考」の最後はどうだったっけ、とか
ふと思っちゃいました。すでに思い出せない(笑)。

投稿: きびだんご | 2007.06.02 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜ドラマが楽しみ! | トップページ | さて今月は・・・《6月の巻》 »