« 歌舞伎メモ 新橋演舞場 | トップページ | 岡山市内散歩 »

2007.05.07

やっとちゃんと「勧進帳」を見た、かな

5月5日(日) 「團菊祭 昼の部」 11:00~ 於・歌舞伎座

泥棒と若殿」(山本周五郎・作) 三津五郎(松平成信)、松緑(伝九郎)、亀蔵ほか 「勧進帳」團十郎、菊五郎、梅玉、團蔵ほか 「与話情浮名横櫛」海老蔵(与三郎)、菊之助(お富)、市蔵(蝙蝠安)、左團次(和泉屋多左衛門)ほか 「女伊達」芝翫、門之助、翫雀

 1、2ヶ月に1回、友人たちと、歌舞伎を見て軽く食事して・・・という集まりを続けている。「これを見ましょう!」という提案とチケット調達が、もっぱら私の役なので、それはそれで責任重大。というか、結局のところ、私が見たいものに連れて行ってるだけ、なんだけどね。今回のポイントは、有名な「勧進帳」があることと、菊ちゃんのお富! というわけで、ま、一番ポピュラーな選択でしょう。

 席がいわゆる「とちり」で花道近くだったから、特に「勧進帳」が堪能できた。今までも一等席で見たことはあるけど、たぶん花道からは遠かったんだと思う。義経一行が花道に登場するところから、「はあぁ・・・」という感じだった。一つ一つの動きが、どれも見逃せないぞ、という思いに自然となっていった。そういう風に集中していると、長唄やお囃子なども心地よく耳に入ってくるのが不思議。というわけで、堪能いたしました。やっぱり席も重要よねぇ。

 もちろん「切られ与三」も、美しい2人を近くで見られて眼福眼福。とはいえ、どうしても仁左衛門-玉三郎の印象が強すぎて・・・。やはり「婀娜な」感じがねぇ。それと海老蔵さん! 去年11月の狐忠信に続いて、喋ると笑いが起こるってのはナントモ。そこに立ってればそれだけで美しいのに←でもそれじゃあイカンよね。実は市蔵さんの蝙蝠安がなかなかよかったのでは、と。ちょっと情けない下っぱ感がピッタリ(褒め言葉)。

 歌舞伎初心者の一行には、今月の演目の並び方は、とてもよかったと思う。まず、気楽に楽しめる「泥棒と殿様」で、空気になじめるから。松緑さんもキャラに合ってる感じだし、三津五郎さんはうまいし。でも、泥棒が「ご飯の残り」と言った時には、その時だけ思いっきり現代になった気がしたなあ、あんまりにも普通っぽくて。

 そして目にも楽しい踊りで、あぁ楽しかった、と歌舞伎座を後にした。ほんとに満足感でいっぱいだったよ~。ま、「切られ与三」も含めてね・・・だって、また何年後かに見る時の楽しみができたと思えば。これからも楽しみにしようっと。というわけで、毎月いろいろ見たいから、最近は3階あたりから見ることも多い歌舞伎だけど、やはり「これは!」という時には、がんばっていい所で見よう!と固く心に誓ったのでした。

|

« 歌舞伎メモ 新橋演舞場 | トップページ | 岡山市内散歩 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

これは!という時には頑張ってみる…重要ですよね。
でも1等慣れすると貧乏になります…
これは!が増えないようにしないと(爆)
筋書きを読まなくても判る新歌舞伎で始まって、有名な勧進帳を宗家の團十郎がやって、若くてキレイなのがあって、最後はすんごくそれらしい踊りで〆て。
見取りならスタンダードな並びだと思うけど、なぜか久しぶりでしたよね、こういうの。

投稿: 猫並 | 2007.05.08 09:07

猫並さま
ええ、ええ。菊ちゃんをたっぷり見たさのあまり、
チョー貧乏になりそうな予感に震えてますよぉ。
でもね、今まで頑張ってきたんだから(←何を?)
一つくらい道楽があったってさ!!!
そう言われれば、このところ「見取り」の
満足感にちょっと欠けてましたよね。

投稿: きびだんご | 2007.05.08 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌舞伎メモ 新橋演舞場 | トップページ | 岡山市内散歩 »