« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007.07.31

しをんちゃんは粋なアネさんでした

7月30日(月) 「『あやつられ文楽鑑賞』刊行記念 落語と義太夫の甘い関係」 19:00~ 於・紀伊國屋ホール

落語・柳家喬太郎「寝床」、女流義太夫・竹本越孝、鶴澤寛也「伽羅先代萩」より「政岡忠義の段」、座談会・三浦しをん+喬太郎+竹本越孝+鶴澤寛也(司会・矢内裕子)

 スパイラルホールから紀伊國屋ホールへ回る。微妙に時間が半端で困っちゃった。昼間の大雨も上がって、客席はスパイラルよりも華やかでさえある。満員御礼。不思議なファッション(膝下丈くらいの着物? 丁稚スタイル??)の人もいたし。先日、同じ新宿セミナーに出演された金原瑞人さんの姿が見えたのだけど、新潮文庫の三浦さんの新刊に解説を書いてらっしゃいました。古典芸能に関する著書もあるしね。

 まず、司会のポプラ社編集者・矢内さんの挨拶のあと、三浦さん登場。なんと、着物姿でありました(よく考えたら、他の出演者は絶対和服なんだから、そうなるのか)。黒地の訪問着(かな?)がキリリ粋な雰囲気で、エッセイなどのイメージとはずいぶん違うけど、よくお似合い! で、彼女が今日の演目を紹介。伽羅先代萩のストーリーも、かなり丁寧にふれていた。

続きを読む "しをんちゃんは粋なアネさんでした"

| | コメント (0)

2007.07.30

とらえどころのない、ザラザラ感

7月30日(月) 「劇団ダンダンブエノ 双六公演 砂利」 14:00~ 於・スパイラルホール

作/本谷有希子 演出/倉持裕 出演/坂東三津五郎(蓮見田)、田中美里(有里)、片桐はいり(際)、酒井敏也、山西惇(戸所)、近藤芳正(孝生)

 スパイラルホールでお芝居を見るのは初めて。へぇぇ、こういう会場なんだ、という感じ。客席の後方は(9列目から)階段状になっているから、10列チケの私はちょっと嬉しい。だって、前に大きい人がいると見えないんだもん。・・・と思いきや、家のセットの下の方(庭に砂利があるところとか床下)は、見えませんでしたっ。

 本谷有希子は注目の演劇人と言っていいだろう。でも、なんとなく見に行くまでには至らずで。その人の作を、三津五郎さん、近藤芳正さんたちで、ということなので、チャンスかと思って見に行った。平日マチネということで、お年の方(しかも男性)が目立つ客席だった。三津五郎さん方面からかしらね、やっぱり。

続きを読む "とらえどころのない、ザラザラ感"

| | コメント (4)

スタンディング・オベーションの歌舞伎座

7月29日(日) 「NINAGAWA 十二夜」 16:30~(千穐楽)

 今回の再演「十二夜」は、初日が土曜日、千穐楽が日曜日という嬉しい日程だったので、どちらも見ることができて、それがまず幸せなことであった。楽日のにぎわいの中、早めに到着して(すでに気合い十分)、少しの寂しさを感じつつも、ひたすら楽しむゾ、という気分で席に座ったのだった。

 再演で、私がなぜ「獅子丸の踊り」に心惹かれるのかはよくわからないけれど(単に、綺麗だから、という理由かもね)、踊っている菊之助だけではなくて、その場にいる左大臣たちのちょっとした動きや、お囃子等も含めて、情景として印象的なんだと思う。それは全体の構成からも、言葉遊びやおふざけ的シーンの間で、「見えるままを、目で耳で楽しむ」という効果なのかも。見てる側のテンションが一瞬フラットになる(下がるんじゃなくて)。そして次の向月台での笑いが新鮮になる。

 俳優さんたちも揃って適役で、この人以外にはありえない、と思わせる。ということがすなわち「役を自分のものにしている」ということなのかな。團蔵さんの、なんか軽々としたおかしさがとても好きだし(やっぱり相当ファンなわたくし)、権十郎さんのピリッとした存在感に再演でやっと気づいた。ついつい、菊之助くんの美しさとか、亀治郎さんの縦横無尽の活躍とかに目を奪われがちだけれど、繰り返し見ていると、そういうところの良さにも気がつくんだなぁと思う(とっとと気付け、と言われるかな?)

 こうしてまたも「十二夜」にはまってしまった私の、区切りとしても、千穐楽を見ることができてよかった。何かサプライズあり?と、菊五郎丈が登場するたびに(笑)思ったりしてたけど、やはり蜷川演出ゆえか、それはなし。ただ、坊太夫として麻阿にお説教するシーンで、匍匐前進する麻阿になかなか声をかけなかったくらい。それはそれでおかしかったけどね。英竹役の翫雀さんが一番はしゃいでいたのかな(ちょっとやりすぎの感もあった、というか、内輪ウケの雰囲気が・・・)。

 カーテンコールで菊五郎丈が花道から蜷川さんを伴って登場。私も最初はおとなしく拍手してたんだけど、2度目? 3度目??からは立ちましたともさ。はぁぁ終わってしまったなあ。

 ロンドンで上演したい、ということが「公然と」語られる、ということは、実現しそうだということなのかしら。その暁には是非とも、わたくしもロンドンへ!! それまでに一段とシェイクスピアに親しんでおこう。いやその前にロンドン貯金をせねば。

| | コメント (4)

2007.07.23

華やいだ熱気のコクーンにて

7月23日(月) 「お気に召すまま」 13:30~ 於・シアターコクーン

作/W・シェイクスピア 訳/松岡和子 演出/蜷川幸雄 出演/成宮寛貴(ロザリンド)、小栗旬(オーランドー)、吉田鋼太郎(前公爵)、田山涼成(タッチストーン)、高橋洋(シェイクイズ)、月川悠貴(シーリア)ほか

 春に、さいたま芸術劇場で見たのと同じく、蜷川演出によるオールメール・シィクスピア。見られたら、くらいの軽い気持ちでいたので、2階の最後列から。でも、うまい具合に、センターブロックの通路際で、なかなか快適に見ることができた。どうせ2階なら、最後列もいいかもしれない(A席です)。

 こんな調子で気軽くコクーンに行ったら、まあまあ、当日券を求める人たちの長い列はできてるし、「チケット譲ってください」の札を掲げている人もいるし。平日マチネなのに。入場してみれば、パンフを求める長い列。へぇぇ、こんなことになってるんですかっ。最終的に、立見の人がかなりいた。で、オープニングで、俳優たちが全員、通路から出てきた時には「きゃー」。ふだんあまり縁のない光景なもんで、めずらしくて。客席の女子率95パーセント以上? このあたりの熱狂が、(俳優の違いもあるけど)コクーンだもんね、という気もした。

続きを読む "華やいだ熱気のコクーンにて"

| | コメント (2)

2007.07.22

シェイクスピアと歌舞伎

 ま、再演「NINAGAWA 十二夜」あれこれ、というわけで。この2年の間に、小田島雄志訳「十二夜」を読み、また小田島氏の語るシェイクスピア(あるいは「十二夜」)に触れる機会も持ったので、思いつくことをつらつらと・・・。

 小田島氏が、繰り返し語られるのは、「シェイクスピアは、理屈で考えずに、こういうもんだと思って楽しんで見ればいい」、という実にシンプルなことである。「あれっ、平仄が合ってないじゃないか」と、考えたりしないで(たとえば「ロミオとジュリエット」が何日間の物語か、など)、目の前で起こっていることに集中して楽しめばいい(楽しんだモン勝ち、と私は受け止めてますが)。という点では、歌舞伎もまたそうじゃないの? 理屈が先に立つと、歌舞伎なんか見てらんないでしょう(笑)。自分に都合のいいことだけ吸収しちゃう私には、とてもありがたいお話である。何やかやとテキスト上で考えるのは、専門家にお任せしますわ。

 そういうのって、たとえば大篠左大臣が獅子丸のことを、「まるで歌舞伎の若衆」云々と言うときに、「もしもし、あなたさまの時代には歌舞伎はまだ成立してませんでしょう」などと思わないで、ドッと受ければいい(実際、受けてますが)という、当たり前のことだな。あっ、このくだりは、小田島訳では「どこをとっても 女役を演じる少年俳優といったところだ」(白水uブックス、25ページ)となっていて、いわゆる「楽屋オチ」の台詞なんだそう。てっきり歌舞伎オリジナルの部分だと思っていたから驚いた。

 もともとの駄洒落オンパレードの台詞を含めて、シェイクスピアらしさを歌舞伎に生かした脚本に、改めて注目したい。人名の置き換えもおかしいよねー。(以下は下らぬ名前ネタです。)

続きを読む "シェイクスピアと歌舞伎"

| | コメント (0)

2007.07.19

朝イチバンで映画を見る

7月19日(木) 「キサラギ」(渋谷・シネクイントにて)

監督/佐藤祐市、出演/小栗旬、塚地武雅、小出恵介、ユースケ・サンタマリア、香川照之

 やっと見に行くことができた。喬太郎さんの落語「如月」を聞いたのがずいぶん昔みたいに思えるけど、まだ2週間もたってないのか。午後から仕事なので、池袋に行くか渋谷がいいか迷い(池袋の方が職場には便利、か? そうでもないのか)、平日の初回は1000円という渋谷に! 早起きは三文の徳なのだ。

 10分くらい前には座席に座っていた。BGMが、耳にサワる下手な歌。声が出てないんだよー。(以下ネタバレあり)

続きを読む "朝イチバンで映画を見る"

| | コメント (2)

2007.07.17

ロンドン版のBEEは想像以上!

7月17日(火) 「THE BEE ロンドンバージョン」 19:30~ 於・シアタートラム

原作/筒井康隆 共同脚本/野田秀樹&コリン・ティーバン 出演/キャサリン・ハンター(Ido)、野田秀樹(Ogoro's wife,Reporter)、グリン・プリチャード(Anchoku,Ogoro's son,Reporter)、トニー・ベル(Dodoyama,King of Chefs,Reporter)

 気がつけば「十二夜月間」の今月。あらら~、うっとり夢の世界から一気に暴力世界へというのはツライなあ、と思いつつ、三軒茶屋へ向かった。電車の中でも、小田島訳「十二夜」を再読してたんですが・・・。

 ところが! このロンドンバージョンが面白かった。舞台装置は、日本バージョンと全く違うし、私としてはこちらの方がピタッと来た。「ぴあ」綴じ込みの葉書で申し込んで当たった席は、日英ともに1列目だったのだが、ロンドン版はかなり中央。ぎょっとするくらい役者さんが近かったです。(以下ネタバレあり)

続きを読む "ロンドン版のBEEは想像以上!"

| | コメント (0)

2007.07.16

「NINAGAWA 十二夜」中間報告

七月大歌舞伎「NINAGAWA 十二夜」

作/W・シェイクスピア 訳/小田島雄志 脚本/今井豊茂 演出/蜷川幸雄 出演/菊之助(琵琶姫/獅子丸//主膳之助)、錦之助(大篠左大臣)、時蔵(織笛姫)、左團次(洞院鐘道)、亀治郎(麻阿)、翫雀(安藤英竹)、菊五郎(捨助/丸尾坊太夫)ほか

 標題の「中間報告」って、誰かに報告してるわけではなくて、あくまでも自分への報告、ということで。再演の今回も、まんまと歌舞伎国の祝祭に取り込まれて、うかうかとリピーターとなったんである。

 勢いついでに、初演「十二夜」録画DVD(歌舞伎チャンネルで放映したもの)を、初めてまともに見た。パルコ歌舞伎はテレビ画面で見ても面白かったけど、「十二夜」の方は見始めたとたんに、これは映像で見るとダメだ、と思って放っておいたのだった。でもまあ、おさらいの意味で。

続きを読む "「NINAGAWA 十二夜」中間報告"

| | コメント (4)

2007.07.14

本日のハシゴ:十二夜→国盗人

7月14日(土) 「NINAGAWA 十二夜」「国盗人」(どちらも2回目

 本来の予定は、本日千秋楽の「国盗人」を3階から見る、というだけだったのに、「十二夜」を前の方の席で見たい!という欲求抑えがたく(笑)、webで花道寄りの4列を見つけたのを幸いと、急遽出かけることにした。だって、踊りの部分をよーく近くで見たいんだもん。後方から全体を見通せるのと、近くで見るのと、(そして上の方から見るのと)それぞれに見え方が違って楽しい。舞台写真も買っちゃった(踊りと松也くんだよー)。

 さて「十二夜」に関しては、後日まとめて書く機会もあるだろうから、「国盗人」の感想を少々。

続きを読む "本日のハシゴ:十二夜→国盗人"

| | コメント (2)

2007.07.12

上野のお山へ♪シュラシュシュシュ~

7月11日(水) 東京藝術大学美術館 「金刀比羅宮 書院の美」「藝大コレクション展 歌川広重《名所江戸百景》のすべて」 (9月9日まで)

 平日の昼間、ぽっかり時間があいてしまった。家に帰るわけにもいかずどうしよう・・・。いくつか候補があって迷ったけど、こんな雨模様の日で、しかも始まったばかりの展覧会なら空いているだろうと、上野に行くことにした。金刀比羅宮は気分的には馴染みがあるけど(なんたって小学校の修学旅行で行った)、でも、最近は全く行ってないなあ。金丸座も結局行けてないし。

 金刀比羅宮の表書院・奥書院の襖絵が、実際の空間通りに展示されている、その展示スタイルがまず楽しい(こんなに下からライトを当てちゃって大丈夫なの?とか思ったりしたけど)。普段は公開されていない奥書院の若冲「花丸図」が目玉らしい(デジタル処理の複製も含む)。

続きを読む "上野のお山へ♪シュラシュシュシュ~"

| | コメント (0)

2007.07.11

初ポツドールは、「ナマ」でした

7月10日(火) 「人間 失格 太宰治をモチーフにした演劇 第4回」 19:30~ 於・三鷹市芸術文化センター星のホール

脚本・演出/三浦大輔 出演/米村亮太朗、古澤裕介、岩瀬亮、白神美央、深谷由梨香

 今月の観劇予定を書いた時に、敵前逃亡しかねない、なんて弱気になってしまってましたが、ちゃんと逃げ出さずに見てきましたよ~。これ、たとえば下北沢あたりでの上演だったら逃亡してたかも。地の利、ではあるなあ。演劇の趣味が微妙に私とずれている(笑。時々は重なるから面白い)ケイジ氏が、麻薬のようにはまっている劇団なので、ちょっとどんなものか見てみたい、という好奇心がまず第一。それに加えて、太宰であり、三鷹であり、という要素も加わったのだった。でも、過激みたいなのよねぇ、ポツドールって。きゃー。

続きを読む "初ポツドールは、「ナマ」でした"

| | コメント (2)

2007.07.09

円朝の夏、日本の夏 その一

7月9日(月) 「円朝夜話 岩波文庫『真景累ケ淵』と映画『怪談』」 19:00~ 於・紀伊國屋ホール

鼎談:矢野誠一/辻原登/金原瑞人

 ほかの用事でキノ・チケットに行った時に、チラシを見つけて興味を持ったので。ま、なんたってこの夏は映画「怪談」ですもんね(菊之助くんは見たいけど・・・しかし)。たまたま今年が紀伊國屋書店創業80年で、かつ岩波文庫も創刊80年ということで、一緒になにか、というところから始まった企画らしい。開演前のロビーは50代以上の男性が目立つ感じかなあ。ギョーカイのヒト?

 そして、私の「出た~!」は幽霊じゃなくて、開会・閉会の挨拶に出た人が知人だったということ。うへへ。大変お久しぶりでございました。

 それはともかく。まず順番に「円朝とわたし」を5分ずつくらい喋り、映画の予告編を見て(でも2分!!)、その後、鼎談(進行役は矢野氏)という進行。円朝の生きた幕末から明治という時代背景と文学(novelが「小説」と訳されたことも含め)など、若干固い話題から入ったのだけれど、辻原氏の「円朝芝居噺」にからめて速記のこと、話し言葉と書き言葉、などなど、多岐にわたる内容だった。

 ま、サブタイトルのうち「映画『怪談』」は、ちょっと取って付けたというところもなきにしも、で。だって幽霊は目には見えない世界だからね。金原さんが映画について一言「とにかく菊之助がものすごく綺麗!」

*この先も円朝ものに関わるあれこれがあるので、通し番号をつけることに。

*買っただけで未読の「円朝芝居噺」。とっとと読まなくては。

| | コメント (2)

2007.07.08

2007,07.07は歌舞伎と落語

7月7日(土) 「NINAGAWA 十二夜 昼の部」→「柳家喬太郎独演会 みっちりナイト 七夕+愛+ミステリアス=」

 七夕にふさわしい(?)、スペシャルな劇場のハシゴ。ではありますが、もっか多忙につき、メモのみにて。

 再演「十二夜」は、初演時に我ながらあきれるくらい入れ込んでいただけに、それがむしろ心配で、熱がすっかりしぼんじゃった、みたいになることを怖れていた。ええ、杞憂でした。あの幕開きのドヨメキが麻薬のようで、のっけの一撃でまずやられてメロメロ、という感じ。

 前回もこうだったっけ? と場面転換なんかを見ながら思ったり。ま、そういう「おさらい」には意味がないけども。菊之助の、琵琶姫-獅子丸の2役が前回よりメリハリをつけていて、恋の騒動に至るまでがわかりやすくなっていたのと、1回目の休憩の後に入る踊りが、とても美しかったのが、特筆すべき点。いや、この後にも見る予定はあるから、そういうのが、もっともっと増えるだろう。

 初日なのに舞台写真を売ってたり、筋書にも写真が載ってたり・・・さすが、博多座を経てきているからね~。

 喬太郎さんの独演会は、一人で来てるやや若い男性、というのが多い気がする。私の左右もそうでした(左は歌武蔵さんみたいなタイプ)。本日の目玉は、映画「キサラギ」からの喬太郎落語「如月」。やっぱり先に映画を見に行ってればよかったなー。 

| | コメント (5)

2007.07.04

歴史の彼方の夢を見ていたような・・・「国盗人」

7月3日(火) 「国盗人 W・シェイクスピア『リチャード三世』より」 19:00~ 於・世田谷パブリックシアター

作/河合祥一郎 演出/野村萬斎 出演/白石加代子(女・杏・王妃・政子・皇太后)、山野史人(一郎・市長)、今井朋彦(善二郎・右大臣・理智門)、野村萬斎(悪三郎)、大森博史(左大臣)、石田幸雄(久秀)ほか 作調/田中傅左衛門

 パブリックシアター10周年記念の演目である。7月1日に会員貸切の記念公演があったのだが(イベントも)、残念ながら外れてしまい、第2希望の今日に回った。でも、ポストトーク(河合&白石)がとても面白かったから、ヨシなのだ!

 「リチャード三世」といえば、まさに「悪党」の物語。シェイクスピアの中でも、歴史物は人名や時代背景がややこしく感じられて、ちょっと敬遠気味なのだけれど、どんだけ悪党なのかは見たいもの、と。翻案されているとなれば、ストーリーは見当もつかない。その上、白石加代子が4役+1役とは。(ネタばれあります)

*帰宅したら、朝日の夕刊の劇評が載っていた。早くこれを書かなければ読めないのに、あまり時間がないので、簡単に印象を。

続きを読む "歴史の彼方の夢を見ていたような・・・「国盗人」"

| | コメント (8)

2007.07.01

さて今月は・・・《7月の巻》

7月1日(日) 「今月の、予定は未定!(^^)!」 出没予定メモ

歌舞伎・・・十二夜、鑑賞教室・野崎村

演劇・・・国盗人、人間失格、THE BEE(ロンドン・バージョン)、お気に召すまま、砂利

落語・・・喬太郎独演会

行けたら・・・(映画)キサラギ、舞妓Haaan!!!

 なんとなく「期待と不安の入り交じる」今月。ま、それは再演「十二夜」を、自分がどう受け止めるのか、ということなんだけど。そして、初・ポツドールに果敢にも挑戦。敵前逃亡しないかと、これまた自分に不安である。

| | コメント (3)

いま憲法9条を考える

6月30日(土) 「非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディングvol.10 9条は守りたいのに口ベタなあなたに…」 19:00~ 於・全労済ホール スペース・ゼロ

作・演出・構成/永井愛 出演/平幹二朗根岸季衣渡辺えり子草笛光子大塚道子ほか

 いちおうストーリーは、平凡な主婦ネゲシ・ホシエ(根岸)が、様々に論駁(というか説得)され揺れつつ、9条を持つことの意味を考えていく、世間話で広めていく・・・っていうのでいいのかな。結局、9条を守っていく力は、フツーの一人一人のあり方である、と。これがタイトルの意味でもある? 具体的な数字(金額とか年号とか)が出てくるから、それが説得力あるような、疲れるような。小ネタでいろいろ笑えました。アベシンゾー(ザ ニュースペーパーの福本ヒデ)も出てきたし。

 ストーリーには全く無関係に。平幹二朗(未来から来た「世間話評論家」)、草笛光子(横丁のマダム)、大塚道子(改憲バーに潜り込んでる護憲派)の存在は、改めてすばらしいなあと。ほんとに言葉が「届く」んだもの。これは、単に年季だけじゃなくて、台詞を「わかってる」ということなのでは。ほかに、深浦加奈子と若手ではソニンが光ってたなー。当然、主役の根岸季衣も。

 終演後、近くのオバ2人組の会話「疲れる劇だったわねー。どうせ9条は変えられちゃうのよ」が一番疲れたぞい。なんで見に来たの?

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »