« 本日のハシゴ:十二夜→国盗人 | トップページ | ロンドン版のBEEは想像以上! »

2007.07.16

「NINAGAWA 十二夜」中間報告

七月大歌舞伎「NINAGAWA 十二夜」

作/W・シェイクスピア 訳/小田島雄志 脚本/今井豊茂 演出/蜷川幸雄 出演/菊之助(琵琶姫/獅子丸//主膳之助)、錦之助(大篠左大臣)、時蔵(織笛姫)、左團次(洞院鐘道)、亀治郎(麻阿)、翫雀(安藤英竹)、菊五郎(捨助/丸尾坊太夫)ほか

 標題の「中間報告」って、誰かに報告してるわけではなくて、あくまでも自分への報告、ということで。再演の今回も、まんまと歌舞伎国の祝祭に取り込まれて、うかうかとリピーターとなったんである。

 勢いついでに、初演「十二夜」録画DVD(歌舞伎チャンネルで放映したもの)を、初めてまともに見た。パルコ歌舞伎はテレビ画面で見ても面白かったけど、「十二夜」の方は見始めたとたんに、これは映像で見るとダメだ、と思って放っておいたのだった。でもまあ、おさらいの意味で。

 確かに再演で、話がかなりすっきりしたと思う。獅子丸(琵琶姫)の左大臣への恋心、織笛姫が獅子丸を見初めた時の様子など、よりくっきりしていて自然。この部分こそが芯だものね。

 刈り込まれたのは、印象としては、洞院、麻阿、英竹の3人でゴチャゴチャ、といういくつかのシーンかなぁ。でもそれを覚えてるということは、初演の松緑・英竹のインパクトが強烈だったということでもある。賛否両論だったことは承知してますが。芝居全体の中で「ゴツゴツ」していた松緑・英竹と、「なめらか~な」おどけの翫雀・英竹。今回、役者が交代したのはこれだけだから、よけいに演じ方の違いということにも気持ちが行ってしまう。

 音楽もまた、初演時よりももっとグイグイ引きつけられる感じ。もっとも前回はチェンバロにあっけにとられた、ということが大きいのかもしれないが。今は、それはそれとして私の中では定着していて、竹本であったり、下座音楽であったり、舞の長唄やお囃子であったりが、それぞれに楽しい。それらを聞かせる工夫もなされた、ということなのだろう。

 2幕の最初、菊之助の踊りの場面は、前回とどう違うというのがうまく言えないけど、魅力的になったことは確かでしょう。食事休憩の後でも、喋り声などは聞こえないし。シーンとしての美しさ(長唄やお囃子の人たちも含めて)は実感する。

 あとはやっぱり菊五郎の自在さ。捨助のような道化が日本にはないだけに、初演時には手探りの感じもあったのかもしれないが、すっかり捨助/坊太夫を楽しんでいるような・・・。という風に見える「自在感」が持ち味の一つなのかなあと、思ってみたり。他の方々もみな面白さが増している感じで、これが、何度も何度も公演を重ねながら作っていく歌舞伎の世界に生きる人たち、ということなのかな。

 と言いつつも、前回同様、ラストにどうしても主膳之助と琵琶姫が並ばなければいけない場面での「お面」には違和感がある。喋らなければまだしも、というところなのだが。

 そうそう、やっと周辺も色々見る余裕ができたようで、チェンバロに描かれた天使の絵をオペラグラスからのぞいたり、獅子丸と主膳之助、同じ男の役でも着物の着付け(衣紋)が違うんだとわかったり(早変わりなのにねぇ)。見るたびに発見があるんだなー。

|

« 本日のハシゴ:十二夜→国盗人 | トップページ | ロンドン版のBEEは想像以上! »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

まだご覧になる予定があったら、上手側の席で一度いかがでしょう?って、自分が東から見たのでいうわけですが(^^ゞ、獅子丸が上手に向かって走るシーンがあるでしょう?あの時に性根が琵琶姫になってるのは所作を見ればどこからでも判るんですが、東側から見ると表情が劇的に変わるんですよ。
私はあんまり細かいところをきちんとみてない(いつも、どの演目でも(^^ゞ)のですが、その分印象に残ったものはがっちり残るみたいで、今回の収穫は今のところコレです。
もっとも、他にも「発見」したいんですけど。

投稿: 猫並 | 2007.07.16 20:26

猫並さま
そういえば、上手に走り去る獅子丸の、後ろ姿はやけに見てますよ! なるほど上手からね・・・とはいえ、もぉ破産寸前。「今見なくてどうする」という悪魔の囁きも聞こえてくる気はしますが。あ~、ロンドン貯金も始めなきゃ!!(すっかりその気)
私も(も、と言っていいのか?)あまり細かく見たりはしないんですよ。ぽわぽわうっとり、が基本ですもん。
あ、DVDは途中で眠くなっちゃいました。


投稿: きびだんご | 2007.07.16 22:24

14日に観てまいりました。初演は見逃したため今回が初見物。とにもかくにも面白かった。黙阿弥の「白浪五人男」を何故か思い出しながら観ておりました。翫雀の英竹を観た者にとって、松緑というのはちょっとピンと来ないのですが、「ゴツゴツ」感があったのですか。。。ということで、幕間にチケット売り場に走り、今週土曜に再度じっくり盛り上ってきます。

投稿: Kwan | 2007.07.16 22:57

Kwanさま
あらっ、意外にも今回がお初でしたか! 面白いですよねぇ。さまざま美しいし。リピーターになってしまう気持ちもわかるでしょ!?
松緑が「ゴツゴツ」というのは、ものすごく感覚的な表現なので、違うふうにイメージされてるかも、とは思いますが、ま、ある意味、突出してたんですよ(説明になってない)。
今週土曜ですか。いいなあ。。。この土日、、、行こうかしら(笑)。ドラえもんのポケットがほしい。 

投稿: きびだんご | 2007.07.17 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日のハシゴ:十二夜→国盗人 | トップページ | ロンドン版のBEEは想像以上! »