« さて今月は・・・《7月の巻》 | トップページ | 2007,07.07は歌舞伎と落語 »

2007.07.04

歴史の彼方の夢を見ていたような・・・「国盗人」

7月3日(火) 「国盗人 W・シェイクスピア『リチャード三世』より」 19:00~ 於・世田谷パブリックシアター

作/河合祥一郎 演出/野村萬斎 出演/白石加代子(女・杏・王妃・政子・皇太后)、山野史人(一郎・市長)、今井朋彦(善二郎・右大臣・理智門)、野村萬斎(悪三郎)、大森博史(左大臣)、石田幸雄(久秀)ほか 作調/田中傅左衛門

 パブリックシアター10周年記念の演目である。7月1日に会員貸切の記念公演があったのだが(イベントも)、残念ながら外れてしまい、第2希望の今日に回った。でも、ポストトーク(河合&白石)がとても面白かったから、ヨシなのだ!

 「リチャード三世」といえば、まさに「悪党」の物語。シェイクスピアの中でも、歴史物は人名や時代背景がややこしく感じられて、ちょっと敬遠気味なのだけれど、どんだけ悪党なのかは見たいもの、と。翻案されているとなれば、ストーリーは見当もつかない。その上、白石加代子が4役+1役とは。(ネタばれあります)

*帰宅したら、朝日の夕刊の劇評が載っていた。早くこれを書かなければ読めないのに、あまり時間がないので、簡単に印象を。

 萬斎さんが「リチャード三世」の翻案ものを、というのは、わりと早くから聞こえていたのだけれど、キャスト発表で、登場する「女」すべての役を、白石加代子が演じるというのにはビックリ。興味深くもあり怖くもあり・・・。でも、いかにも白石さんらしい(と皆が思っていたはずの)政子=マーガレットだけではなく、杏=アンのはかなげな可愛さ、皇太后=エリザベスの業などの演じ分けは、さすがというしかなかった。

 萬斎さんは、生まれながらに醜いリチャードをあくまでカッコよく! 俳優(たぶん俺ぞ主役という)は、リチャードをやりたがるのだ、と、小田島雄志氏がおっしゃっていたのだが、なるほど、という感じ。それと、今井さんの善二郎、理智門が、いかにも適役なのよね。萬斎リチャードとの対照という点でも。

 構成上、最初と最後に、白いワンピース&日傘の「女」が客席側から登場する。それがより余韻を深めてくれたと思う。あ、衣裳(コシノジュンコ)などのイメージからも、無国籍かつ時代も超越してる、という気がした。ただ、人名が今ひとつかな、とは思うんだけど・・・。

 客席にいる私たちが「市民」になったり、後半の開始早々のリチャード・オン・ステージ(笑)など、ほおーという演出も楽しめた。芝居としては、最終盤の、女たちが皆登場する場面から、ものすごく緊張感が高まりぎゅぎゅっとやられました、というところ。ここで白石さんが、上に投げた衣裳をふわっと着るところ(うまく言えないけど、め組の辰五郎ふう)とか、最初に杏が刀に自分の顔を映すところとか、歌舞伎テイストも感じちゃった。

 もう一度、次は3階から見るつもりなので、また違ったふうに楽しめるのではないかと思う。

 *ポストトークで印象的だったこと・・・白石さん自身は、「言葉に触発される役者」なので、演技の上でも、言葉→身体→感情、なのだそう。

|

« さて今月は・・・《7月の巻》 | トップページ | 2007,07.07は歌舞伎と落語 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

あーーー、これ見たかったんですが、チケット買えず・・・。
知人の狂言の師匠が出演されているとかで、そっちの伝手を使えばよかったかなぁ・・・。

作調、伝左衛門さんなんですね。ますます見たかった~!

投稿: おまさ | 2007.07.04 12:14

密偵おまささま
感想では書き漏らしちゃったんですが、お囃子すごくよかったんですよ!! 傅左衛門さんが演奏される日も2日ほどあります(7月5日・8日)。パブリックシアターのサイトだったら、まだ買える・・・んじゃないかしら。といっても、日程の都合もありますね。

投稿: きびだんご | 2007.07.04 14:05

さっき、万が一!と思い、サイトをチェックしましたが、完売でした・・・。
傳左衛門さんが生で演奏されるんですかっ!!
くぅぅぅぅぅぅ~
やっぱりなんとしても、チケット入手すればよかったです(泣)。

投稿: おまさ | 2007.07.04 17:34

密偵おまささま
そうでしたか! 昨日のポストトークで劇場の方が、「完売の日もありますが云々」とPRしていらしたので・・・。残念でした。
傅左衛門さんほほんとこの2日だけなんですよ。劇場でもらったプログラムを見てびっくりしました。

投稿: きびだんご | 2007.07.04 19:49

ホント、傳左衛門の日を事前に教えてくれなくちゃ!って思いましたよ。でも、田中社中、掛け声まで似てますね(^。^)
あれ、完売なんですか?
意外と最近まで売れ残っていて、プレ・オーダーに出費した私って…って思ってたんですが。へぇ、リピーターが増えたのかな…
よかったですよね。私はかなり好きでした(^。^)2回見て満足。

投稿: 猫並 | 2007.07.05 01:57

猫並さま
そうなんですよ。えっ、なぜまだチケットあるの? 萬斎人気も落ち着いたのねぇ、なんて思ったことがありました。まあ狂言劇場などより公演日数も多いんですけど、「取れない」という意識があるもんで・・・。
ほんと面白くて、そんなに入れ込んではなかったから、「これだから油断しちゃいけない」なんて思っちゃいました。

投稿: きびだんご | 2007.07.05 08:53

NHKで放送が決定したそうなので、それを録画して繰り返し見るのかなぁ? どうなのかなぁ?
知人は、結構、酷評してました・・・。
お狂言寄りの方なので、そうなのか、どうなのか。

このところ、お能の情報をあさっては、チケット
とってます。
すっかり、お能に(というか、亀井忠雄さんと金春惣右衛門先生にというべきか)魅入られたみたいです(笑)。
あとは、生・藤田大五郎先生が聞きたいのですが、なかなか予定が合わず・・・。

って、話がすっかりズレてしまいました・・・(^_^;)

投稿: おまさ | 2007.07.26 14:52

おまささま
酷評なさったのは、喜劇的な演出の部分かなぁ
などと思ってみたり。面とか影法師などのアイディアは
よかったと思ってますが。とりあえずTVが楽しみ。
お能も見始めると大変ですよね。一時期、誘われて矢来能楽堂に
通ったりしてましたが、今はとても・・・。
でも、また見る機会があれば、とは思ってます。
おまささんのレビューを楽しみにしてます。

投稿: きびだんご | 2007.07.26 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さて今月は・・・《7月の巻》 | トップページ | 2007,07.07は歌舞伎と落語 »