« 真夏の真昼の「夜行列車」 | トップページ | 暑い日には、寄席で“まったり” »

2007.08.05

円朝の夏、日本の夏 その二

8月5日(日) 「落語協会感謝祭 圓朝記念」 於・全生庵

Encho  毎年、8月11日の三遊亭円朝の命日あたりに行われている、落語協会のお祭り。今年は「公式ガイドブック」というのを100円で売っていて(くじ付き)、それを読むと2002年から開催されてるんだねー。第1回には息子と一緒に行ったんでした(奉納落語会を聞いた)。ほんとに今は昔だ。ここ2、3年は行ってなかったから(だって暑いし、混むし)、ずいぶん久しぶり。円朝まつりの日って、ほんとにめちゃくちゃ暑いんだもん!

 一応、円朝のお墓にお参りして、公開中の「幽霊画」も見た(8月中は公開)。いま全生庵で検索してみたら、ネット上でこの幽霊画も見ることができるんだ!! ここに納めてあるのは40幅。円朝は100ほど集めていたそうだけど、60幅は預けていた藤浦家(タニマチ?)とともに、関東大震災で灰になってしまったという。

 あ、辻原登「円朝芝居噺 夫婦幽霊」のカバー画になってる應岱を、ちゃんと見てこなかったな。

|

« 真夏の真昼の「夜行列車」 | トップページ | 暑い日には、寄席で“まったり” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の真昼の「夜行列車」 | トップページ | 暑い日には、寄席で“まったり” »