« 出雲大社で狂言を見る | トップページ | 久々の国立演芸場 »

2007.09.18

初の大阪での独演会!

9月17日(月) 「柳亭市馬独演会」 14:00~ 於・TORIIホール

市朗・狸の鯉、市馬・締め込み、雀松・口入屋--仲入り--市馬・味噌蔵

 大阪在住の市馬ファン・某ちゃんが、ついに実現させた大阪での市馬独演会。しかもゲストとして、上方落語ではこの人、と彼女が追っかけてるという雀松さん! なんという素晴らしい企画・行動力なのでしょう。ファンの鑑だわね。しかも、主催していると、好きだから企画した会なのに、自分では聞けないんだものねぇ。それもこれも、大阪の人に「少しでも市馬師匠の素晴らしさを知ってもらいたい」という気持ちから。頭が下がります。

 そして私は、そんな企画にのっかって、土曜が出雲大社での狂言、月曜は大阪の落語、そして実家に寄る、という効率的な旅(というか、ミーハー根性丸出しの遠征?)ができたのでした。

 大阪の落語会は、東京とかなり違う。それは「お茶子さん」の存在。そして、開演を知らせる鳴り物。東京だと、いきなり普通の出囃子で噺家さんがスタスタ登場するけど、その前に「始まりだよ」という感じで、ピーひゃらドン、とあるんだよね。それと、出囃子までの「間」なんかのせいで、大阪デビューの市朗くんは大丈夫かな、と、心配になっちゃった。 でも、落ち着いて喋ってたと思う(聞いてる方が緊張したかも)。サゲを言ってから、つい自分で座布団をひっくり返しかけて、「あ、ちがう、お茶子さんの仕事なんだ」というのが可愛かったです。

 市馬師匠は、小さん、馬生、正蔵(←ぜんぶ先代)などのエピソードやら、山形県の与太郎先生のことやら、いろいろ喋りつつ、泥棒のマクラを。「転宅?」と思ったりしたけど、「締め込み」なのでした。ずいぶん久しぶりに聞いた気がする、というか、題が思い出せなかった(汗)。八っつあんとおカミさんの喧嘩のシーンは、ケラケラ笑っちゃったな。

 さて、ずいぶん前から、雀松さんを聞きたいと思っていて、やっとその機会がめぐってきた。なんだろうな、「ここちよい噺の世界」に引き込んでくれる、という点で、市馬師匠と共通するものがあると思う。余計な事を考えず、ただ浸っていられる幸せ。あまり東京にはいらっしゃらないようだけど(でも今月末、茂山家との共演がある!)、またぜひ聞きたいと思う。ものすごく正直に言うと、録音などでちょっとだけ聞いたことのある枝雀師匠は、その過剰さが苦手なんだけど、お弟子の雀松さんにはそういう部分はあまり感じなかった。

 2席目、「味噌蔵」は上方にはない噺とのこと。「口入屋」の番頭といい、「味噌蔵」の番頭といい、上方・江戸を問わず、番頭というものは「どがちゃが」する生き物なんでしょうかねー。磯節のみならず、大阪の歌(題がワカンナイ。後で聞いたけど忘れた)も飛び出して、歌う噺家の面目躍如、というところ。

 満員のお客さんの雰囲気もよくて(素直に噺を聞こう、という感じ。それはもちろん手練れというか耳の肥えた方もいっぱいだったのでしょうが、そういうイヤミ?がなかった)、とても楽しい会でした!

|

« 出雲大社で狂言を見る | トップページ | 久々の国立演芸場 »

落語」カテゴリの記事

コメント

はい、私が某ちゃんです。(笑)
遠征の途中下車されてのご来場、
本当にありがたいです。m(__)m

雀松さん、お気に召して良かったです。
ウンウン、枝雀師匠への感じ方は分かりますよ。
だからあまりお奨めしなかったのよ。(笑)

本当は最後の一席を客席で聞かせて頂こうかな、と
思っていたのですが、やはりその気持ちにはなれなかったです。
でも裏方としての充実感も大きなものです。
こういうのも、何かみたいで…止められなくなりますね。(笑)
また、機会があれば途中下車してくださいね。
いろいろお気遣い、ありがとうございました。

投稿: やどかり | 2007.09.19 08:01

やどかり某ちゃんさま
ほんとにお疲れ様でした。
「二人のビッグショー」も含めてですけれど
1回だけならなんとかできても
続ける、というエネルギーは、また大変なものと思います。
でも、止められなくなっちゃったの??(笑)

また東京やあちこちで市馬師匠の噺を存分に聴いて
エネルギーを蓄えてね!!

投稿: きびだんご | 2007.09.19 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出雲大社で狂言を見る | トップページ | 久々の国立演芸場 »