« 秋の夜の出雲大社(9/15) | トップページ | 紀伊國屋ホールに2時から9時まで »

2007.09.24

センチメンタルな文楽見物

9月22日(土) 「文楽九月公演 第一部」 11:00~ 於・国立劇場小劇場

夏祭浪花鑑」住吉鳥居前の段/内本町道具屋の段/道行妹背の走書/釣船三婦内の段/長町裏の段/田島町団七内の段

 何かを見たり聞いたりすることは、その時の自分の気分と密接に結びついている、ということを改めて実感した。
 きっかけは、国立劇場の裏手の駐車場方向から入口に向かっている時。前をリタイア世代前後のご夫婦が歩いていた。その後ろ姿に突然、文楽好きだった今は亡きタンゴさんがかぶさって……。髪形とか服装が似ていたからかな。そういえば、文楽を見に行って偶然、彼女と会ったことがあったな。ご主人と一緒だったっけ、と。

 そして、夏祭・長町裏での祭り囃子に、改めて寂しさがかきたてられるような思いだった。こんなふうに思い出すんだなあ、という今月は、吉田玉男一周忌追善。去年はまさに玉男師が亡くなられた日に、文楽を見に行っていたのでした。(←というつもりだったんだけど、実際には1日前の23日に見ていたことが判明。どこかで記憶が合成されたもよう)

 さて、「夏祭浪花鑑」は歌舞伎しか見たことがなかった。道具屋の段と道行があることで、ストーリーがとてもわかりやすい。磯之丞と義平次がどんな人で、それだから、という部分が特に。そして、団七は魚屋!!  で、文楽だと、磯之丞はただの優男じゃなくて、困った坊ちゃんみたいに見えますが・・・。だって、道具屋の娘もいたんじゃないのよ。

 世話物はわりと文楽で見るのが好きなんだけど、夏祭はなんだか歌舞伎が好きかも。と、比べるようなもんじゃないですかねー。

 夏祭という演目にふさわしく、床も人形も、衣裳が夏らしく嬉しくなっちゃう。そして、人形であっても歌舞伎のようにしばしば見得を切ったり、団七の手足の刺青など、私にはとても目新しく感じられるものだった。お辰(吉田簑助)は出番は少ないけど、ほんとに姿の美しさ--首から腰にかけて--に、惹きつけられてしまう。

 義太夫の中では、いつもはわりと苦手な千歳大夫さんの、魚屋団七の売り声がちょっとポイント。それと道行で、呂勢大夫さんたち4人のそれぞれの声のニュアンス(磯之丞・お中・三婦・伝八)が、気に入ったのでした。今まで、そんなことを思ったことがなかったので。

 ほかには・・・道具屋では「仲買の弥市」というのが出てきて、仲買の弥市?ならばやっぱり落語「金明竹」!! へぇぇ。仲買といえば弥市なんですか? そして歌舞伎では通し上演なんてやらないのかしら。国立劇場でやってくれるといいのに。

|

« 秋の夜の出雲大社(9/15) | トップページ | 紀伊國屋ホールに2時から9時まで »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の夜の出雲大社(9/15) | トップページ | 紀伊國屋ホールに2時から9時まで »