« 【観劇メモ】バルコ劇場 | トップページ | さて今月は・・・《11月の巻》 »

2007.10.29

【観劇メモ】NHKホールで古典芸能を見る

10月28日(日) 「NHK古典芸能鑑賞会」 16:00~ 於・NHKホール

第1部 芸競四季粧(わざくらべ しきのよそおい) 「義太夫 関寺小町」「狂言 蚊相撲」「舞踊 傾城半田稲荷」(司会:中川緑、林家いっ平)

第2部 歌舞伎「寺子屋

(時間ができたらちゃんと書きます・・・。ほんとかな) 

テレビでは見ていたけれど、古典芸能鑑賞会に実際に行くのは初めて。大きなホールなので、うーんと思いながらもA席にしていたら、まさに花横でありました。第1部は司会の2人が花道で喋ってたので、それはよーく見えた。

 でも、義太夫にしても、踊りの時の長唄にしても、マイクを通した声がなんかムズムズする感じで・・・。特に、長唄は、私の席だと、黒御簾のお囃子とほぼ同じ場所からスピーカーを通して聞こえてくる感じで、最後まで慣れなかった。一番印象に残ったのは、実はこの「音声」だったりして・・・。

 文楽以外で住大夫さんの義太夫は、紀尾井ホール(小ホール)で聴いたことがあった。今回は小鼓、笛も入って、いい雰囲気。これ、小さい会場で聴いてみたいなあ。

 結局、今月の国立劇場は見に行けなかったので、芝雀さんをここで見られてよかった! それと、寺子屋を語った竹本喜太夫さんがすごく印象に残った。これからちょっと気をつけて聴こうっと。

 放送予定は12月7日(金) 22時25分~(NHK教育)

|

« 【観劇メモ】バルコ劇場 | トップページ | さて今月は・・・《11月の巻》 »

文化・芸術」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

久々にNHKホールに参りましたが、やはりあそこは、バカデカい!!!
公開収録したいのなら、せめて国立大劇場とかでやってくれい!と思いました・・・。

「関寺小町」せいぜい国立小劇場ぐらいの規模までの小屋で聴いてみたいですよね。
もっとも、そうなったら、チケットがとれないか・・・。

わたしは、上手の2階にいたのですが、長唄や竹本が、音がなんというか、ぜんぶ反響と残響のせいで変質してるし。バランス悪いし、っていう状況でした。

喜大夫さん、わたしも竹本のなかでは、一番好きです。
プログラムのプロフィールを拝見して、サラリーマンをなさった後、やっぱり義太夫が好きで、改めてプロの修行を始められたとあって、なんだか、嬉しくなりました〜。

劇団音楽部は、1ヶ月ぶりのオールスターキャストで、嬉しかったです! 今月、三津五郎様の出囃子がこのメンバーだったら・・・と言っても詮無いことを。

投稿: おまさ | 2007.10.30 07:48

おまささま
私はNHKホール、初めてだったんです。オペラグラスの貸し出しも当然、って大きさですよね。
音に関しては、やはり!! そこがダメだと義太夫にしろ長唄にしろ、すんなり入ってこないから・・・。踊りの時はほんと「気持ち悪い」という状態でした。
ま、花道傍だったから、三津五郎さんの半田稲荷の出は緊張感をもって拝見しましたよ。「はいっ」のあと、出てらしたら全身真っ赤な衣裳でねー。
そして! 同じくプログラムの喜太夫さんのプロフィールには驚きました。この日、午前中は家事をしながら志ん朝「寝床」を聴いてたので、余計に、というところ。あのプログラム、林真理子が写真入りで出てなきゃ、もっとよかった(暴言)。

投稿: きびだんご | 2007.10.30 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【観劇メモ】バルコ劇場 | トップページ | さて今月は・・・《11月の巻》 »