« 久しぶりの花形演芸会 | トップページ | カフカ:ある朝、目が覚めたら・・・ »

2007.11.26

顔見世・千穐楽

11月25日(日) 「吉例顔見世大歌舞伎 夜の部」

(「山科閑居」から「三人吉三」まで)

 連日、昼夜のご飯を作ってから出かけてるんですけど、という状況。動き出すのが遅い、というのも勿論あるんだけど、作り始めると調子に乗っちゃって、ついつい出かけるのが遅くなる。今日も銀座からダッシュすれば「宮島のだんまり」に間に合ったけど、まあいいか、と三越でお弁当を調達してゆっくり「山科閑居」から。本日は3階の左の端の方から。

 前回(18日)見たときより、こちらの気合いが入ってたのか(千穐楽ゆえ)、どれもほんとに面白いな、ともう満足満足。今日の「山科閑居」は、お石と戸無瀬の丁々発止のやりとりと、加古川本蔵の心情に特に惹かれた。つまりは毎回、いろんなところを面白がってるわけで、リピーターの気持ちがだんだんわかってきたのかも。

 菊之助、菊五郎は、ほんと声も好きだなぁ、と、あらためて感じた。よく通るのは勿論のこと、単純に「嫌な要素」がないのだ。すっごく個人的なとらえ方ですけども。菊ちゃんの「時分の花」には声も入るな。 

 「土蜘」も楽しかった。花道は全く見えなかったのが残念だけど、堪能した。

 前回パスした「三人吉三」だけど、いや~、すごくよかった。4日に見たとき、どうして素直に受け入れられなかったんだろう・・・。宗之助と孝太郎の出の場面、私は全く姿が見えないから声を聞くだけなんだけど、二人の台詞が「おや!?」という感じで「聞かせる」ので、そのままスンナリ舞台に引き込まれた気がする。そういう気持ちで見ていると、孝太郎の台詞のリズムがしまいまで、ずっと心地よかった。

 今日は家でいろいろ作業しているときに、落語CDをかけていて、わざわざ「厄払い」(by柳亭市馬)を聞いていたのだから、私にしては上出来(笑)。なぜか松緑クンを見て孫悟空をイメージしちゃったのは、落語の余韻かしら(*落語に出てくるわけではない)。そうそう、お嬢とお坊で「濡れ手に粟」のアワのイントネーションが違うんだよね。これは確か4日にも思った気がする。

 こんなに行くつもりはなかったのになぁ。このエネルギーを他に回せばいいんじゃないかしらん(笑)。

|

« 久しぶりの花形演芸会 | トップページ | カフカ:ある朝、目が覚めたら・・・ »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

わたしも、遅刻で「山科閑居」からでした(笑)。

菊之助さんの声、ほんといいですよねぇ〜。
もちろん、お姿もステキですけど。
「土蜘」は、お囃子さんの配役が替っていて、びっくり!でした。
長左久さんが二人いればいいのになぁ・・・。

きびだんご様もすっかり、リピーターの仲間入りですね♪
わたしも、このエネルギーをお稽古に回すべき???とか思ってみたりもするんですが、やっぱりムシがうずくんですよねぇ・・・。

投稿: おまさ | 2007.11.26 00:59

おまささま
立ち寄った「らくや」さんで、宮島のだんまりは捨てた
なんて言ってたら、居合わせたオバサマも、私も!と。
20分くらいだし、と思うとねぇ・・・。
それに私は駅からダッシュ&3階まで階段、がネックでした。

お囃子さん、だんだんお名前もわかるようになるかしら。
実は昨日の立鼓の方は、認識しはじめてるんですよ。
ちょっと特徴ある感じなんで。次は長左久さんを要チェックですね。

ほんと気がつけばリピーター。南座までは行けないから、と
理由はこじつけてますけども。
2500円ほどで見られるし、幕見もあるし、
うまくできてるなあと思います。建て替えても、値上げしないで!!

投稿: きびだんご | 2007.11.26 09:26

私も、今回は本蔵にいかれましたよ(^^ゞ
うわ、幸四郎ってこんなに良かったかなって思ったくらい。幸四郎の大石は全然好きじゃないこともあって、認識が低かったんですけど、九段目の本蔵で初めて泣けたかも。

去年のNHK古典芸能鑑賞会で土蜘を出した時に、そのNHKのインタビューに答えて菊五郎が話してたことのひとつに花道からの出の話があったんですよ。それがとても印象的で、それゆえに私は今回は花道に拘って観ました(^^ゞ
そういえば、土蜘のあたまで左團次・保昌のところ、立鼓の間が一回おかしくなかったですか?左團次が台詞をとばしたのか間をはずしたのかなとも思ったんですが、感じとしては単に鼓とあわなかったようにも。気のせいかな…

投稿: 猫並 | 2007.11.26 21:22

猫並さま
私は4日に母親を連れて行ったときは、花道がよく見えるいい席だったんですけど、やっぱり一人で行くときのようには集中できなくて・・・。それと18日は、見る方も「中だるみ」があったかも、と昨日見た後で思い当たりました。
加古川本蔵、ああいう心理描写がどーんと迫ってくる、ということに驚きました。で、あざとさがなくて後々まで残る感じ。
保昌のところの立鼓? 私は全く気がついてませんです。そんなもんだと思ったのか、そもそもちょっと散漫になってたかもしれません。

投稿: きびだんご | 2007.11.26 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの花形演芸会 | トップページ | カフカ:ある朝、目が覚めたら・・・ »