« ベニサン・ピット的なお芝居? | トップページ | 立ち見の国立演芸場 »

2007.12.20

マイナー雑誌から、伝統芸能の話題

Chibashigaku  ふだん滅多に手にしない雑誌で、続けざまに伝統芸能関係の記事を見つけたので、記録しておきます。

 右は「SIGNATURE」というカード会社の雑誌で、竹本住大夫さんのインタビューが3ページ。といっても、見開きの左ページはまるまる写真(バストアップ)。3ページめにも小さい写真(全身)が載ってる! インタビュー・タイトルは「詞(コトバ)に音(オン)あり、節に音(オン)あり」。記事の1/2くらいは文楽大夫になるまでと初期の困難な時代のことで、それは著書(「文楽のこころを語る」)でも読んだことがあった。

 後半、芸の道に関しては・・・今の若い大夫にとても物足りなさを感じている様子。熱意がまだまだ、と。「・・・好きでやっているんだろうと。好きならもっと好きになれと」「下手は下手なりに素直にやったらええのです。・・・下手だからこそ勉強するのです

 そして「大夫は深呼吸の応用です。そして大事なのは『音(オン)』なんです。詞に音あり、節に音あり、音があるから、表現ができる。歌舞伎でも落語でも一緒です。この音というものがいまの若い者にはなかなかわからない

 もう一冊、左側は、これこそ誰が読むんだ、という学会誌「千葉史学」最新号。よく、こんなのを手に取ったもんだね。この巻頭随筆が、服部幸雄人が『手を叩く』という行為」。服部氏といえば、岩波新書の歌舞伎関係のを読んだことがあるくらいだけど、そうか、千葉大学名誉教授という縁で、ここに書かれてるのか。

 元来、「手打」(拍手、手拍子など)、人間が身体を使って大きな音を立てる行為は、神との交信の意味があった、とのこと。それが、何かを賞讃するために使われるようになったのは、意外に新しくて、近代化(西欧化)の産物ともいえるらしい。そして、とうぜん本来の意味を失った。

 「近年気になっているのは、歌舞伎の劇場における観客の拍手である。最近はどの劇場でも、幕が明く時と幕切れにきまりごとのように拍手が起こる。いつからこんなおかしな習慣がついたのだろうか。・・・また花形役者、脇役の区別もなく、役者が登退場する時には約束のように拍手をする

 落語もしかり、として永井啓夫氏の「中身がよくても悪くても、たとえ悪くても始めと終りには必ず拍手を送るという最近の習慣が、これほど伝統芸の間(ま)や味を変えることになろうとは」という文が引いてある。

 もちろん服部氏は拍手を否定しているのではない。おのずから起こる賞讃の拍手などではなくて、「型」としての拍手への違和感である。そう言われれば、つい「儀礼」としての拍手を送っているなあ、と思う。カーテンコールも難問であろう。あんまりしつこいのはどうかと思うこともままある。演者と観客の関係は、これからどうなっていくのか。

|

« ベニサン・ピット的なお芝居? | トップページ | 立ち見の国立演芸場 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「拍手」は気になりますねぇ。落語は私の好みも含めて気持ちを拍手で表しているつもりなのですが、歌舞伎だと微妙です。「ご指摘の通り」っていう感じで、儀式的になっている感も。ただ、芝居の途中の拍手は次の台詞が聞こえないジャンなどと余計な気を使わされるので好きではないのですが、でも拍手しないのは流れに乗っていないようでまずいかな。。。などという無用な気遣いもしたりして。ただ、長唄三味線の「ソロ」(というのではないですよね。。。)で拍手が起こるのはどうなのでしょう。曲弾き的なら何でもいいのか、こりゃロックコンサートかえ、などとちょっと違和感。一番わからんのがクラシック。最近「都民劇場」なるもので月一くらいのペースでコンサートに出かけるのですが、毎度拍手が鳴り止みません。私は正直その日の出来不出来などちっともわからないので、お付き合いで拍手をしていますが、あれはきっと「アンコール」の拍手に違いない。何でも良いから「タダでもう一曲!」という気持ちがあの拍手。。。どうなんでしょ。

ということで、今年も面白い記事有難うございました。館主ご一統様がすばらしい新年を迎えられることを祈念しまして、年末のご挨拶とさせていただきます。

投稿: クヮン | 2007.12.23 15:21

クヮンさま
まあ、わざわざのご挨拶、いたみいりますです。
今日(23日)あたり、「昭和歌謡の会・落語つき(笑)」に
お出ましかな、なんて思ったりしていたのですが。
最近は、クラシック方面にもお出かけなのですね。
拍手に関しては、お芝居なんかでも「お付き合い」だなあ、と
思うことがあります。1回は拍手してもそれ以上は・・・
でも、通路際の席ならともかく、抜け出せもせず、なんて感じでねー。

さてさて、ほんとに今年も残りわずかとなりました。
来る年もクヮンさまにとって素晴らしい年となりますように。
美しい玉三郎さんや菊ちゃんをいっぱい見られますように!!

投稿: きびだんご | 2007.12.24 01:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベニサン・ピット的なお芝居? | トップページ | 立ち見の国立演芸場 »