« 国立能楽堂特別企画公演・その1(狂言) | トップページ | これも「掛け取り」、あれも「掛け取り」? »

2007.12.14

国立能楽堂特別企画公演・その2(能)

《続き》 復曲能「実方」

 ひたすら新作狂言「夢てふものは」見たさで行った公演だったけど、「実方」はとてもよかった! この主人公・藤原実方は、名門出身の貴公子、中古三十六歌仙の一人、舞にも優れ、光源氏のモデルの一人、とも。藤原行成との確執により陸奥下向を命じられて、失意のうちにそこで没した・・・。全く知りませんでした(汗)。

 というわけで、舞台はその陸奥の国。実方の墓に西行法師が行き当たり弔うところへ、老人が現れて・・・。

 アイ狂言の万作さん登場から後は、私の目もランランとしていたのだけれど、唯一ほわゎゎゎ~となったのが、この老人と西行との歌(新古今和歌集)をめぐる問答のあたり。万作さんで持ち直せてよかった。で、アイで実方のあれこれを説明してもらいました!!

 後ジテの実方の霊は、正直言うと「老人」の姿かな、と思っていたのだが、若者! パンフレットによると、解釈によって面は異なり、老人を表す「尉面」、若い貴公子の「中将」、あるいはその両方を兼ね備えた面、のいずれかが使われるとある。が、「中将」の面が、私にとっては意外であった分、より印象的というか、最後に老いさらばえた自分の姿を認めるその哀しさが増すような気がした。そう、美女で鳴らした小野小町・後日譚の男性版、みたいなお話で、最後にシテが橋掛りからワキに視線を向けるシーン(地謡:跡弔ひ給へ、西行西行)で、それがよく見える位置に座っていたので余韻が深い。

 お囃子の中では、私は太鼓、大鼓がよく見える場所だったので、より迫力を感じた。すごいエネルギー!! 特に太鼓がやたらカッコよかったのは何故?

|

« 国立能楽堂特別企画公演・その1(狂言) | トップページ | これも「掛け取り」、あれも「掛け取り」? »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

太鼓の金春惣右衛門先生、すんばらしいですよね。
奇をてらったところがひとつもなくて、でも、実はとんでもない神業の持ち主でいらして、太鼓打ちのお手本のような方だと思います。

「実方」の囃子方も、狂言方も、すばらしい配役でしたねぇ・・・。
わたしは、小鼓を打っていらした大倉源次郎先生も、大鼓を打っていらした亀井忠雄先生も大好きなので、囃子方のメンバーを見て、チケットをとったのですが、拝見してよかったなぁと、全体を通して思いました。

1日目は梅若六郎さんが、皺尉という老人の面をかけて後をつとめていらっしゃいましたが、最初に橋掛かりで立ち止まられたとき、若き日の実方さんがそこに立っている!と思いました。
で、最後に橋掛かりからワキの方を見た時の実方さんは、おじいさんに見えたので「わ、すごい!」と思ったのですが、2日目はその逆パターンだったんですね。
大槻さんのおシテも拝見してみたかったですが、ほんとうは、観世栄夫さんで拝見したかったです・・・。

投稿: おまさ | 2007.12.20 23:08

おまささま
あらっ、おまささまは12日にいらしたのですか。
私はどういうわけか梅若六郎さんとはご縁がなくて
たいてい私の都合が悪い日にご出演なんですよ。なんでー?
両方見てもきっと面白かったでしょうね。

最近はお囃子にも少し意識がいくようになってきました。
ほんとに聴きごたえがありました!!
金春氏、太鼓に向かわれるとすごい存在感、というか
私にとっては、やっぱりめちゃくちゃ「カッコよかった」。
亀井氏のピーンとした雰囲気とはまた違う感じでね。


投稿: きびだんご | 2007.12.20 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立能楽堂特別企画公演・その1(狂言) | トップページ | これも「掛け取り」、あれも「掛け取り」? »