« チェコアニメの様々 | トップページ | ウキウキ気分はお預けの、今月の歌舞伎 »

2007.12.09

新宿コマで「座頭市」

12月9日(日) 「座頭市」 13:00~ 於・新宿コマ劇場

監督/三池崇史 出演/哀川翔(座頭市)、阿部サダヲ(神撥の八)、遠藤憲一(竜之介)、麻路さき(朱太夫)、松浦佐知子(お紺)ほか

 うーむ、私はいったいなぜ、この「座頭市」を見ることにしたのか? 答えは簡単。松尾スズキ演出の「キャバレー」の阿部サダヲが気に入らず、これなら彼らしさを見られると思ったから。「キャバレー」後遺症その1、なのである。後遺症その2の秋山菜津子を見に行くのも、今月だけどね。それと、遠藤憲一もわりと好きだから、主演の哀川さんには目をつぶって、というのが正直な気持ち。ま、今後は「お口直し」はDVDにしておきます!!

 いや、阿部サダヲはもう注文通りの役どころ。ストーリーも後半はなかなかよかったし(ちょっと無駄なところが多い気はするものの)。でもねえ、哀川さんはやっぱり映像の人? 発声がひとりボソボソしてるし、舞台上の存在感というか、凄みは感じられなかった。まあ初めに主役ありき、なのかもしれないけど。

 ストーリーの芯にある「差別」に関しては、けっこう真面目に描かれていた。何しろ「めくら」の市、つんぼなのに琵琶弾きの「八」、隠亡のおじいさん(長門裕之)、そして芸人の一座と、差別される側がてんこ盛り。事件も結局、その差別に端を発しているんだから(長門裕之、さすが!!)

 それまでさんざん「めくら」だの「つんぼ」だの、そのままでは放送・出版をためらってしまうような言葉を使っておきながら、突然「目の不自由なひとたち」「ド目の不自由な人たち」と言わせるあたり、意識とか「言葉狩り」とかに対して、「なんだよぉ!!」と言いたい監督の気持ち、なのかなあ(「座頭市」のサイトで三池さんは演出ではなく監督となっていた)。

 阿部サダヲ、遠藤憲一あたりはよかっただけに、出番がもっとあればな、なんて思ってしまう。それと、役者として流石と思わせたのは松浦佐知子(お紺)かもね。

 オープニングに、大勢の座頭が通路から出てきて「めくらでございます。めくらのあんまでございます」と言いながら、舞台に上がる。それが、アイディアはともかく、迫力が感じられなくて、全体を象徴してたんじゃないかと思う。映画監督が舞台の演出をすることも最近目立つけど、今日は特に「映像的」だなあと思ったのでした。

|

« チェコアニメの様々 | トップページ | ウキウキ気分はお預けの、今月の歌舞伎 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェコアニメの様々 | トップページ | ウキウキ気分はお預けの、今月の歌舞伎 »