« 狂言を見て、ゆったり大らか気分 | トップページ | 「沼津の段」をじっくりと »

2007.12.05

忠臣蔵って、楽しいじゃん!

12月4日(火) 「KANADEHON 忠臣蔵」 19:00~ 於・世田谷パブリックシアター

【花組芝居20周年記念公演】脚本/石川耕士 演出/加納幸和 出演/原川浩明(高師直)、加納幸和(戸無瀬)、植本潤(おかる)、各務立基(勘平)、山下禎啓(石堂・お石)ほか

 花組芝居が、仮名手本忠臣蔵を全段通しで上演する、というのは、かなり早い時期から予告されていたように思う。でも、歌舞伎のあの感じに慣れてると、えっ、2~3時間で通しをやるの?と、思うでしょ。じゃあ相当すっとばして、おちゃらけちゃって??と。

 ところが、いや~、感心するくらいよくできた話でありました。もちろん花組テイストですわよ。定式幕の「ちゃ・く・み」色のパネル?を上手く使った幕(上下に動く)や、屏風、七段目の梯子などなど、シンプルだけれどすっきりした大道具・小道具、討ち入り後の雪の朝の美しさetc. 見た目にも楽しい。

 笑わせるところは笑わせ、シリアスなシーンはたっぷりしっかり。脚本のよさなのかもしれないけど、芯のしっかりしたお芝居に、この緩急がうまくきいていた。まあ、大序なんかは、さらっといくしかないかもしれないけど(このあたり若干危惧しました)、おかると勘平がイチャイチャあたりから、がぜん面白くなってきた。

 アフタートークで加納さんが、ようするに「恋の話」と言ってたように、師直→顔世、おかる←→勘平、力弥←→小浪の、恋模様から見てみるとこんなふうになるんだ、という感じ。

 俳優さんも最初の方はちょっと力が・・・?なんて見てたんだけど、やはり加納さん、植本さんあたりが出てくると、ピリリというか一気に華やかというか。それとお石も貫禄があって、先月歌舞伎座で見たばかりの山科閑居も、また面白く見られた。

 「全段通し」らしく、今まで全く見たことのない十段目が入っていることも、特徴的だった。へぇ、こういうストーリーなんだ、と。あ、五段目の定九郎は山賊スタイル。アフタートークは大序から毎日順番に加納さんが喋っているらしく、私が見た日は「五段目」。なぜ、黒羽二重のカッコイイ定九郎にしなかったか、ということなどについて。

 なんとなくパブリックシアターというハコと合ってない気もしたんだけど(では、どこならよかったのか??)、パンフなどと合わせ読むと、彼らがやりたいことは充分理解できるし、それだけの力のある花組芝居版「忠臣蔵」だった。

*パンフはいつも読み物としても面白い。

|

« 狂言を見て、ゆったり大らか気分 | トップページ | 「沼津の段」をじっくりと »

演劇」カテゴリの記事

コメント

>*パンフはいつも読み物としても面白い。

激しく同意(笑)
読むところは企画の言い訳、見るところは役者の写真集ってだけのものが多くて、コレに2000円も出せる?なんて毎度毎度どこでも思っちゃう私は、ミュージカルなどのこれらはめったに買わなくなってます。
その中で貴重な一品ですよ、花組の。

投稿: 猫並 | 2007.12.06 19:46

猫並さま
2000円のパンフは最早普通になりつつありますかね~。
個人的な上限は1500円なんです。
今回1000円で、手に取ったとき正直薄い、と思ったんですが
いやいや中身はしっかり! 彼らの意思がちゃんと伝わるもので、しかも読みやすいし、保存版ですわ!! 

投稿: きびだんご | 2007.12.07 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狂言を見て、ゆったり大らか気分 | トップページ | 「沼津の段」をじっくりと »