« 新宿コマで「座頭市」 | トップページ | スイートよりはビターな、チェコアニメ »

2007.12.11

ウキウキ気分はお預けの、今月の歌舞伎

12月10日(月) 「十二月大歌舞伎 夜の部」 16:30~

「菅原伝授手習鑑 寺子屋」勘三郎(松王丸)、海老蔵(武部源蔵)、福助(千代)ほか 「粟餅」三津五郎、橋之助 「ふるあめりかに 袖はぬらさじ」玉三郎(お園)、獅童(通辞藤吉)、七之助(亀遊)、勘三郎(岩亀楼主人)ほか

 今月見るのは、これだけ。予定では昼の部も3階Bから見ることにしていたのだけれど、なんとなく元気が出ず・・・。昼夜ともに、ちょっと重い(暗い)感じがするんだもの。感想も簡単に書いておきます。

 「寺子屋」は、手習いに来ていた子たちが、皆、親に連れられて帰ったところまでは覚えているんだけど、その次に気がついたら、松王丸が首実検しておりました。うむむ。福助さん(風邪ぎみ?)の千代登場からは一気に惹きつけられたのにな・・・。

 「粟餅」は臼と杵、それにお餅まであって、小道具も楽しい踊り。2人がタスキをかけると、その赤と袖口からこぼれる襦袢の赤がとても美しくて、しばし目を奪われちゃった。

 「ふるあめりか~」。なんだか幕末史のおさらいをしているような気にもなってしまうのが(年号や歴史上のキーワードが出てくるので)、少し興をそぐところ。そんなことを思う人はそうはいないかしら。勘太郎と七之助の兄弟が、すごくキャラクターに合っていたと思う。七之助クンは「薄幸の病んだ遊女」が似合いすぎ。あと三津五郎が貫禄あって素敵だったのと、ちょいとだけ出た福助さんも面白くて。夜の部の私の◎は福助、そして三津五郎だな。

 ほんと俳優さんが大勢出演していて、すごく贅沢な感じ。・・・でも、ちょっとしか登場しないのよね(松也くんもほとんど顔を隠してる状態でちょっとだけだし)。玉三郎のためにある演目、というところで、これだけで独立した公演でもよかったんじゃないの、なんて思ったのだった。

|

« 新宿コマで「座頭市」 | トップページ | スイートよりはビターな、チェコアニメ »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新宿コマで「座頭市」 | トップページ | スイートよりはビターな、チェコアニメ »