« お正月気分を満喫した国立劇場 | トップページ | お正月から「市馬追っかけ」!? »

2008.01.06

料亭で聴く落語、ふたたび

1月5日(土) 「新日屋寄席 紀尾井町落語会vol.12」 13:45~ 於・福田家

(薄茶と和菓子) 市朗・やかん、市馬・高砂や--仲入り--市馬・竹の水仙

 確か2年前にも、お正月に紀尾井町・福田家で、市馬師匠の落語を聞いた。あの時はとにかく福田家に行ってみましょう、というのが先に立ってたな。新日屋さんもまだそういう試みを始めて間もなかったし。そして、今年は参加者もかなり増えていて運営的にもこなれてたというか・・・。

 たとえば、福田家さんがとてもフレンドリーな雰囲気。今回は休憩時間や終演後に、お部屋を自由に見せてもらったり、従業員の人ともお正月の設えのことを話したり、シャッターを押してもらったり。お正月らしくすべてが清々しいのに気楽に過ごせる感じで、とても素敵であった。カメラを持参しなかったので写真ナシなのが残念。

 さて、落語。前座の市朗くんは、年末も忙しかったのか髪が伸び気味で、お正月はスッキリ綺麗にしましょう、という気分。「やかん」はなかなか楽しくて上達してるよね~。市馬師匠はやっぱりお正月の料亭にふさわしい気がする。明るさと大らかさと、そして相撲甚句!! 新年らしい文句にプラスして、福田家のミシュラン2つ星も詠み込んで、ほほー、なのでした。その前に、相撲の呼び出し:朝青龍と白鵬も。そんなめでたい1席目は「高砂や」で、これまたズッコケだけど「寿」だもんね。途中の謡いが浪花節になるあたり、すっごく受けていた。

 「竹の水仙」も、甚五郎のエピソードで「ねずみ」(鰹節で作ったもの)が出てくるなど、子年の幕開けらしい。甚五郎作の水仙が目に見えるようでした。

 お正月らしさを満喫して、(お天気にも恵まれたし)ほんとに気持ちのいい落語会で、さい先のよいスタートが切れたのでした。

|

« お正月気分を満喫した国立劇場 | トップページ | お正月から「市馬追っかけ」!? »

落語」カテゴリの記事

コメント

HPのスケジュール作りながら、これってどんな感じなんだろうと興味津々でしたが、参加されたんですね。

ふふふ、私のブログのお気に入りに入れさせてもらったので、更新するとすぐ分かるようになりましたよ。

投稿: kazzp | 2008.01.06 16:10

kazzpさま
ほかの落語会なら一人でシャカシャカ行くんだけど、
これは仲間を募ってしまいましたよ、着物割引で行くためにも。
ぜひ来年もやってほしいなー、と今から早くも熱望してます。
ところで、これを更新すると情報が行くんですか。
うーむ、内緒にはできないのね(笑)。

投稿: きびだんご | 2008.01.06 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お正月気分を満喫した国立劇場 | トップページ | お正月から「市馬追っかけ」!? »