« さすが!!のSWAメンバー2人 | トップページ | 千穐楽の国立劇場 »

2008.01.27

「せんがわ劇場」2月2日こけら落とし

 京王線に「仙川」という駅がある。駅の南側に桐朋学園、北に行くと白百合女子大という、なんだかオシャレなイメージの街。じっさい、どんどん「こじゃれた」感じ(?)になってるのかも。たまーに行くとそう思います。

 安藤忠雄・設計の保育園が物議をかもした(構造の問題で)、なんていう話題もあった気がするけど、その安藤氏による「せんがわ劇場」がオープンする。2月2日の午前中には、オープニングセレモニーとして「安藤忠雄・蜷川幸雄・ペーター・ゲスナー トークイベント」が開催される。会場はせんがわ劇場ではなくて、調布駅前のグリーンホール。これはキャパの問題だよね。募集定員1000名だったから。でも間違って、せんがわ劇場に行く人がいるに違いない←あ、それは私?

 蜷川氏は桐朋学園芸術短大の学長で、ドイツ人のペーター・ゲスナー氏はせんがわ劇場の芸術監督。さて、どんな話が聞けるのでしょう。・・・が、しかし。往復葉書で申し込んだはいいけれど、10時30分~12時30分の予定なので、行くのは厳しい状況になっている。どなたか代わりに行ってくださるなら、入場券を差し上げますよ(1名分)。

 この劇場の演劇公演は、まず、桐朋学園の卒業生である永井愛さんの作品、「見よ、飛行機の高く飛べるを」(学生公演)や「時の物置」がある。時間が許せば、見てみたいな。

|

« さすが!!のSWAメンバー2人 | トップページ | 千穐楽の国立劇場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さすが!!のSWAメンバー2人 | トップページ | 千穐楽の国立劇場 »