« 東西の落語を楽しむ(追記あり) | トップページ | 「老い」にとらわれすぎた、私の「リア王」 »

2008.01.20

七之助の、婀娜っぽいお富

1月19日(土) 「新春浅草歌舞伎 第2部」 15:00~ 於・浅草公会堂

お年玉(年始ご挨拶・亀鶴)、「祇園祭礼信仰記 金閣寺」亀治郎(雪姫)、獅童(松永大膳)、勘太郎(此下東吉)、男女蔵(十河軍平)、亀鶴(慶寿院)ほか 「与話情浮名横櫛 木更津海岸見染の場 源氏店の場」愛之助(与三郎)、七之助(お富)、獅童(鳶頭金五郎)、亀鶴(蝙蝠安)、男女蔵(和泉屋多左衛門)ほか

 第2部は友人たちと誘い合わせて。第1部を見るか2部にするか決定権は私にあったので、勝手ながら第2部を。亀治郎さんの雪姫、愛之助さんの与三郎を見たかった、というのが大きいかな。ま、3時開演というのも理由のうち。浅草まではけっこう時間がかかる人が多くて(私もだ)。

 年始ご挨拶、けっきょく今年は亀鶴さんに大当たり。でも、面白いからいいんだけど。友人たちを驚かせたくて、「とんぼ」のことは事前に言ってなかった。 そういえば、大阪在住の友人によると、いま文楽劇場でも「祇園祭礼信仰記」を上演中とのこと。子年のお正月だもんね。

 しかし、私は「金閣寺」を1階で見たのは初めてかもしれない。花びらの降り方が尋常じゃないくらいに思えたのは、そのせい? or 舞台の狭さもあるのかなあ。ま、浅草歌舞伎の4演目の中で、一番楽しみにしていながら、でも、寝ちゃうかも、とも思っていたのよねー。長いし(苦笑)。以前、福助さんの雪姫が妙に気に入ったのは、なぜだったんだろうね・・・。

 獅童くんの大膳、カッコイイじゃないの。やっぱり見栄えがするってのはそれだけでも恵まれてる。「切られ与三」の鳶頭の役は、テレビの時代劇か、って感じもして好きじゃなかったけど、大膳みたいのは絵面としても記憶に残る。

 弁天小僧での姫さまは、ちっとも綺麗じゃなかった七之助くんだけど、お富はとても綺麗でそのことにまずビックリ。愛之助さんとのコンビは、仁左衛門-玉三郎の雰囲気。源氏店の場での、与三郎のお馴染みの台詞。ほんとに気持ちいいタイミングで「待ってましたっ」とかかったのはよかった。大向こうさんは少なくてあまり声もかかってなかったんだけどもね。でも、愛之助さんは「え~ ご新造さんへ」の最初の出だしが力が変に入りすぎ? 後の方はよかったのにな。

 浅草歌舞伎は、同一演目を違う配役で演じたり、今年のように有名な演目をそろえたりするから、つい見に行っちゃう。堅苦しくなく、歌舞伎ばかりでなく浅草を楽しめる、という部分もあるし。「お正月は浅草歌舞伎」ってやっぱりいいな。

Kibiji ←「備中井の山宝福寺」と義太夫で語ってましたっけ。雪舟が修行中、涙で鼠を描いた寺は井山宝福寺。禅寺なので、座禅会があったりする。私は二十歳前後にお茶会なんかでも行ったことがある。この像は駅前にあるとばかり思ってたのに、いつの間にかお寺の方に移ったらしい。

|

« 東西の落語を楽しむ(追記あり) | トップページ | 「老い」にとらわれすぎた、私の「リア王」 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

七之助のお富は、まるっきり玉三郎うつしなのでびっくりしました。
よく、勘太郎はまんま勘三郎うつしだけど、七之助は自分なり?って思ってたんですけど、お富はまんま。いつもまんまな愛之助とで、まったくコピーのようだと思いました。芸の継承だなぁ、と。
眉を落とした拵えが、若い中で一番にあうのは菊ちゃんだと思っているのですが(笑)今回の七之助は文句なく色っぽかったし、良かったと思いました、源氏店。

投稿: 猫並 | 2008.01.21 19:33

猫並さま
ねえぇ! ほんとにまんま玉三郎という感じで
昨秋に見た菊ちゃんとはずいぶん感じが違ってました。
それほど歌舞伎を見ていない友人でさえ
玉三郎みたい、と言ってましたもん。そこへ愛之助だから。
いや~、あんなに色っぽいとは思いませんでした。
勘太郎くんは、声が一段と父親そっくり。親子って不思議。

投稿: きびだんご | 2008.01.21 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東西の落語を楽しむ(追記あり) | トップページ | 「老い」にとらわれすぎた、私の「リア王」 »