« 今年も音羽屋贔屓で | トップページ | 東西の落語を楽しむ(追記あり) »

2008.01.16

七之助にたくましさを感じた弁天娘

1月16日(水) 「新春浅草歌舞伎 第1部」 11:00~ 於・浅草公会堂

お年玉(年始ご挨拶・亀鶴)、「傾城反魂香 土佐将監閑居の場」勘太郎(又平)、亀治郎(おとく)、男女蔵(将監)、巳之助(修理之助)、愛之助(雅楽之助)ほか 「弁天娘女男白浪」七之助(弁天小僧)、獅童(南郷力丸)、愛之助(日本駄右衛門)、亀治郎(忠信利平)、勘太郎(赤星十三郎)ほか

 浅草の第1部には行けないかな、と思っていたのだけれど、今日の3階チケットは意外にも「チケットぴあ」で最近見つけたもの。ほんとは家のことをする日だったのに、またもや出歩く私って・・・。

 第2部の方は早くからチケットを確保しているのに、第1部に冷たい(笑)のは、亀治郎さんは2部の雪姫の方をぜったい見たい、というのと、七之助くんの弁天小僧は見たことがあるしなぁ、という理由によるもの。確か平成中村座で七之助弁天を見て、それからほどなくして勘三郎さんに、なんていうのかなあ、息子の弁天小僧をコテンパンにするような大人な弁天を見せつけられた記憶が。でも、見られるならやっぱり見ておこう、というわけで。

 年始ご挨拶は亀鶴さん。あらまあ最初の型どおりの挨拶の後は、ステージからとんぼを切って客席に。そこからはちょっと「歌舞伎鑑賞教室」の趣。でも、すごく親しみやすいし、楽しくて、浅草ならでは。

 「吃又」、出だしはあんまり気乗りせず。修理之助、松也くんあたりで見たかったような(最近の歌舞伎座が錦之助さんだったから、似たような美男系のイメージで)。でもその後、勘太郎くんの熱演があって、だからこそ夫婦愛がハッキリ見えるような感じはした。若々しい一直線な又平は、やっぱり浅草らしくて好感。

 そして弁天小僧。最近、幽霊だの病気の遊女だのがすごくよかった記憶がある七之助くんなんだけど(笑)。パンフレットによると平成中村座での弁天は5年前らしい。いや、ずいぶんたくましくスキッとしていて、予想以上によかったです。ただ、浜松屋でのあの名台詞も、稲瀬川の場での名乗りも、後半が今ひとつの感じ。最後まで、じっくり聞かせてほしいな。それと「女」の時に、もっと綺麗であってほしい。顔が細いのがマイナスに?

 3階(5階ともいうのか)2列から見たんだけど(浅草の3階は初めて)、花道七三もぎりぎり見えるし、2000円なら充分!

|

« 今年も音羽屋贔屓で | トップページ | 東西の落語を楽しむ(追記あり) »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

浅草第一部、やっぱり見たくなってしまいましたよ・・・。
でも、どう考えてももうムリだなぁ・・・。

七之助くんの弁天、たぶん中村座で見てるんですけど、あまり印象にないんですよねぇ・・・。
弁天は、わたしの中ではやっぱり一番は菊五郎さんかな。二番が勘三郎さん。
七之助くんは、たしかに顔がスリムな分、損してるかもしれませんね。菊之助くんの方が、顔は合ってる気がします(笑)。

又平さんは、やっぱり三津五郎様ですわぁ~(爆)。それまで、あんまり好きになれなかったこの芝居の面白さに気づかせていただきましたからね、三津五郎様に。なので、おとくは時蔵さん♪ でも、勘太くんのも見てみたいです!

投稿: おまさ | 2008.01.17 10:56

おまささま
今月は歌舞伎公演が多いから、とても全部は見られませんよね。
私は当初、歌舞伎座・昼と浅草・1部はパスのはずでした。
ほら、朝が苦手なもので(都心まで遠いんだもん)。
七之助の弁天は、見たというのを覚えてるくらいで細かいことは何も・・・。ただ、上に書いたように、勘三郎のとセットで妙に記憶に残ったのです。
吃又と弁天小僧、金閣寺と切られ与三。この組み合わせも面白い。

投稿: きびだんご | 2008.01.18 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も音羽屋贔屓で | トップページ | 東西の落語を楽しむ(追記あり) »