« 「せんがわ劇場」2月2日こけら落とし | トップページ | 「新・雨月物語」と茶道の空気感 »

2008.01.27

千穐楽の国立劇場

1月27日(日) 「小町村芝居正月」 12:00~ 於・国立劇場大劇場

 目が覚めたら○○時、ウッキャー大変。一応着物も出してあったけど、洋服だって遅刻しかねませんワ。出がけにお餅(チーズで)を食べたのでお腹がすかないんだ、と思っていたら、そうではなくてどうやら風邪みたい。帰宅後、ちょっと寒気が。何年に1回しか風邪なんかひかないから、「症状」自体もわからないんである。でも、観劇中は元気でしたよー。

 席は2階の1等B(6列)という、とても中途半端な場所。なら2等でいいじゃないか、とか思うんだけど、3階の1列がなかったのと、センターブロックの通路際だったので思わずクリック。まあ上から見てみたかった、というのもある。

 何しろ初日=3日に見て以来だから、「ああそうだった」と思い出しながら。でも、初日からは30分ちかく縮まって4時ちょっと過ぎに終演。たしかにだれるということはなくて、眠くもならなかった。後半になるにつれて、ところどころに千穐楽の気分が(笑)。

 通路をはさんだ隣に、小学校1年くらいの男の子が母親と来ていた。菊ちゃんの狐の立ち回りの時だけは身を乗り出すようにして見ていて、私も思わず「よかったねー」。途中から(柳原けだもの店の場から)、1列前にも親子連れ(父親と小3くらいの女の子)がいて、なぜにここから?という感じ。もしかしたら後方から移ったのかもしれないけど。お子様方にも好評のようでした。でも、3階に乳飲み子がいたらしく、時々声が聞こえた。なぜ国立劇場に入れるのか?

 やっぱりストーリーがわかりやすく続いていくのがいい。去年はやたらブツブツ切れる感じだったように思うので。ほんとに菊ちゃんは綺麗だし。その菊ちゃんが「おしりかじりむし~」と歌うなんてね。まさにあの父にして、なのだ。それと、大詰の大伴黒主の衣裳、今日はちゃんとオペラグラスで見た! 前回は見えてなかったんだけど、大阪のオバチャンの着る洋服のよう(?)というので。確かに、みょうにイケてない気がしましたよ。

 一度、前の方からも見たかったなとは思うけれど、まあキリがないからね。あ、今日は手拭いが2階にも2枚ばかり飛んでました。これで怒濤の1月が終わる・・・んじゃなくて、歌舞伎だけは終わったけど、まだまだ。今日は早く寝ようっと。

*帰りの劇場バスで後ろのオバサマが、「私は今日のを見たのは初めて」とおっしゃっていて、心の中で「見たことがあったらあなたは妖怪」と突っ込んでしまいましたワ。

|

« 「せんがわ劇場」2月2日こけら落とし | トップページ | 「新・雨月物語」と茶道の空気感 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさんは上からご覧になったのですね。私もそうしなかったことを残念に思っています。雲に乗った黒主なんか、ぜひ上から見てみたかったですわ~。
お尻かじり虫にメタボな親子、もう笑いが止まりませんでした。
オバサマ、妖怪でなくてよかったですこと。「この前見たときは~」なんて話だったら…(怖)

きびだんごさんもまだ1月は終わってないんですか! 実は私も…(^^)。

投稿: SwingignFujisan | 2008.01.28 12:01

あ、言い忘れました。風邪気味とのこと、お大事に。
一応、のど、鼻のどちらかに症状が出るかと思いますよ。あとは体の節々の痛みとか、だるさとか。
芝居で風邪を吹き飛ばしてくださいませ。

投稿: SwingingFujisan | 2008.01.28 12:05

SwingingFujisanさま
どうもありがとうございます。昨日は膝のあたりも重かったんですけど、汗をかきかきほぼ半日寝たら復活しました。のども鼻もなんともないのは、風邪じゃないのかしらん。私が妖怪?(笑)
それはともかく、やっぱり大らかで楽しい国立の復活狂言、でしたよね。なんか「お芝居を楽しむ原点」という気がしました。
お互い、寒い冬も「観劇の熱」で乗り切りましょう!

投稿: きびだんご | 2008.01.28 12:43

お目にかかれなくて残念でした~
2階といってらしたような、でもそれって半端?3階の記憶違いかな?なんて思いつつ、2階の売店が大好きなので上にも上がったんですけどね~
面白かったですね(^。^)
黒主の衣装の柄、あれは虎ですよね?それとも獅子の正面かな?微妙にイケてないと思うのですが(笑)

そうそう、干支の反対のお話、ありがとうございました。
粗忽ものなのでよく確認してなかったです(っていうか、和楽を斜め読み^_^;)さっき引っ張り出して読み直し、あ、ほんとだー、反対っていってるーと。
良く考えれば、ウサギといえばあと4年くらいで70歳になっちまいますから、そんなわけないんですよね(爆)

投稿: 猫並 | 2008.01.28 19:50

猫並さま
なんか変なところでケチってしまってダメですね。何回も1階にしようかな、と思ったりしたんですが・・・。中日あたりに3階から見ればよかった(って、そんな時間はなかったけど)。
もしかして、猫並さんが2階の売店にいらしてたころ、私は1階に行ってたりして。ああ「君の名は」状態(爆)。

黒主の衣装の柄、何かはっきりわからず上に書けなかったのです。虎?と思いつつ。顔の(こちらから見て)左上のほうに、漫画なんかではあせったり困ったりした時の「タラッ」という感じの模様もあって、尚更ヘナヘナしちゃいました。

投稿: きびだんご | 2008.01.28 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「せんがわ劇場」2月2日こけら落とし | トップページ | 「新・雨月物語」と茶道の空気感 »