« そうだ、奈良行こう。 | トップページ | SWAブレンドのお味は? »

2008.02.11

いや~カッコイイじゃないの、源九郎狐

2月11日(月・祝) 「文楽公演 第3部 義経千本桜」 18:00~ 於・国立劇場小劇場

伏見稲荷の段」松香大夫/喜一朗 「道行初音旅」呂勢大夫(静御前)・咲甫大夫(狐忠信)ほか/清治・清志郎ほか 「河面法眼館の段」津駒大夫/寛治、咲大夫/燕三、寛太郎 //勘十郎(忠信、実は源九郎狐)、和生(静御前)、文司(源義経)ほか

 ブログ・デザインを「桜」にした時には、文楽のことなんて全く頭になかったんだけど、そういえば吉野のお山の道行だったのでした・・・というくらい、ふら~っと出かけて、キャー面白い、と言って帰ってきた。なんと、文楽でこれを見るのは初めて。いやはや、歌舞伎は見るけど文楽はあまり見ない、という人にも、すっごくオススメ。

 この2月公演は、とにかく第2部を見たい、というのがあって、後は成り行きだなぁ、などと思っていた。そうしたら、最近の国立劇場ネット予約にまんまと乗せられて、ちょこっと覗いてみたら5列の真ん中!? なら行きますとも、というわけ。

 「伏見稲荷の段」の時には、わりと空席もあって、見終わった今は私も正直その気持ちはわかる・・・何がなんでも見たい、というのはやっぱり道行からなんだろうな、と。

 その道行は、まず呂勢大夫さんに注目。最初に床に並んでるときには、なんとなくやつれてる感じ(?)もあったけど、語り始めると、それは全くの杞憂。咲甫大夫さんとの掛け合いや、5人揃って、などもすごい迫力だった。人形も、狐ってどんなの?という興味もあったんだけど、耳が動くし! 勘十郎さんの衣装の早変わりなんかにも、はぁぁ!(しかし四の切の方がもっとすごいんだけども)

 静御前と狐忠信の踊りも、壇ノ浦の戦のくだりなど、とても力強い。力強いんだけれども、女舞い、男舞い(というのかな)の対照もあって、すごく面白かった。

 「四の切」は、寛治さんの三味線(静かな出だしから惹きつけられた)と、その後の咲大夫さんの熱演!! でも、舞台の上では、狐の「仕掛け」がいろいろあって、そっちから目が離せません、という状態だった。狐が正体を現して身の上を語る場面などは、歌舞伎よりも感情移入できるように思う。台詞のテクニックとかに関係ないからかなあ。一応「狐詞」は入るんだけれども。

 先日、住大夫さんの芸談を聞いたとき、聞き手の方が「とにかく一度、舞台を見ないで床に集中してみてください」なんて仰ったけど、それは、ここでは絶対に無理(笑)。最後の最後まで、見せ場がいっぱいで、あー面白かった。時間さえあれば、もう1回行っちゃいそう・・・。

|

« そうだ、奈良行こう。 | トップページ | SWAブレンドのお味は? »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

本日、第3部を見る予定、です。
楽しみになってきましたよ、ますます♪
わたしも、文楽で「四の切」は見たことないので、たぶん、床に目をやる余裕はなさそうです(笑)。

投稿: おまさ | 2008.02.12 11:40

おまささま
なんか興奮状態のままこの文章を書いちゃったな、と1日たった今は思ってるんですけど、その気持ちはわかっていただけますよね。
鼓を打つところも面白かったですし。

投稿: きびだんご | 2008.02.13 01:00

鼓の出打ちも、ちゃんと演出上の重要な要素になていたんですね・・・。
いやはや、あれにはびっくり!でした。
勘十郎さんの早替り、どうなってるんだろう???と。

「道行」は、今の清元だったら、義太夫(ただし、文楽の、ですが・・・)の方が全然いい!と思ってしまいましたわぁ・・・(汗)。
三津五郎様に、踊りの会でいいから、踊っていただきたいです!(もちろん、文楽座の出語りで 笑)

投稿: おまさ | 2008.02.13 13:54

おまささま
ほんと、鼓はビックリしましたねー。
えっというのの連続でした。
正直、私にとって今月は、文楽>>>>>歌舞伎だなあと(歌舞伎はまだ見てないけど・・・見るのか?)
道行、なるほど三津五郎さんの踊りで。そらーカッコよさそうです。

投稿: きびだんご | 2008.02.13 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうだ、奈良行こう。 | トップページ | SWAブレンドのお味は? »