« お能2曲で、エネルギーを使い果たした | トップページ | 女流創作落語は面白い! »

2008.02.03

最後まで見た「SP」だけど

 昨秋開始の連ドラで、話題になった「SP」(フジテレビ)。連ドラを全部見るなんて、1年に1~2本しかない私だけれど、これは挫折しかかりながらも、結局全部見てしまった。で、最終的に、「よかったのは主題歌」という結論に。

 映像的にシャレている、俳優も個性的でしかも贅沢な使い方・・・でも、最後に残ったのは「不快感」だったなあ。アホーな若い子に、頭の中で「テロ計画」を練らせそうな(ただカッコいいがゆえに)、そして空想か現実かわからなくさせそうな、そんな不快感。

 映像としての一瞬一瞬がすべてに優先されるかのような、ありえないストーリー展開にも辟易。たしかに、最終回の首相狙撃場面。SPたちが倒れているシーンは無機的に「美しい」ものだったけど、しかしそんなにも犯人に好き放題させるなんて、ありえんだろ。このあたりばかばかしくて笑えた。しかも、見事に撃たれたSPは結局生きてるんだしね。

 ま、以前にも触れたけど、久しぶりに鈴木祐二改め神尾佑さんが見られたのは嬉しかったし、舞台でしか見てなかった人たちもいろいろと、しかもちょこっとだけ登場。あ、春田純一さんも久しぶりで、わーいではあったな。公安・田中役の野間口さんは、きっと私の仲間うちではこれからもこの役名で呼ぶはず。これは、「吾輩は主婦である」に出演した高橋一生さんを「書生」と呼んでいるのに続いて2人目。

|

« お能2曲で、エネルギーを使い果たした | トップページ | 女流創作落語は面白い! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お能2曲で、エネルギーを使い果たした | トップページ | 女流創作落語は面白い! »