« 「さくら劇場」で春来る | トップページ | 「狂言劇場」千秋楽 »

2008.03.30

さくら色の遊雀さん!

3月29日(土) 「翁庵寄席 そば屋の花見」 18:00~ 於・人形町翁庵

開口一番(立命亭八戒・芝浜ぞろぞろ)、小宮孝泰・青菜--仲入り--瀧川鯉橋・長屋の花見、三遊亭遊雀・花見の仇討 蕎麦タイム:日本酒、かまぼこ、卵焼きつき

 待ってました遊雀さん、というか、おかえりなさい。席亭からかなり前にこの予定を聞いた時に、すでに「絶対に行きます!」という気持ちだった(実際、月末の土曜なので仕事よりこちらを選んだんだよー)。気まぐれな桜も、今年は翁庵寄席に合わせて満開になったかのようではありませんか!!

 実は以前、三太楼時代にこの翁庵寄席に出演されたとき、友人と3人で聞きに行ったのだけど、初めて彼を聞いた2人がすごく面白がって、後々もよく話題にしていたのだ。でも、三太楼さんはしばしお休みされてしまい・・・。だから三遊亭遊雀として復帰された高座を、みんな楽しみにしていた。残念ながら1人は来られなかったけど、いろいろ話して羨ましがらせちゃうぞ。

 ところで、開演時間の6時には、鯉橋さんがまだ到着してなくて、これが何かとネタになっちゃいましたよ。ちょうど八戒さんが終わったときに、入口から着物姿で謝りながら入ってきて、客席を通り抜けて「楽屋」へ。小さい会ならでは、ですね~。

 八戒さんは前座の手練れですわ。全11回の翁庵寄席で9回出演とのことで、勿論、最多出演! で、「ネタに困る、芝浜だのらくだを前座でやるわけにはいかない」、なんてマクラのあと、いきなり芝浜の出だしで、大爆笑。ま、それは出だしだけですけれども。「お嫁さんがゾロゾロ」を言いたいがために作った噺とのことで、八戒さんはお嫁さん募集中!!

 小宮さんはなんで「青菜」という季節に先駆けすぎのネタなのかと思ったら、今年の大銀座落語祭にかける予定とのこと。今まで彼の落語を2回聞いていたけど、英語落語の「厩火事」と、4分の「子別れ」だったから、ちゃんとした(と言っては失礼かな)「青菜」ではないと思ってた。ところがところが、オーソドックスな楽しい「青菜」ではありませんか。スピード感があるし、緩急うまくつけてる感じで、小宮さんの青菜、だったと思う。これから本番までにまた変化はあるのかもしれないけど、充分面白かったから、この勢いでいってくださいね。

 鯉橋さんはたぶん初めてと思う。風貌(ヘアスタイル)も声も、いかにも噺家さんの雰囲気。こういう人を聞くと、ほんとは芸協の寄席にも行かなきゃね、と思ってしまうのだけれど。

 遊雀さんは、やっぱりオシャレ!! 藤色系の着物にピンクというかさくら色の羽織で、それがまたほんとに似合っているんだもの。噺に入る前からウキウキする(友人は半襟の色までチェックして褒めてた。私はそこまでは気が回らず)。で、「花見の仇討」は・・・やっぱりコワレた人が出てきた。桜の大木の根元で巡礼兄弟を待つ浪人役の、熊さん! 顔芸といいましょうか、眉毛ピクピクとか表情なんかもおかしくて、爆笑の連続。

 噺が終わってから、小宮さんと二人でちょっとした挨拶というか、対談みたいなのもあって、それもシメとしていい感じ。その後、日本酒をたっぷり飲みつつ、かまぼこと卵焼き(すべて本物・笑)を食べ、もりそば、というものすごく充実した会なのでした。

 遊雀さんとちょこっと話す機会があったけど、ご本人を前にするとどうしても「三太楼さん」としか出てこない私。いろいろ大変な時期もあったでしょうけど、まだ若いのだし、これからもうーんと芸道に精進してくださいませ。

|

« 「さくら劇場」で春来る | トップページ | 「狂言劇場」千秋楽 »

落語」カテゴリの記事

コメント

ご来場ありがとうございました。

仲入りのときに、遊雀師匠が小宮さんに『青菜』のアドバイスをしていたのが印象的でした。
「奥や、奥」と言うときの仕種のアドバイス。
「ときに植木屋さん、菜はお好きですか?」「嫌いだよ!」の笑わせどころの指摘。
なるほどなあと思いました。
喬太郎に稽古してもらって、遊雀にダメ出ししてもらって、豪華な『青菜』になっていきそうです。

投稿: 翁庵寄席席亭 | 2008.03.31 07:55

そうですか、遊雀師お元気でしたか。ちょっとほっとしました。ご存知のように(?)三太楼時代はかなり好きだったのですが、遊雀になってからは復帰直後に一度独演会で聴いたきり。何となく真っ直ぐな部分が失われてしまったような感じがして。。。でも、また本領発揮されているようで、もう一度聴いてみたい気がむくむくと。ちなみに、同じ29日に私は扇遊師の「花見の仇討ち」を聴いておりました。絶品でした。誰も壊れはしませんでしたが、あんなにオカシイ「花見の仇討ち」ははじめてでした。正直に申告します。扇遊師はいま脂が乗り切っています。是非みなさんでどうぞ。

投稿: クヮン | 2008.03.31 23:05

翁庵寄席席亭さま
いつもながら楽しい顔付けで、どうもありがとうございました! 「八海山」をちょいと飲み過ぎたかも。
こうなったら大銀座落語祭で、進化した「青菜」も聴きたいですね・・・チケット発売、今年はどういうふうになるのかしら。

投稿: きびだんご | 2008.04.01 00:12

クヮンさま
三太楼ファン!(ほらね、どうしても三太楼になっちゃう)存じておりますとも。というか、歌舞伎座前の交差点でバッタリした後で、翁庵寄席の情報だけでもお知らせしたい(席に余裕があったみたい)と思ったものの、歌舞伎座内では遭遇できず、だったもので・・・。
彼も、様々な荒波(?)は覚悟の上ので復帰だったのでしょうし、まだまだ大変なことも多いでしょうけど、また機会があったら聴いてみてください。
扇遊さん!! 新潟の扇遊ファンが4日からロシアに行くために上京するのですが、3日に鈴本に寄ってから成田に向かうらしいですよ←私が扇遊スケジュールを調べた。かわら版以外の情報源がなかったけどね。

投稿: きびだんご | 2008.04.01 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「さくら劇場」で春来る | トップページ | 「狂言劇場」千秋楽 »