« 重鎮・豪華な顔ぶれの歌舞伎座 | トップページ | 戦前~戦後の歴史を、太宰とともに »

2008.03.06

仁左衛門をたっぷり見た!

3月5日(水) 「三月大歌舞伎 昼の部」 11:00~ 於・歌舞伎座

春の寿」〈三番叟〉我當(翁)、歌昇(三番叟)、翫雀(三番叟)、進之介(千歳) 〈萬歳〉梅玉 〈屋敷娘〉扇雀、孝太郎 「一谷嫩軍記 陣門・組打」團十郎(熊谷直実)、魁春(玉織姫)、市蔵(平山武者所)、藤十郎(小次郎/敦盛) 「女伊達」菊五郎、秀調、権十郎 「廓文章 吉田屋」仁左衛門(藤屋伊左衛門)、福助(夕霧)、秀太郎(吉田屋女房おさき)、左團次(吉田屋喜左衛門)ほか

 何年かぶりに、1階の2等席から見た。昔はわりと見てた気もするんだけど(その頃は3階からは見なかったし、毎月見るとかでもなかった)、近頃ではあまり記憶がない。やっぱり、どうせなら1等で見ようとか、3階のAまたはBでいいか、となるので。今回は、魔がさしたんですかねー(笑)。これは仁左衛門さんを見たくて、と言い切ってもいいと思う。でも、全体的には1等でなくても、というと2等になったのだ。たまたま16列の通路際(柱の横)で、真横を人が通らないのでストレスがなくてよかった。

 さて最初の踊りは、それぞれに、松、梅、桜の背景がとても美しくて、始まりの演目としては特に気持ちいい。昔よりは踊りも興味深く見られるようになったと思うし。・・・とは言え、だんだん飽きてきちゃったりして。という意味では、梅玉さんのが一番印象が薄いかも。翫雀さんが妙に元気よく見えた(ほめてません!)のと、扇雀・孝太郎って、意地悪な姉と耐える異母妹、みたいな絵柄に見えて困ったもんだ、と。孝太郎さんって、綺麗に見える時と見えない時がすごく違うんだけど、今日は綺麗に見えたよ~。

 「陣門・組打」も、やや間延びして感じられたんだけど・・・。いろんなシーンがたっぷりだったのかなあ(前に見た時がどうだったか、ちっとも覚えてない)。ただ、直実が敦盛(と言っていいのかな?)を討って後、ものすごく丁寧にいろいろ一つずつ片付けていくところは、実は息子・小次郎を身替わりにした(と見る方はわかってるんで)、その息子に対する思い、無常の思いなどが去来している風に見えて、大事なところなのかなあと思い至った。

 「女伊達」、あらっ引き抜きもあったのね。後の衣装(大きな熨斗目もよう?)がカッコよかった。立ち回りがものすごく派手ですっごく面白かったんだけど、そっちに気を取られすぎた気もする←それでいいのかも。

 そして「吉田屋」。ほんとはそれほど好きじゃないお話なんだけど、それとは別に仁左衛門はいいんだもん! 勘当されたボンボンの、甘ちゃんでワガママなところも、夕霧にゾッコンな感じもね。たーっぷり、でありました。満足!! でも、やっぱり友人を引き連れて見るのを「夜の部」にしたのは、トータルで見ると正解だった気がする。

|

« 重鎮・豪華な顔ぶれの歌舞伎座 | トップページ | 戦前~戦後の歴史を、太宰とともに »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ~仁左衛門さん!
襲名の時の舞台を思い浮かべています。
和事のはんなり感も最高ですよね。
何をされても絵になる人ですね!

久しぶりにこちらへお邪魔をしたのですが、
新しくなりましたね

投稿: やどかり | 2008.03.13 23:06

やどかりさま
今月は昼の部で、上方テイストを満喫し、
夜の部は一転して、江戸の鳶の頭でカッコよく、と
仁左さんファンにはたまらない感じですよ。
来月は、なんと弁慶ですとぉ!!
大阪にもせっかく松竹座があるのに、待ち遠しいでしょうねぇ。

このココログは、テンプレートを選べば
あっという間に「お色直し」できるのよ。
時々、気分を変えることにしました。
また、来てね

投稿: きびだんご | 2008.03.14 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重鎮・豪華な顔ぶれの歌舞伎座 | トップページ | 戦前~戦後の歴史を、太宰とともに »