« 芝雀さん、喋る、化ける | トップページ | できたっ、確定申告 »

2008.03.11

国立劇場さーん、もうちょっと考えて!

 ・昨日、国立劇場で「公演記録鑑賞会」のチラシを貰ってきた。4月~9月は、「シリーズ 怪しきもの、それは・・・」というタイトルで、毎月第2金曜の午後2時から、歌舞伎や文楽の映像を見せてくれるんだって。えーっ、怪しきものだなんて、面白そうじゃないのと見てみたら、昭和50年の「児雷也豪傑譚話」がある!!(4月、5月) 菊五郎、梅幸親子だし、見てみたいなーと思えども・・・金曜の2時では、行けるわけもなくて、ガッカリ。しかも、4月11日に序幕・第2幕の120分、5月9日に第三幕の65分を上演するってのもねぇ(5月はほかに「日本振袖始」がある)。

 たとえば、平日でもいいから昼間と夜、2回上映してくれるとか、あるいは土曜日とか、なんとかならないものかなあ。仕事を休んでまで行こう、というほどでもないしね。

・そしてもう一つ。国立劇場伝統芸能情報館1階で行われている「能楽と歌舞伎」展(~5/25)。道成寺、紅葉狩、安宅と勧進帳など、能と歌舞伎に共通する演目について、比較解説などがしてある。紅葉狩の、能と歌舞伎の衣裳とか、扇など、興味深く見ることができたけど、ちょっと中途半端な感じもするなあ。同じテーマで集めてみました、というところで、道具・装束類と絵画が並べてあるとか、少なくとも私の趣味ではないので。場所も今ひとつだよねぇ・・・。伝統芸能情報館はデジタル方面に特化してもいいんじゃないかしら。

|

« 芝雀さん、喋る、化ける | トップページ | できたっ、確定申告 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芝雀さん、喋る、化ける | トップページ | できたっ、確定申告 »