« まず3階から「狂言劇場」を | トップページ | さくら色の遊雀さん! »

2008.03.29

「さくら劇場」で春来る

3月28日(金) 「べらぼうにぶらぼう 3」 19:00~ 於・全労済ホール スペースゼロ

〈全労済フェスティバル2008〉喬太郎VS伝の会@スペースゼロ

伝の会(杵屋邦寿・松永鉄九郎)+鶴澤都賀寿、喬太郎・転宅--休憩--さくら劇場

 今年で3回目の「べらぶら」。私は去年に引き続き2回目。今回は開演に先立ってスクリーンに映される全労済のCMにも、この3人が登場した。これはアイディアですねぇ。去年は、なになに?と思って見てたら「あ、CMね」だったので(中村雅俊が出てましたが)、またあれね見なくていいや、なーんて思ってたから驚いたよ~。お芝居仕立てだけど、喬太郎さんが手に「東京かわら版」を持ってたあたり、芸が細かい。

 友人に一緒に取って貰った席が、なんと1列目のセンターブロック(上手寄り)で、これは後半の「さくら劇場」でラッキー!という席だった。

 まずお二人の三味線で1曲。その後のトークの間に二人の後ろに衝立が出されて、チラッと三味線が見えたので、???と思っていたらば、女流義太夫の三味線・都賀寿さん。三人での演奏などで、太棹細棹の音色の違いがはっきり! 義太夫三味線はなんとなく重々しいというイメージがあったのだけど、やわらかい音なんだなぁ、と。曲名はすべて失念しました・・・。

 喬太郎さんは、私は初めての(と思う)「転宅」。泥棒噺の時によく聞く、浅草の観音様に泥棒に入った男と仁王さまなど、えっ、どうしたの?と思うマクラをちょっとふってから噺に。

 (書きながら噺を思い出していて、あれれ?泥棒に入った家の卓に残っていた蕎麦を食べていたのを聞いたことがあるゾ、と気がついた。いま、このブログをさかのぼってみると、3年前の翁庵寄席で聞いてました。記憶力がいいのか悪いのかワカラン。が、少なくとも聞いてる間は「わー、初めて聞く噺だ!」と思っていたのは確か)

 こういう古典をきっちり喋りながらも、やっぱり(オーバーにはならないけど)演劇っぽさがあるんだな~。

 今年の「さくら劇場」は、みんな商店街のお店の店主という設定。なぜか最初にお花見で座り込んで歌ってるんだけど(上手側から喬太郎、ギターを抱えた鉄九郎、邦寿の順で)、ほら最前列の私の真ん前に、鉄九郎さんでしたわー。これがオープニングで、東京乾電池の女優さんと4人で、商店街の四天王(四店王?)。コワモテ風に松永六昶俉さんがちょいと出られたり(似合いすぎ)、話としては去年の「学校」より面白かったかなー。

|

« まず3階から「狂言劇場」を | トップページ | さくら色の遊雀さん! »

音楽」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まず3階から「狂言劇場」を | トップページ | さくら色の遊雀さん! »