« 可笑しい/哀しいは紙一重 | トップページ | まず3階から「狂言劇場」を »

2008.03.22

4ヶ月ごとにCDが増える?

NodameAoyagi_2  うっかりしていたら、のだめちゃんの20巻が出ているではありませんか。速攻で購入して読んじゃった(で、今は手元にない)。影響されやすいので、電車の中で読んでると、がぜんそこに出てくる曲なんかを聴きたくなっちゃうんだよね。以前「ペトルーシュカ」を聴きたくて、CDショップで逡巡したこともあったっけな。などなど思ってるうちに、要するにコミックスが出たらCDを買ったりしてるんじゃないか、4ヶ月に1回、と思い当たった。まったくねー(でも↑「ペトルーシュカ」はまだ買ってない)。

 青柳いづみこさんの新書「ボクたちクラシックつながり」は、「ピアニストが読む音楽マンガ」というサブタイトルに惹かれて。「のだめカンタービレ」の内容に即して(時々「ピアノの森」「神童」も出てくる)、音楽家修業の現実をかいま見させてくれる。巨匠たちのエピソードなども。

 のだめは最新20巻まで来たのだけれど、青柳さんの本を読みながらディテールをおさらいしてる感じ。全巻持っているものの読み返したりはしていないのに、取り上げられてるどの部分も記憶にある。

 青柳さんは最近、その著書を書評などで見かけることも多くなっていたのだけれど、新書で、しかもこんなポピュラーな話題で読めて嬉しい。文章もとても読みやすいし、音楽(そして若い音楽家)への愛情がたっぷり。何よりも、クラシックの世界を知らない我々への目線が優しい気がする。

 さーて、この2冊をセットで読んじゃったものだから・・・きっと2、3日のうちには、CDが増えてるね(笑)。

|

« 可笑しい/哀しいは紙一重 | トップページ | まず3階から「狂言劇場」を »

音楽」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コミックと連動して音楽も聴くなんて、最高じゃないですか。なんか私もこのコミック読んでみたくなった。

投稿: kazzp | 2008.03.22 11:33

kazzpさま
試しに3冊くらいお送りしてもようございますですよ。
聴きたくなるのはいいんだけど、だからと言って「のだめ」を前面に押し出したCDは買いたくないし、というところでした。でも、青柳さんの新書を読むと、のだめオーケストラのも面白そうなんですよ。

投稿: きびだんご | 2008.03.22 23:24

超ーお久しぶりです。たまに伺ってはおりましたが。
のだめCD・・最初のが出たときに買いました(^^ゞ
何しろ村主さんがラフマニノフを滑ってNHK杯で
代々木の奇跡をおこした後で、このCDで聞いては
感動再び三度、でございました。
娘(長女、在ドイツ)が、先日知り合いのピアニストさんに来てもらって(友達の家に)プライベートコンサートをしたそうです。ピアニストさんの選曲で「きらきら星変奏曲」も・・・なんかのだめみたいですね。観客は二人だけ。あぁその方が独身の殿方ならばいいのに、と母の妄想は哀しい。

投稿: マム | 2008.03.28 22:00

マムさま
きゃーっ。お久しぶりです。
というか・・・私が皆様方のところにすっかりご無沙汰で、申し訳ないと思ってます。復活の機会を窺い中、ってことで。
いいですねー、めっちゃ贅沢なプライベートコンサート。この頃、気持ちはヨーロッパ、な私は、いずれドイツにも行ってみたいと思ってるんですよ~。
さて、私はこの記事を書いた後で、突然「アマデウス」を見たくなってアマゾンで購入。四半世紀ぶりくらいに見ましたよ!!

投稿: きびだんご | 2008.03.29 01:08

私の書き込みを見て、じゃないですよね<アマデウス

投稿: マム | 2008.03.29 15:56

マムさま
はい。すっごい偶然でした

投稿: きびだんご | 2008.03.30 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 可笑しい/哀しいは紙一重 | トップページ | まず3階から「狂言劇場」を »