« さくら色の遊雀さん! | トップページ | エイプリルフールのご挨拶 »

2008.03.31

「狂言劇場」千秋楽

3月30日(日) 「狂言劇場 その四」 14:00~ 於・世田谷パブリックシアター

Aプロ子盗人」万之介、高野和憲、深田博治、能楽囃子(亀井洋佑、清水晧祐、観世元伯、一噌幸弘)--休憩--「唐人相撲

 一応、十周年記念のフィナーレ、ということなので、千秋楽を見ることに。だから、オマケに取った前回のBプロとは違って、5列目のセンター付近という見やすい席である。ええ、萬斎さんがよーく見えましたとも。

 無料イヤホンガイドの貸し出しが行われていた。これって毎回じゃないよね・・・? 少なくとも前回は見なかったと思う。音漏れが発生して、狂言は静かな分、それがよく聞こえて、ちょっと困ったなあ、というところ(でも私の席だと、ものすごく気になる、というほどではなかったが)。ほかにも、歌舞伎座でもよくあるけど、膝の上から落として音をたてる、とか、何かとお騒がせではあったな。

 さてAプロ。「子盗人」ということは、AプロBプロともに盗人の話なんだ。こちらは万之介さんが、盗みに入る博打打ち(すってんてん)の役。ほぼ万之介さん一人の見せ場、という感じで、垣根の破れたところから入るリアルなしぐさからして楽しい。そして、子どもをあやす「かぶりかぶり」とか「あわあわ」とか、ほのぼの~。なのにどうして主人が出てくると、すぐに刀が抜かれるのでしょう! ちょっと不思議な展開。それと、落語にもやっぱり盗みに入った家で子どもをあやす、というのがあったなあ、と。泥棒は何かとネタになりやすい?

 「唐人相撲」。やっぱりねー、3階からと両方で見たのは正解だった気がする。後方の舞台と橋がかりを使った将棋倒し(と通辞さんが言ってた)や、臆病な武官(月崎さん)が壁にとりついたりするところなどは、上からの方がシーンとして綺麗。でも!萬斎さんが近くで見られて、それはもう幸せ(←単なるバカ)。それで言えば、パンフレットの1ページ目の写真はちょっとなぁ。

 前回見たときとは違う相撲の技が入ってた気がするんだけど・・・。紙相撲のところ。すがぽんさんの前。あと、観客のノリは前回の方がよかったかも、と思うんだけど、それは3階の私の周りが盛り上がってた、ということかもしれない。

 千秋楽なので・・・拍手からカーテンコールの手拍子に。私は特にそれはなくても、という思いもあったけど、とりあえず明るくなっただけでアナウンスもないから、そのまま席に(でも、なんか手拍子は不気味だ)。萬斎さんが一人登場されて短い挨拶。「古典なのでカーテンコールは用意してませんでしたが」「こういう装束のまま挨拶というのも変な感じ」「(唐人相撲への)一般参加の人たちとお客さんのおかげ」「これからもパブリックシアターよろしく」ということでした。

 オトモダチの猫並さんが、「唐人相撲」を歌舞伎にしてくれないかな、というので、キャスティングを考えてらっしゃいましたが・・・私は、皇帝が文句なく富十郎で、通辞が菊五郎(おちゃらかな発言がおかしいから)、くらいしか思いつかないなぁ。相撲取りを菊ちゃんやっとくれ?? 

|

« さくら色の遊雀さん! | トップページ | エイプリルフールのご挨拶 »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

やっぱ、トミーしかないですよね、皇帝は。
そうすると漏れなく太刀持ちに鷹之資がついてくる(笑)
他はいろいろ妄想できましたがっ(^^ゞ

投稿: 猫並 | 2008.03.31 23:47

猫並さま
やっぱりあの皇帝の雰囲気は富十郎でなくちゃねっ あー、もれなく鷹之資? 唐子で、ごろごろ回るんじゃダメですか。あ、でも唐子は虎之介&千之助か。・・・なるほど、妄想できます。

投稿: きびだんご | 2008.04.01 00:22

通詞さんは、菊五郎さんor吉右衛門さんで。
あとの、文官・武官たちは、菊ちゃん、松緑くん、亀ちゃん、亀亀Bros.、左團次さん、歌六さん、三津五郎様、、時蔵さん(敢えて女形で相撲っていうのを、やってみていただきたい! 笑)といった方々を贅沢に配し、それぞれの持ち味を活かしていただき、鬚掻きはうーん、案外、團十郎さんに、道成寺の押し戻しよろしく、大真面目にやっていただくというのも、よいかしら? なんて妄想してみました。

投稿: おまさ | 2008.04.01 12:01

おまささま
うんうん。三津五郎さんや時蔵さんもぜひ、ってところですよね。
私も鬚掻きに團十郎、さんせーい
いやん、妄想するとすごく楽しい。

投稿: きびだんご | 2008.04.01 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さくら色の遊雀さん! | トップページ | エイプリルフールのご挨拶 »