« ナントカ画報を見る | トップページ | 鉄っちゃんとシェイクスピア »

2008.04.18

5月の「音羽屋まつり」に向けて

 はい。個人的に今年5月は「音羽屋まつり」。どうして、親子で同じ月に、歌舞伎座とシアターコクーンに別れちゃったの? 追っかけるのが大変。しかも、上旬は母親が上京してくるので(ということは、フジ子・ヘミングのコンサートに行く)、あんまり出歩けず、さらに日程が厳しくなってしまった。親を歌舞伎座へも連れて行くけど、年とかいろいろ考えると「昼の部」の方が安心なので、まずは昼を見るつもり。

 一方、シアターコクーンの「わが魂は輝く水なり」。チケットも手元に確保して、そろそろ気分が盛り上がってきたところ。折良く、地元図書館で貸し出し中だった原作本(「清水邦夫全仕事 1958~1980 下」)が戻ってきたので、今日、早速借りてきた。仕事前に借り出して、往復の電車で読み終えたくらいだから、そう長くはない。*後ろ見返し写真が「わが魂~」の初演時・宇野重吉!

 萬斎さんが斎藤実盛、菊ちゃんが斎藤五郎(亡霊)だから、それは頭にイメージしつつ読んだ。ほかの配役も楽しみ・・・秋山菜津子と長谷川博己は、きっと、あれかな、とかね。なかなかダイナミックな雰囲気である。

 この後は・・・「平家物語」でもパラパラするかなあ。実は、岩波文庫版は前から手元にあったんだけど、どうしても読みづらくて、この機会にと親本の「新 日本古典文学大系」を買ってしまったのだ。慣れの問題だけど、文庫の、右ページに本文、左ページが注、というのは集中力が切れちゃうんだもん。

 で、去年の7月、歌舞伎座に通ったみたいに・・・来月は、いったい何回、歌舞伎座&コクーンに行くことになるのでしょう(笑)。あーあ、ほんとに親子で一緒に出てくれてたら楽だったのにねえ。

|

« ナントカ画報を見る | トップページ | 鉄っちゃんとシェイクスピア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

音羽屋まつりじゃなくても、5月はあれもこれも!が毎年のことなのに・・・。
歌舞伎座と演舞場とコクーンは、それぞれ1回ずつ押さえましたが、文楽が(涙)。
平日の予定を捻出するしかなさそうですが、どうなりますか・・・。

投稿: おまさ | 2008.04.18 12:11

おまささま
5月はそういえばいろいろあるんでしたっけねー。
文楽はなんだかあっという間に土日が×になっちゃったような気が・・・。
私は音羽屋に集中だぁと思ってたんですけど、ついあれこれと。
その上、チケット代捻出のために仕事も増やしてまして、我ながらウヘヘヘな状態です。家族はきっと呆れて相手にしてくれないでしょう。

投稿: きびだんご | 2008.04.18 19:34

私も、随分前に岩波文庫の5冊セットになった平家物語(ハコに入ってるの)を衝動買いしました。で、枕元に置いてあるんですが、好きなところだけしか読まないので、読んでない部分(熊谷&敦盛にはどうしても惹かれないとか義経は嫌いだとか)もかなりあったりして。
知盛と教経と重衡だけ拾い読みする私って何者(^^ゞ


ようやく来ましたね、チケット。
ウチは、歌舞伎会で買った團菊祭と同時に届きましたが、音羽会にお願いしてる團菊祭分がまだなので、そっちも心配(^^ゞなんたって、そっちのが日程的に先なんで。

投稿: 猫並 | 2008.04.18 21:17

猫並さま
チケット待たされましたねー。「早速ですが」という定型の文面に、「早速じゃない!」と一人突っ込んでしまいました。
なので團菊祭はまだまだ平気、って気がしていましたが、あら2週間後には初日じゃありませんか。今気がついた

「平家物語」は、どうしたって「ツマミ読み」(とは言わないか)になりますよねぇ。どっちみち電車では読まないから、文庫じゃなくていいんだと、古典文学大系を買ったのでした。勉強とか仕事なんかで、これをよく手にしてたので。

投稿: きびだんご | 2008.04.18 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナントカ画報を見る | トップページ | 鉄っちゃんとシェイクスピア »