« 【メモ】府中で落語を聞き落語家を語る | トップページ | 市馬落語は、大人な雰囲気なのだ »

2008.05.15

【告知】すずめ二人會・夏の巻

Suzume  掛け合い噺「すずめ二人會 夏の巻」(中村芝雀&林家正雀)のお知らせです。昨日チラシを貰ってきたので、自発的にPR活動を。やっぱり夏は怪談よねっ。しかも、谷中・全生庵という幽霊の本場で!?

7月4日(金)です。なんと、最初から3回公演が組まれてる。12:00~ 15:30~ 19:00~。できれば、雰囲気のある夜がいいと思いますよ。去年と同じくご住職も加わっての鼎談もあり。掛け合い噺は「怪談牡丹灯籠 栗橋宿」。

 ところで、このところ仕事に精を出してたけど、やっと一息つくことができた。なんとか博多遠征の費用も調達できたかな 自転車操業。またゆるゆる観劇方面に復帰いたします。この間、行けなかった歌舞伎座・夜、シアターコクーン、チェコ語教室。うーん、あんまり仕事しない方がいい気がしてきた。

|

« 【メモ】府中で落語を聞き落語家を語る | トップページ | 市馬落語は、大人な雰囲気なのだ »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

うわーん、この日はすでに千五郎狂言会のチケットが取ってある!
ハシゴできないこともないけど、ハシゴは好かないからなぁ…うーん、悶々

投稿: 猫並 | 2008.05.16 23:41

猫並さま
あらまっ。早くお知らせしなきゃと思ったのに、遅かったか。
えー、私も最近はハシゴをできるだけ自粛しておりまする。文楽を一日通しで、などというのは、最初から諦めるんですけど、全く違うタイプのだと「大丈夫かも」と思ってしまうんですよね。

投稿: きびだんご | 2008.05.17 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【メモ】府中で落語を聞き落語家を語る | トップページ | 市馬落語は、大人な雰囲気なのだ »