« 私の千秋楽:シアターコクーン | トップページ | 続・亡霊こぼれ話:ハムレット編 »

2008.05.28

私だけの亡霊:コクーン余話

 5月も終わったぁ・・・カレンダーにはあと4日もあるんだけれども、惰性で流れていくだけだわ。コクーンも團菊祭も終わってしまった今となっては。

 そんなちょっとせつない気持ちにも襲われるいま、タイトルの「亡霊」とはなんぞや。勿論、「わが魂~」の美しい亡霊サマとは関係ない話。超個人的に、私の前だけに現れたる「亡霊」、それはリアル連合赤軍の彼女、死刑は執行されてないと思うので亡霊にしてしまっては申し訳ないけど、過去の人、という意味で。

 生まれてから四半世紀ほど、私にくっついていた名前が、なんと彼女と同じだったのぉ。同姓同名ってやつですね(漢字表記が同じということです)。あの騒ぎのさなかに中学校を卒業して高校に行ったという、自己紹介には最適の季節!! ほんとーーーに迷惑した。

 だから、いまだに、ひどい犯罪者が平凡な名前だったりすると、山ほどいるであろう可哀想な同姓同名の人のことを思っちゃう(でも、変わった名前なのに同姓同名という方が、もっと悲惨か)。

 ああ、今気がついたけど、その迷惑した名前と、その後の別な名前の「使用期間」が、ちょうど現時点で半々くらいかもしれない。もう自分の昔の名前は忘れたし(いやいや、そんなことはないけど)、それ以上に、連合赤軍事件そのものがとっくに過去のものとなり、みんな過去の人となった。・・・はずなのに、なんでいまさら、こんなところで出てくるのよ!!

 でも、だから4回も見ておいて私がことさら連合赤軍に触れていない、というのではない。どこかに避けたい気持ちも、もしかしたらあるのかもしれないけど(しかし気絶しそうなくらい昔のことだ)、「わが魂~」を見るぶんには、特に必要ないような気がしている。初演当時には、とても意味があったとしても。

 ま、それでも、現実には、名前という「亡霊」が飛び回りつづけたことに変わりはない。千秋楽を迎え、しずかに消えていってもらいたいものである。どさくさに紛れて、ちょっとした告白(笑)なのでした。年もばれちゃうね。

|

« 私の千秋楽:シアターコクーン | トップページ | 続・亡霊こぼれ話:ハムレット編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

確かあの人は「洋子」と書いて「ひろこ」って読むんでしたよね。とすると、音だけ一緒って人も随分いたでしょうけど…やっぱ、重信や大道寺と同名のが目立つような気もしますねー、どっちもどっちかな^_^;
ジャニーズも本名だから、「カメナシ」や「クサナギ」のようなあんまりなさそうな名前はいいけど「キムラタクヤ」は恥ずかしいかもなぁ…

投稿: 猫並 | 2008.05.28 07:55

猫並さま
いや、何よりも、猫並さんがなんでそんなに詳しいのか、っていう方が興味あります。生まれてなかったでしょ、とはさすがに言わないけど まさか基礎知識とは言えないと思うし。
んなわけで、「名前は記号だ」という思いが強くなって、息子の名前をつけるときも、字画を考えたりもせず、意味づけもせず、なのでした。ま、有名人と同じ名前をつけるのは(同姓同名になる場合は)、いくら好きな人であっても考えものという気はします。

投稿: きびだんご | 2008.05.28 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の千秋楽:シアターコクーン | トップページ | 続・亡霊こぼれ話:ハムレット編 »