« 立ち読み雑誌から | トップページ | 文楽第2部は、ちょいとコッテリ »

2008.05.19

2回目のコクーン「わが魂~」

5月18日(日) 「わが魂は輝く水なり」 14:00~ 於・シアターコクーン

作/清水邦夫 演出/蜷川幸雄 出演/野村萬斎(斎藤実盛)、尾上菊之助(五郎)、坂東亀三郎(六郎)、津嘉山正種(ごんず)、秋山菜津子(巴)ほか

 4日(初日)以来、2週間ぶり。初日は正直言って、ひたすら萬斎さんと菊之助くんばかり見ていたようなところもあった(と思うよ)。全く冷静さを欠いてたんだね。でも初日ってのはそんなもんでしょ。えへへ。

 今回はしっかり落ち着いて見たからか、亀三郎さんの存在感がいちだんと強く感じられた。なんだか、菊ちゃんは初日よりも少し抑え気味に思えたんだけど、実際はどうなんでしょう。中日も過ぎて、役者さんも若干お疲れ気味なのか、台詞を噛んだりして(そしてそれは伝染するらしい)。

 亀三郎さんは声がいい!というのは、常々思っていたのだけれど、加えて、台詞回しの確かさ、叫んでいるようでいて聞きやすいなどなど、まずは言葉の部分に注目(これは前回も思ったことで)。その上、力強い視線で舞台を支配する、とでもいいましょうか・・・。特に2幕の冒頭あたりは刮目。1幕の後半、なぜかちょっぴり退屈してしまったんだけど、これで一気に盛り返してそのまま最後まで。

 兼平役の大石継太さんも前回より役として深まっているように思えたけど、これも、前はろくに見ていなかった、ということの証拠なのかもね。・・・そう、なんだかフワフワと「雰囲気で見た」のだろうと思う。

 そういえば、私の周りでは評判のよろしくない「ふぶき」。ま、一直線な若い女性というところでは、ああいう叫ぶ感じもアリですか。聞いてて疲れるけど。というか、逆に妙に記憶に残っちゃうんだよぉ。今日は、着物の褄をほとんどいつも持ってるのが、やたら気になってしまった。私のぐったり度は、彼女による部分が大きい。

 まあそれでも、役者さんに関してはおおむね満足。秋山菜津子の、イメージが喚起されるような台詞術とか、神保-長谷川のコンビネーションの妙とかも。でもストーリー全体を見たとき、時代や場面の設定のわりにはダイナミックさに欠けるような気もしている。それが、70年代前半の閉塞感、と言われればそれまでですが。そして、殺し合いや「狂気」が展開するとき、すでに持っている情報としての連合赤軍をイメージしてしまうことの功罪も、あるのではないかしら。

 そうそう、初日はラストの拍手がフライング気味で、はぁぁと浸ってる間もなく現実に引き戻された、という感じだったけど、今日は私の気持ちとピッタリ合う拍手で、とてもよかった。あ、席は今度は右サイドで初日よりは前の列だったけど、菊ちゃんがよく見えたのは前回の方でした

|

« 立ち読み雑誌から | トップページ | 文楽第2部は、ちょいとコッテリ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、ハマりますよね、亀三郎。
歌舞伎では「悪くない」って思ってたけど、ココでははっきり「いい!」って感じで、もしかしたら男女蔵とか亀鶴も大きな役をさせたら「断然いい」になるのかなぁって妄想しました。猿之助まわり以外は、他流試合をする歌舞伎役者って本業でも大きな役をやってますもん、ゆえにさほど驚かないんですけど。叫びでもささやきでも、言葉を歌舞伎座の幕見席まで届かせるって訓練は伊達じゃないかも(爆)
巴は時空を飛ぶので難しい役ですね。これ、秋山菜津子以外だったら誰にできるだろう…って考えました(^^ゞ大竹しのぶだったら怖いかな、とか。

投稿: 猫並 | 2008.05.19 09:13

猫並さま
そういえば歌舞伎以外の舞台で大きな役をする人というのは、たいてい本業でも大きな役をやってるんですね。亀三郎さんの場合は、一緒に行った友人に「ほらあの役をやった人よ」という説明がなかなかできなくて・・・。「十二夜」ったって、記憶には残ってなかったみたいで でも、ここでしっかりインプットして、次に歌舞伎座で見るときの楽しみができたみたいです。ほんとに長年の鍛錬は、おそるべし、ということでしょうか。底力?
巴は確かに難しい役ですねぇ。冷静になると、菊ちゃんの亡霊も存在自体が難しいから、巴とはまた別の意味での難しさがあるとは思うけど。・・・大竹しのぶ。こちらに向かってくるエネルギーが、大竹しのぶの方が私には強烈なんで、一瞬たじろいでしまうかも。

投稿: きびだんご | 2008.05.19 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立ち読み雑誌から | トップページ | 文楽第2部は、ちょいとコッテリ »