« 【ミーハーメモ】祝・初日、シアターコクーン | トップページ | 図書館に行かなくちゃ »

2008.05.06

親孝行はこれでオシマイ? コンサートに同行

5月6日(火・休) 「フジコ・ヘミング ピアノ・ソロ・リサイタル」 14:00~ 於・東京芸術劇場大ホール

Fuzjko スカルラッティ、ショパン「別れの曲」「革命」ほか--休憩--ベートーヴェン「テンペスト」、アルベニス、リスト「愛の夢」「ラ・カンパネラ」ほか (アンコール:ショパン「ノクターン9-1」、ブラームス「ハンガリー舞曲5」)

 実家の母と一緒に池袋へ。何しろ、上京の目的はこれなのだからねー。画像は終演後、3階席から携帯で写したもの。やっぱり遠かったけど、最前列だし聞きやすくはあった。演奏は、私が聴いた中では(今日が3回目)一番よかったように思う。ご本人がノッてたのでしょうかねぇ。2階の最前列くらいで聴きたかったな。というわけで、今日はとても楽しんだのでした。

 フジコのコンサートでは名物のような、弟・大月ウルフ氏の「ブラボー!」 今日は「お見事」と「素晴らしい」というのもあったよ。

 休憩20分とアンコール込みで、ちょうど2時間くらいかな。私はとっとと帰りたかったけども、老母は「楽屋に行くのだ~」。ほんとに泣く子と老人には勝てないんだ。物販が殆ど終わるまでウルフ氏を待って、何人かで楽屋訪問。取材が入ってるとかで、ここでも待たされた。が、とにかくどこでも「おばあちゃま、先にどうぞ」と、言ってもらえるので一番に、ご挨拶・・・というか、サインを貰ってた。*取材は「誰でもピカソ」らしかったけど、今週金曜のNHK「生活ほっとモーニング」にご出演とのこと。

 楽屋口から外に出たら、「出待ち」らしき人が何人か。申し訳ないです・・・。喉が渇いて、ちょうど目についた「銀座 ライオン」に入りたかったけど、なにぶん母親と一緒ではダメなので諦めた。だけど、どこかで食べさせないとエネルギー切れを起こすしなあ(=胃を切除した後遺症)。というわけで、電車では「座る」のを第一に、食べ物は? トイレは?と、気がつくと幼児連れのようでした。ふー。

 歌舞伎座にも連れて行ったし、これで親につきあうのはオシマイ。仕事がちっとも進んでないんだもの、「明日からは勝手に行動するように」と言い渡してしまいました。

|

« 【ミーハーメモ】祝・初日、シアターコクーン | トップページ | 図書館に行かなくちゃ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

格調高いご趣味をお持ちのお母様で羨ましいです(爆)
そーなんですよね、年寄り連れだと電車にのって座れないと困るから指定席の特急はまだしも地下鉄などは意外と慌てちゃう。ウチは食べ物より飲み物を適宜あたえないとむせ返るのですが、自販機の冷たいお茶は駄目で…でも真冬以外はなかなか暖かいお茶って見つからなかったりして、水筒持たせるようにしてるんですがぁ…

投稿: 猫並 | 2008.05.07 07:14

猫並さま
音楽が好き、とかじゃあなくて、「フジコの追っかけ」なんですからぁ。まあね、女傑の姑を見送った時には70歳に近くなってて、それからすぐに胃ガンになって・・・ですから、好きなように生きてくれればいいですよ。
でも、たまに親がやってくると、出歩くのは大変です。都会を楽しむには 足が丈夫じゃないとダメですかね。やっぱり老後は都心に暮らしたいゾ

投稿: きびだんご | 2008.05.07 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【ミーハーメモ】祝・初日、シアターコクーン | トップページ | 図書館に行かなくちゃ »