« 「声の力」を実感した | トップページ | Чайка*かもめ*居場所はどこ? »

2008.06.23

さとごころがついてしまう「夏祭浪花鑑」

6月22日(日) 「コクーン歌舞伎 夏祭浪花鑑」17:00~ 於・シアターコクーン

勘三郎(団七)、橋之助(一寸徳兵衛)、彌十郎(釣船三婦)、扇雀(お梶)、七之助(お辰)、勘太郎(磯之丞)、芝のぶ(琴浦)ほか

 コクーン歌舞伎での「夏祭浪花鑑」は3回目なんだっけ(初演は見てないが)。正直、あらまた?という感じがあったことは否めない。今日は「着物仲間」4人での観劇だったのだが、生憎の激しい雨で全員挫折。まあ、こんなこともあるわよねー(ああ、都心に住みたい)。チケット取り係の私としては、土曜か日曜を4枚、というので、ちょっと苦労した。けっきょくS列だったけど、でも暢気に見るのには悪くない。(実のところ、中村屋で「夏祭」ということで、そんなにエネルギーを注がなかった、ということですね)

 そして、何回も見てるつもりなのに(含・松竹座)、前はどうだったっけ、というのが思い出せなくて、新鮮に見られる・・・喜んでちゃいけない

 タイトルは、前にも書いた記憶が(ちゃんと)あるけど、玉島、という地名がとても身近だから。なにぶん私の生まれは備中国でございますし、祖母は玉島出身だったから、私も小さい頃はよく行ったので。その玉島へ帰るのなんの、という台詞がしばしば聞こえると、あー私も帰らなきゃなぁ、と・・・。

 前回とほぼ同じキャストだが、違うのは「お辰」。公演期間の前半は勘太郎が、後半は七之助が演じるので、今日は七之助であった。悪くはないと思うけど、なんだろう、迫力不足? あの場じたいが坦々としてた気がする。(また見てる方もちょうど緊張がゆるむ時間帯なのよ)

 そうそう、初っぱなは客席を役者さんが歩いてガヤガヤやってるうちに喧嘩になり、団七が喧嘩相手を傷つけるシーンを見せ、その後の(最初の場に至る)展開を七之助が説明するという親切構成。テンポよく進んでいく。釣船三婦と女房(歌女之丞)がいい味ですワ。

 前回見た時は椅子席の中央ー左ブロック通路際で、今回、団七が舅殺しをしてしまった後、駆け上っていったその通路なんだけど、前は通らなかったよなー、と。記憶違いかしら。第2幕の団七の家も、照明は前はああじゃなかった気が・・・。今回、気に入らなかったところがあるとすれば、この場の照明。太鼓が迫力ですごかった。これは前の方で見たかったな。

 しかし、ラストはほんとカ・タ・ル・シ・ス!という感じ。ベルリン・ルーマニア公演の凱旋だけあって、壁? 

 いきなりのスタンディング・オベーションにはさすがにビックリ。もう、ですか、と。串田さんも舞台に上がられた。たまたま笹野高史さんのお誕生日で、2度目(?)のカーテンコールの際に、紹介され、プレゼント贈呈。畳紙から赤い物が出てきたので、チャンチャンコ?と思ったら、そんなはずはなく、フンドシでした。笹野さん、袴の上からそれを身につけ、赤い帽子を手にして踊ってみせたり。カーテンコールでも芸達者でしたわー。

 チケットを買う時に、15日にするか(T列だった)、22日にするか(S列)、ものすごく迷ったんだけど、22日のサプライズが見られてよかった、と思うことにしよう。休憩時間、2階に上がる階段下あたりに勘三郎夫人が(一緒にいたのは橋之助の息子たちなのかな)。いかにも「梨園の妻」という雰囲気が周囲を圧してた。横顔が橋之助と似てるー、と思ったのでした。

|

« 「声の力」を実感した | トップページ | Чайка*かもめ*居場所はどこ? »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

そうそう、泥場のラストって、前回は中央から左右にはけてましたよね?っていうか、駆け上がってきた記憶はないんですが…だからビニールシートに驚いたんですが、私もかなりあいまいなもんで(^^ゞ

勘三郎夫人、私は見るたび「芝翫に似てる、一番似てる」と思ってますが、橋之助も芝翫に似てますな…うん、似てますな(^。^)

投稿: 猫並 | 2008.06.23 18:20

猫並さま
団七が駆け上がっては来なかった、けど、祭りの人たちは通った、という記憶なんですよ。でも、確かに椅子席にもビニールは置いてあった・・・。いやー、記憶は限りなく曖昧です。
芝翫-長女-次男をつなぐのは、鼻から下、顎にかけてのラインではありますまいか

投稿: きびだんご | 2008.06.23 23:23

きびだんご様と猫並様の芝翫-長女-次男譚には思わず吹き出しました。
親子兄弟って、普段はそんなに感じないのに、時々びっくりするくらい似ていると思う瞬間がありますよね。私は先日、福助さんが芝翫-橋之助の間に入ってきたのを一瞬感じました。
勘三郎さんの「夏祭」は、私、初見でしたので、すっかり楽しみました。
玉島、どんなところなんでしょう、歌舞伎関連地域には一度は行ってみたいな、なんてお芝居を見ながら<たびごころ>を燃やしたりしております。

投稿: SwingingFujisan | 2008.06.25 08:39

SwingingFujisanさま
ほんとに楽しさに溢れてますよね。こういうあたりは、さすが勘三郎というしかない。
似てるということで言えば、勘三郎-勘太郎-七之助は、顔よりもむしろ声の方で、より感じる私。

そうそう玉島ですが、「失われた地名」と言いましょうか・・・新幹線の新倉敷駅は、在来線当時は「玉島駅」だったのですよ。

投稿: きびだんご | 2008.06.25 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「声の力」を実感した | トップページ | Чайка*かもめ*居場所はどこ? »