« 今週の市馬落語は、曇のち晴 | トップページ | さん喬師匠には弟子が10人 »

2008.06.14

「アフタースクール」3人の目

6月14日(水) 「アフタースクール」 於・シネクイント 15:00の回

監督/内田けんじ 出演/佐々木蔵之介、堺雅人、大泉洋、常盤貴子、田畑智子ほか 

 なんとか仕事にケリをつけて、ちょっとほっとした水曜日の午後。時間的にもとても都合がいいので、出かけたついでに渋谷パルコpart3へ。ここなら(カード特典で)安く見られるし、と思っていたら、そもそもレディースディで1000円なのでした。ラッキー。こんな平日昼でもかなり混んでいて、センターブロックを指定したら後ろの方・・・でも、小さい映画館だから問題ナシ。

 映画は二番館でたまに見る、というくらいなので、「こんなに予告編が多いのか」と、お目当てを見る前にちょっとグッタリ。

 それはともかく・・・映画はとても面白かった。ストーリー上の面白さを書くとネタばれになってツマンナイから、それはできないけど、出演者それぞれ、いかにものような、裏切られるような。サスペンス・コメディって言われるの?

 一応の役どころとしては、中学校教師の大泉、アヤシイ(いかがわしげな)探偵・佐々木、普通のサラリーマンの堺とその妻で出産直前の常盤・・・。まあイメージできて意外ではないかな。そして、そのイメージ通りに進んでいくんだなー。あ、堺雅人が行方不明になって、そこの上司から依頼された探偵・佐々木が、堺の同級生だった大泉を訪ねる、というのが発端。

 スクリーンにアップで映る佐々木蔵之介の、暗い(すさんだような)目が印象的だったな。あんまりそういうふうに彼を見ないので余計に。それで思うに、「目」といえば、堺雅人の穏やかそうないつもの目、大泉洋の単純っぽい目・・・これに騙されてると、穏やかな目の裏には何がある、単純そうな目を信用するな、ということになって、蔵之介のラスト近くの目(暗いということではない)になっていくんだなぁ。

 常盤貴子を見ながら、映画ではとてもいいのに舞台はどうもね、なんて余計なことを考えちゃった。時間があいた昼下がりに見るにはちょうどいい感じの映画でした。

|

« 今週の市馬落語は、曇のち晴 | トップページ | さん喬師匠には弟子が10人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おお、ご覧になりましたかあ。私も狙っているのですが、ありがたくも次々と切れない仕事に、同じく次々と切れずに見る芝居で、なかなか行かれません。
とにかく「アフタースクール」と「マジックアワー」は何とか見たいとアセっております。

投稿: SwingingFujisan | 2008.06.14 13:19

SwingingFujisanさま
映画とか美術展のように、あらかじめ日時を決めてチケットを買ったりしないものは、どうしても後回しになってしまうんですよね。
でも、どこかでポッカリあいた時にはぜひ!
「マジックアワー」は、見る前にお腹いっぱい状態でして、沿線の二番館くらいでいいかな、そのうちテレビでもやるよね、という感じです。

投稿: きびだんご | 2008.06.14 14:54

見てきました~。面白かったです。3人3様によかった。
「アフタースクール」「かもめ」「夏祭浪花鑑」、全部きびだんごさんが先行です。私は今日がコクーン。「かもめ」も7月に入ったら見る予定です。

投稿: SwingingFujisan | 2008.06.24 11:30

SwingingFujisanさま
アフタースクール、騙されてたぁ、でしたよね。面白かった。
私は今月、歌舞伎座、演舞場に行けず、です。3階Bを確保したのもあったのですが、つい稼ぎを優先してしまう

投稿: きびだんご | 2008.06.24 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の市馬落語は、曇のち晴 | トップページ | さん喬師匠には弟子が10人 »