« 「瞼の母」までの長い道(ほぼ雑談) | トップページ | 博多探訪記・・・は、また後日 »

2008.06.06

洋楽のホールで能楽囃子を聞く

6月5日(木) 「シリーズ『歌』VOL.11 歌舞音曲」 19:00~ 於・紀尾井ホール

素囃子道成寺組曲」(おはなし:挨拶) 舞囃子 酌之舞」 舞囃子安宅 延年之舞」--休憩--大鼓一調勧進帳」(おはなし:メンバー紹介) 居囃子松風」(おはなし)舞囃子邯鄲 盤渉

大鼓/亀井広忠 笛/一噌幸弘、一噌隆之 小鼓/大倉源次郎、吉阪一郎 太鼓/助川治 (観世流シテ方)谷本健吾(融)、観世喜正(安宅、松風)、味方玄(邯鄲)、山崎正道(謡・勧進帳)、川口晃平

 亀井広忠さんプロデュース。6月12日の1回公演の予定だったのが、本日の追加公演となった。挨拶の中で、本公演よりも先に追加公演とは、なんて亀井さんが仰ってたけど、こうなったのもひとえに彼の忙しさゆえ、みたい。今月は24の舞台がある、とのこと。

 私はたぶん、世田谷パブリックシアターの「狂言劇場」で気分が盛り上がってたのと、紀尾井ホールなら木曜でも遅刻せずに行ける、と踏んで、残り少なくなっていたチケットを購入(紀尾井ホールの公演チケは、たいていこのホールで買う)。実際、6時半くらいに会社を出たのに、「駆けつけ一杯」とワインを飲む余裕もあったんだから(また飲んでる、と言わないで)、紀尾井ホールさまさま。ただし、席は2階の正面ブロック4列目。2階1列がずらーっと空いていて、主催者取り置きの席だったのかなぁ、と。

 最初はあまりに音が響くので、少し落ち着かない気分になったけど、すぐに慣れて、どれも面白く聴けた。私は能楽囃子だけというのは萬斎さんがらみの会でしか聴いてないので、それは「素囃子」か「舞囃子」だった。で、今回はそれに加えて、「大鼓一調」「居囃子」というのを知った。それがどちらも素晴らしかった!! 要するに、謡+囃子、というのが好きなんでしょうか。

 特に「松風」がよかったなぁ。お能だとすぐ寝ちゃうのに、聞き惚れちゃった。静かな抑えた曲で、亀井さんによると、こういう曲の方が大変なんです、とのこと。これは、また機会があったら、ぜひ聴いてみたいな。

 メンバー紹介と上に書いたけど、これは亀井さんが一人で出演者と自分の関係を話した、ということで、ご本人たちが舞台にいらしたわけではない。すべての曲で大鼓を打ち(ほかの方は交代で)、しかも何度もおはなしを、と、ほんとに大活躍。気さくな雰囲気、なのに、あの演奏の緊張感 すっかりファンになってしまいますわ。

 ところで、紀尾井ホールは(コンサートには)それほど大きくもなくて、いいホールだなぁと思った。今回初めて2階席から見たけど、ここで暢気にチェロとか聴くのもいいんじゃないの? なーんて思ってみたり。

|

« 「瞼の母」までの長い道(ほぼ雑談) | トップページ | 博多探訪記・・・は、また後日 »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

またまた、接近遭遇でした! 紀尾井だったら、お互い近くていいですよね(笑)。わたくし、1階の歌舞伎座でいうところの桟敷の位置で拝見しておりました。
お囃子って、面白いですよね!(笑)

「道成寺組曲」は、残響にちょっと違和感を感じましたが、だんだん馴れましたね~。源次郎先生の乱拍子、初めて伺いましたが、ウワサ(「死ぬんじゃないか!?っていう声をかけるんだよ~」と聞いていたので)にたがわぬ迫力でした。
静かな曲の方がシンドイっていうのは、いろいろと和の音楽をかじってみて、なんとなくわかる気がします。

大ホールは、はじめて入ったのですが、シンプルな作りで、好感度高かったです。バッハの無伴奏チェロ組曲とか、たしかによさそうですね、あの空間で聞くの・・・。

今回、「松風」の後の広忠さんのMCを伺って「やっぱり見所、見えてるのねぇ~」と思いました・・・。あまり前のほうで見ることはないので、まぁ、いいんですけど(笑)。

味方玄さん、はじめて拝見したのですが、結構、お気に入りかも・・・。テアトルノウに行けないのが、残念です・・・。
あと、「勧進帳」の山崎さんもよかったですね♪ 六郎先生のご親戚筋の方っていうのは、初めて知りました。
お能も拝見してみたいです。

わたしは、「本」公演もチケットとったのですが、あちらは一調が3つもあるし、最後に「獅子」もあるので、これまた楽しみです。

投稿: おまさ | 2008.06.06 12:30

おまささま
あらまっ。ノーマークでした いや、本公演にはいらっしゃると思っていたのですが、こちらもでしたか
確かに両方行く価値がありますよね。演目もほぼ違うし。なんて贅沢な会なのでしょう。
あの「桟敷席」ふうの場所には、ちょっと憧れます。追加公演に気がついたのが遅かったから、買えただけでもヨシとしますが・・・。それに後方から暢気に聴く、というのは結構好きだな、とも気がついたし。
そう 勧進帳もとてもよかったです。ああいう「一調」というスタイルも初めてだったのですが、もっともっと聴いてみたいな、というところ。本公演はそれが3つですものね。羨ましいゾ。
あ、大ホールでは私は秋吉敏子と、幸田弘子の朗読を聞いた記憶があります。今回は能楽囃子だから、クラシックは一度も聞いてないわけだわー。2Fで休憩時間にお茶というのも、夜景が少し見えてなかなかいい感じでした

投稿: きびだんご | 2008.06.06 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「瞼の母」までの長い道(ほぼ雑談) | トップページ | 博多探訪記・・・は、また後日 »