« 大銀座落語祭で落語漬けの一日 その1 | トップページ | 米朝一門ニュース »

2008.07.21

大銀座落語祭 その2

柳家喬太郎と上方落語(その1)」 開口一番(立川こはる・真田小僧)、笑福亭たま・胎児、喬太郎・ほんとのこと言うと--笑福亭福笑・絶体絶命、喬太郎・純情日記横浜編

 上方の2人についてはほとんど予備知識ナシ。・・・知らなかったけど、この会は新作落語の会だったのね。古典は前座のこはるちゃんだけ。2度目のこはるちゃんは、テンポも滑舌もよくて、現代的なセンスもあって、感心しちゃった。

 たまさんは、NHKの大阪ローカルの番組(録画をもらった)で、顔は見たことがあった、というくらい。なんか、三遊亭白鳥もビックリの高座でのあばれぶりと言いますか・・・帯を途中まで解いて「へその緒」にしてみたり、逆子の会話ということで、倒立したまましばらく喋ったり。動作が破壊的なたまさんと、もう一人の福笑さんは噺自体が破壊的。うーーん。何も知らずに快楽亭ブラックを聞いた時以来の衝撃でした。頭の中では「なかったこと」にしておこう(笑)。

 しかし、喬太郎さんはちょっと働き過ぎよね。1席目のマクラでは、「昨日おとといの独演会の後だから抜け殻」なんて仰ってましたが。でも、明日は大銀座で12時開演の会で1席、その後、浅草演芸ホールに2時に上がって、鈴本・昼席のトリ。そして大銀座に戻って同じ博品館にて「喬太郎と上方落語(その2)」なんだって。追っかける人も大変ね。

 図らずも、昨日の純情日記渋谷編に続いて、今日は横浜編。久しぶりに聞いた。今まではおもしろくて笑いながら聞いてた横浜編だけど、今日はちょっとジンとしちゃった。やっとデートに誘った女の子に、告白するときの若者の心情に胸を打たれて・・・。喬太郎さんがこの噺を作った当時は、携帯電話もなかったし、横浜の風景も様々に変わっているのだろうが、告白するときのある意味必死な気持ちは、変わらないんだと思うし、想像共感することができるんだよね。

 それにしても、渋谷編と言い横浜編と言い、男の子は不器用で純粋なんだけど、女の子は、現実的だわね。ちっとも「悪気」がないところが、そういう年代の特権でもあるかしら?

 【オマケ】喬太郎さんの2席目のマクラでは、彼が新卒で勤めていた福家書店の話も。なんたって博品館のすぐそばだしねぇ。私はJUJIYAホールから移動してくるときに福家書店に立ち寄って、折良く見つけた倉橋由美子の新刊を買ったところだったんだよー。

|

« 大銀座落語祭で落語漬けの一日 その1 | トップページ | 米朝一門ニュース »

落語」カテゴリの記事

コメント

もしかして~喬太郎さんの追っかけ!?(笑)
それにしても、米朝一門と福笑一門を連続で聞くなんて!
私でもやった事がない、っていうか…、
福笑一門は苦手なんですよ。
たまさんがデビューした頃は演出など、今までにない工夫を凝らしているので、頑張っている若手、ということで聞いていたのですが…
やはり私の範疇には入ってこなくて、最近はほとんど聞いていません。
福笑さんは面白いと思うこともありますが、なんか疲れてしまうんですよね。(笑)

だから、毒気の少ない米朝一門の会へ行くことが多いのかな?

いやいや、お疲れ様でした。

投稿: やどかり | 2008.07.21 10:01

やどかりさま
上方の落語好きにも感心されるセレクトの私って・・・
米朝イズムの会の方は、どれも面白かったんだけど、正直5席聞くのは疲れます(でも1200円)。
そしてそして、大銀座には市馬師匠の会が2つもあったのに、それではなくて喬太郎さんを聞いてるのも不思議ですよねぇ。

今回のビックリは、職場の知人グループ(うちマイミク2人)と、この米朝イズム→喬太郎、の流れが全く同じだったこと。こんな無謀(笑)な試みをするのは、私だけじゃなかった。

投稿: きびだんご | 2008.07.21 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大銀座落語祭で落語漬けの一日 その1 | トップページ | 米朝一門ニュース »