« パブリックシアターで落語! | トップページ | 大銀座落語祭 その2 »

2008.07.20

大銀座落語祭で落語漬けの一日 その1

Daiginza03 Daiginza02 Daiginza01_2 7月20日(日)「落語の明日 大銀座落語祭 2008

米朝イズムの会」 15:00~ 於・JUJIYAホール

柳家喬太郎と上方落語(その1)」 18:30~ 於・博品館劇場

 今年でファイナル、という「大銀座落語祭」(7/17~7/21)。私は初回に一度行ったくらいで、後はとんとご無沙汰だったんだけど、今年はちょっとだけ行く気になった。

 殆どの会の入場料が1200円~1500円ということもあって、チケットがとても取りにくい。当初「米朝イズムの会」だけのつもりが、「喬太郎」を譲ってもらえることになって、昨日今日と妙に落語な日々。

 画像は右から、会場で配っている団扇、落語祭のパンフレットの表紙および、中を開いたところ。画はみなみしんぼうさん。団扇はJUJIYAホールでは選べなかったけど、博品館では「好きなのを」ということだったから、昇太さんのを。そして、帰りにはなぜか海老蔵の伊藤園のがあったので、それも貰った。あ、裏っかわはどれも「大銀座落語祭2008」の文字。

米朝イズムの会」 桂吉坊・まめだ、桂米二・けんげしゃ茶屋、桂小米・口合小町--仲入り--桂宗助・足あがり、桂千朝・はてなの茶碗

 折角のこういう機会だから「上方落語を聞きましょう」と思って選んだ会。チケット引き換え時間ぎりぎりにファミリーマートへ行った話は、以前書いた。どうも、この会には因縁があるらしく、開演時間を1時間間違えて2時前にJUJIYAホールに行ってしまった。エレベーターの中でチケットを確認したら、「あら~、3時からか。じゃあ急いで来なくてもよかったのに」と。ま、逆じゃなくてよかった。そして、場所が銀座なだけに、近くのお店をのぞいていれば1時間くらいはすぐにたっちゃう。

 吉坊さんと宗助さんは以前聞いたことがあったけど、他の方は全く初めて。噺からいえば「はてなの茶碗」だけが知ってる噺で、あとは見当もつかなかった。「けんげしゃ」とはゲンかつぎのこと、口合はシャレ、だったかな(笑)。へぇぇ、と思いながら聞いていたから、あっという間に時間がたった。で、知ってる噺がアダになって、最後の「はてなの茶碗」の前半は時々意識がとびそうになった。

 会場(ビルの9階)に行くのに、小さいエレベーターが1基しかないのがねぇ・・・。開場時間を15分くらい過ぎて十字屋のビルに着いたのに、まだまだエレベーター待ちの人の長蛇の列! 帰りは「階段もどうぞ」と言われて、階段を使ったのはいいけれど、やけにグルグルした階段だったので、下にたどりつく頃には「車酔い」のような感じになっちゃった。ま、もう行かないと思うからいいけども。

|

« パブリックシアターで落語! | トップページ | 大銀座落語祭 その2 »

落語」カテゴリの記事

コメント

去年まではD春師を追っかけてチケットとっていたのですが、チケットとりが大変なので、今年はもういいや・・・と思ったのですが。

最終日に、正蔵さんと小米朝さんが演舞場で「勧進帳」をなさる、それもマジで!というのを4月にこっそり教えていただき、そりゃ見なくちゃ!と(笑)。

そして、予想通り、ご指導は三津五郎さま!正蔵さんとは仲良しで、海老蔵襲名の時に團十郎さんの代役ですばらしい弁慶をなさったので、たぶん、三津五郎さまにお稽古を頼むだろうなぁ〜と推量いたしました。

はい、明日のグランドフィナーレだけは、行きますよ〜

投稿: おまさ | 2008.07.21 01:55

おまささま
ほんとにチケットが取りにくいですよね。というか、先行などのシステムが今ひとつ不透明な感じがしてしまって(常連さんなど「お知らせ」をもらってる人はいいのかもしれないけど)。
歩行者天国の銀座で幟を見ると、すっかり定着した「いい感じ」でした。でも、もうオシマイなんですね。
おまささんは「グランドフィナーレ」ですか これは全くノーマークでした いまパンフを見たら、富樫を小米朝さんがなさるのですね。ピッタリ。ところでこのパンフ、第2部の出演者の「花緑」さんの字を間違えてる 主催者の一人なのに可哀想(でもゲストの名前の誤植よりはマシかな)。

投稿: きびだんご | 2008.07.21 08:25

会場で配られたパンフレットでは、な〜んと!三津五郎さまのお名前が間違ってましたよ(怒)。
板東って、英二じゃないってば〜!!!とひとり、突っ込みを・・・。

黒子姿で、上下の幕だまりから舞台を見ているアヤしい人が、三津五郎さまでした(笑)。
ふだん、黒子なんてなさらないから、気配がアリアリで、かえって目立っちゃうんですよね(爆)

投稿: おまさ | 2008.07.22 01:18

おまささま
えーーっ。「板東」三津五郎ですか。
いっちばん誤植を出してはいけないお名前じゃないですか。全く~
でも、黒子姿の三津五郎丈、私も拝見したかったワー。意識に入れてなかった自分が、情けないです。・・・(弁慶はともかく)小米朝さんの富樫を特に見たかったな。あの衣裳がすごくお似合いだったでしょうね。

投稿: きびだんご | 2008.07.22 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パブリックシアターで落語! | トップページ | 大銀座落語祭 その2 »