« 「不条理劇から情理劇へ」 | トップページ | 【メモ】井上ひさし×蜷川幸雄 »

2008.07.11

今日は天中殺(古いっ)に違いない

 お芝居の感想もたまっているんですが(でも2つだけか)、それよりも今日のトホホを聞いてたもれ。

 今日は8月納涼歌舞伎、歌舞伎会特別会員の発売日。いつもはギリギリ11時に会社に滑り込むのに、今日は20分前に到着。PCに向かわなくっちゃ(途中、携帯からはログインできず)。・・・と、気持ちがあせってたのでしょうか、会社・通用口の真ん前の横断歩道を走っていて、足首をグギッ 路面がちょっと盛り上がっていたのに足を取られたのです。イタタタタ・・・と思いつつも、まあ大丈夫のよう。

 会社で早速「勤務時間外だからねー」と、PCに向かう。まあこんなに出遅れてるんだから贅沢は言わないワ。3階2列くらいで手を打ちましょう。しかしありえないことに、歌舞伎会のIDを間違えてしまった。えっ パニックになって、関係ない「ぴあ」のIDなんかが頭の中をぐるぐる(携帯から別件でちょっと「ぴあ」にもアクセスしたからでしょう)。何回か大うそを入力してるうちに、「あと2回だったら云々」の警告までもらう始末。あ~う~。「落ち着きゃ一人前」と、言い聞かせてやっといつものIDを頭から引っ張り出しましたが、こんなこともあるのねー。メモして持ち歩こうかしら。

 やれやれと仕事してたんですが、夕方近くになって、朝、捻った足首がズキズキ痛み始め、え~っ 保険証は持ってるけど近くに適当な病院はナシ、それにパルコ劇場へ行かなくっちゃ。こういう日に限って、仕事が少なくて早じまい。ハンパに時間が余るけど、ウロウロするには足が痛い。うーん、どうしたらいいの? まあ早めに渋谷まで出て考えよう、と、半蔵門駅へ。

 しかししかし。歌舞伎鑑賞教室がちょうどハネた時間らしく、半蔵門駅前の交差点には高校生がうじゃうじゃ。ダメじゃん。一緒に階段を下りたりホームで待つ気にはなれない。お茶していくかぁ。ここでの選択肢は新宿通沿いの「ドーカン」か、駅の向かいの「麹町カフェ」だったけど、近場がいいやと、麹町カフェへ。早めの夕食はまだ欲しくなく、スイーツでそそられるものもなく、結局お茶だけ(ドーカンだったら「そばサラダ」があったなあ

 この頃が一番痛かったんだよねー。パルコまでの道は、正直、杖がほしいくらいでした。いつもなら、パルコの本屋さんを眺めるんだけど、行ってはみても「座りたーい」。でも、劇場の席に座ったら座ったで、「やっぱり痛~い」。ま、お芝居は私の苦手なネタのわりに面白かったし、帰り道ではかなり回復してたんですけども。

 でも、明日は午前中に病院かなぁ。一晩寝たら治ってるといいけど・・・。もう若くないってことかしら。しくしく。

|

« 「不条理劇から情理劇へ」 | トップページ | 【メモ】井上ひさし×蜷川幸雄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

へー、そんな警告出るんですか?
何回目だろ…試してみたいなー(^^ゞ
セキュリティ強度はできる限り試してるんですが、2度や3度間違えてみても出なかったですよ、確か。
しかも、ちけぴ…ちけぴって、私がもってるチケット系IDの中で唯一自分で設定できるIDだった気がするんですが…だから単純に自分のフルネームです、私は。
あとは全部Givenの数字だから、一番短い歌舞伎会は覚えられるけどイープラスとあぜくらは見ながらじゃないとイケませんです。

ともあれ、災難でしたね。渋谷は坂だし。
起きたら足首がよくなってますように(祈)

投稿: 猫並 | 2008.07.12 01:03

捻挫。。。ねぇ。年とると大変ですよ~、治りが遅くて。昨年11月にテニスに励んでいたおり、試合中に足が攣って倒れた拍子に何でも足首が変にゆがんだそうな(と、ダブルスのパートナーが言っとりました)。本人、痙攣の痛みと生まれてはじめての試合途中の棄権にすっかり気をとられ、足首の痛みなど全く気づかなかったのですが、数日して「ん?」。ということで8ヶ月以上たった今日に至るも足首は「ん?」状態のまま。ま、歩けるだけイイか。

投稿: クヮン | 2008.07.12 01:25

あっちゃー! それはそれは・・・
一夜明けて、いかがですか?

わたしは、会員IDなんてぜったい覚えられない!ということで、パソコン任せですよ。
なので、自力で入力せねばならない場合は、アドレス帖(お手紙を書く機会もめっきり減ったし、電話番号は携帯電話任せなので、あまり記入してないんですが)を引っ張り出して、見ながら入力です。

暗証番号が自分で設定し直せるモノは、だいたい同じものにしていますし(一番最初にプロバイダー契約した時に割り振られたパスワードが未だに現役だったり 笑)。
ときどき、桁数とか文字数・種類が合わなくて、違うのを使わざるを得ないと、次にアクセスした時に、相当考え込むことも・・・。

昔は、電話番号の20や30は、軽く覚えていたのが、今ではウソのようです(ーー;)

投稿: おまさ | 2008.07.12 08:36

猫並さま
おかげさまで、湿布の効果もあったらしく、目が覚めたら何ともなくなってました。いつもチョコマカ若いつもりで走ったりしてるんだけど、「ちょっと待て」と言われた気分です。
ID番号、持ちすぎなのかも。歌舞伎会は短いだけに覚えてる(はず)=メモしてない、というのが、裏目に出ました。もう、自分を信用しない
「ちけぴ」はIDもパスワードもお仕着せです、私の場合。私はパスワードに自分の名前を使うことが多いのですが、それもたまに誕生日と組み合わせてみたり、携帯入力しやすいものにしたり・・・収拾がつかないのが諸悪の根源かもしれません。

投稿: きびだんご | 2008.07.12 08:46

クヮンさま
まあっ。8ヶ月以上たっても「ん?」だなんて。いま、治ったゾーと浮かれてちゃいけないでしょうか・・・。でも、「ん?」と思いながらもテニスしてらっしゃる? 

>年とると大変ですよ~、治りが遅くて。
ほんとにねぇ。お互い気をつけましょう!!

投稿: きびだんご | 2008.07.12 08:55

おまささま
ありがとうございます。朝は快調ですけれど、このままでいけるのかどうか、ちょっと不安、というのが、昨日のあれこれトラブルの後遺症というところです。
私は基本的にパソコンに記憶させてないんですよ。というのも、その昔、それをやったがために、すっかり忘れてしまい、必要になったときに問い合わせだのなんだので、大変な思いをしたから。
ほんとに、今は電話番号を覚える、ってこともなくなりましたね。電話機が覚えていてくれるから。私は自分の携帯番号すら、さっさと言えません。

投稿: きびだんご | 2008.07.12 09:07

うわわ、大変なことになっていたのですね
まずは、足首、大事に至らずにすんだようで(今のところ)、安心いたしました。
IDって、お仕着せだとなかなか覚えられません。以前、銀行のパスワードを忘れて、カードを作り直す羽目になったことがあります(銀行の場合は当然ですよね)。歌舞伎会でも制限があるんですね。考えてみれば、際限なく違うIDやパスワードを入れていれば怪しまれても仕方ありませんよね。
私はよくアクセスする劇場などは手帳にIDとパスワードを書いています。だから安心してパソコンに記憶させています
足首、油断することなく、お大事になさってくださいね。

投稿: SwingingFujisan | 2008.07.12 20:01

SwingingFujisanさま
どうもありがとうございます。どうやら大丈夫のもようです。でも、昨夜、知人に「足が痛いよぉ」とメールしたんですが、実はその知人が足首を骨折したばかりだったそうで。知らずにそんな暢気メールを送っちゃったことが、天中殺のトドメみたいでした。

実は歌舞伎会のIDとパスワード、去年の手帳には書いていたんです(去年入会したばかりだから)。覚えたからもういいや、と自分を過信しました。これからは「忘れる自分」「逆上する自分」を肝に銘じます。

投稿: きびだんご | 2008.07.12 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「不条理劇から情理劇へ」 | トップページ | 【メモ】井上ひさし×蜷川幸雄 »