« 微妙に野田秀樹の日:まず池袋 | トップページ | 今年の圓朝まつりは、太陽光線弱めでした »

2008.08.10

野田秀樹つながりのハシゴ?:歌舞伎座メモ

8月9日(土) 「八月納涼歌舞伎 第三部」 18:15~

紅葉狩」勘太郎、橋之助、巳之助、高麗蔵ほか 「野田版 愛陀姫」勘三郎(濃姫)、七之助(愛陀姫)、橋之助(木村駄目助左衛門)、三津五郎(織田信秀)ほか

 初日である。本当は見に行くつもりはなかったんだけど(後日行くので)、ついついwebを見ていたら、3階7列とは言いながら上手側の通路右が! この位置は前の人が気にならなくて好きだし、納涼で安いし、いいか~とポチッ。こうして松竹の罠にまたもはまっているのであった。

 ネタバレも何なので、さくっと書いておきます。「愛陀姫」は最初から最後まで、勘三郎が真面目な固い演技なのにまずビックリ。なにぶんアイーダ→愛陀姫だの、占いの荏原・細毛コンビだのの話題先行で、もっとくだけたお話かと、勝手に想像してたので。木村駄目助左衛門とか、多々木斬蔵(亀蔵)という名前ほどには、あらゆるものがヘンテコではないのである。

 舞台美術は、ほほーという感じ。とても好き。ただ、戦勝パレードあたりは、私は少し乗り切れなかったかな。スクリーンで映像をうまく使ったり・・・好き嫌いが分かれそう、というか、別に歌舞伎でなくても、という感想のモトになるかもね。

 七之助くんが熱演。そして三津五郎さんの存在感もさすがでした。ただ、幕が下りてから拍手の中、なかなか場内が明るくならなくて、すでにカーテンコールが予定の行動と言いますか、明るくしてくれたっていいんじゃないの?とは思った。野田さんが舞台に上がるまでも、かなり時間がかかったしね。

 第三部の開場前から、篠山紀信さんの姿が見えてたのだけど、幕間には篠山さんと串田和美氏が歓談されてました。個人的には、歌舞伎座10月の演目、出演者がわかったのが、とてもとても嬉しかった。

|

« 微妙に野田秀樹の日:まず池袋 | トップページ | 今年の圓朝まつりは、太陽光線弱めでした »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

篠山紀信、串田和美、野田秀樹
これだけ揃うと、やっぱりスゴイという感じがしますね。
第3部は千穐楽に行く予定です。愛陀姫、ヘンテコではないんですかぁ。って、私もヘンテコを想像(というか期待に近いかも)していました。アイーダの曲がどのように使われているのか、楽しみです。
ご心配をおかけしましたブログ(まったく、「私、何かしでかしたかしら」と怯えました)は、SwingSwingSwing part2として、性懲りもなく再びココログで新規に始めました。今後ともよろしくお願いいたします(新URLでコメント投稿いたしました)。

投稿: SwingingFujisan | 2008.08.11 00:27

SwingingFujisanさま
再開(というかpart2のスタート)おめでとうございます。早速お知らせいただき感謝感謝。

納涼の第3部、千穐楽にいらっしゃるとは、素晴らしい。でも、ちょっと待ち遠しくもあるでしょ 初日は特に、皆さん緊張気味で、これから面白いこともおこる・・・かもしれませんね。でも、基本はとてもマジメです。祈祷師コンビがいてもなお。音楽も含めて、お楽しみに

投稿: きびだんご | 2008.08.11 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 微妙に野田秀樹の日:まず池袋 | トップページ | 今年の圓朝まつりは、太陽光線弱めでした »