« 【メモ】3階正面から、源平布引滝を再見 | トップページ | 落語メモ »

2008.09.24

【メモ】やっと歌舞伎座・昼の部

9月24日(水)歌舞伎座・昼の部「逆櫓」「日本振袖始」

 今日も朝から走っておる。午前中の用事を済ませて銀座駅に着いたのは12時35分くらい。そこから地下道をダッシュして、チケットを発券、3階に駆け上がり席に着くとほぼ同時に幕が開いたのだった。ひーはー。

 「逆櫓」は昔、見たような気もするんだけど、という程度。いや~、3階にいるのに(だからこそ?不思議なほどに)吉右衛門がすごく大きく見える。圧倒的な存在感。ほれぼれ、という感じで見ていた。歌六の台詞のひとつひとつも胸に響くし・・・。昼の「逆櫓」は祖父の、夜の「盛綱陣屋」は祖母の、孫に対する情愛が、理屈ではなくこちらに届く。普遍的なものなんだろうなぁ。正直言うと、歌六-東蔵というのは親子ではなく夫婦に見えちゃったけどね。

 「日本振袖始」は全く初見。近松門左衛門の作と知ってびっくり。こういうのも作ってたんですか! なにぶん舞台は出雲ではあるし、(土地柄か年齢のせいか)私は神話などにも子どもの頃に親しんでたんだよね。と、それだけでも、はや興味がわいてくる。前半では美しく不気味な岩長姫、後半は迫力の八岐大蛇に、もう目を奪われてました。大蛇の立ち回りもちょっとダンスっぽくて綺麗。

 秀山祭は、昼の部の「竜馬がゆく」だけは見られなかったけど、どれも見応えがあって、あらためて歌舞伎を見る楽しさを実感した。そして、吉右衛門の魅力にも酔ったのでした。

Sumitomo Izumo06 ←オマケ画像。歌舞伎座の後に行った新宿の住友三角ビルの敷地には、出雲大社の社があるのです。お参りすると恋が叶うんだっけな。それと出雲のお菓子お弁当の包み紙。

追記:別件(仕事がらみ)で文楽のことを調べていたら、なんと2年前の、燕三さん襲名披露の演目が「逆櫓」だった! 見た記憶があったのは文楽でなのか??

|

« 【メモ】3階正面から、源平布引滝を再見 | トップページ | 落語メモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

その節はお気遣いいただきありがとうございました。

と。
なんと!私も観てましたよ、昨日。
おろち踊りのアタマに大声で騒いでいたバアサン@3階席は、錯乱した私…ではありません、念のため。

投稿: 猫並 | 2008.09.25 08:44

猫並さま
おお、いらしてましたか。いつもなら猫並さんは?と気にかけるんですが・・・。
私は3階2列13でした。あの声はかなり遠くからなのに、響き渡ってましたよね。雑踏で友人を見つけた、ってくらいの雰囲気。

投稿: きびだんご | 2008.09.25 09:03

>正直言うと、歌六-東蔵というのは親子ではなく夫婦に見えちゃったけどね。
わたしも、まったく同じことを・・・(笑)。

「竜馬」も、なかなかようござんしたよ。

投稿: おまさ | 2008.09.25 12:10

おまささま
そうですよねぇ・・・歌六-東蔵って夫婦にちょうどいい感じなんだもの。歌六-芝雀だったら親子っぽいけど、でも芝雀さんはお筆がとてもよかったしなあ。
「竜馬がゆく」、前回も見てないので、わりと簡単に(苦笑)諦めがつきました。

投稿: きびだんご | 2008.09.25 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【メモ】3階正面から、源平布引滝を再見 | トップページ | 落語メモ »