« 【メモ】たっぷり!亀治郎さん | トップページ | 地獄の三連休、禁・観劇 »

2008.09.10

カフェ青猫にようこそ!

9月10日(水) 「恋愛喜劇 青猫物語」 14:00~ 於・シアタークリエ

作/マキノノゾミ 演出/山田和也 出演/北村有起哉、黒谷友香、きたろう、近江谷太朗、北村岳子ほか

 同好の士の皆様は、この「青猫物語」ではなくて、コクーンへ「人形の家」を見にいらっしゃるのでは、という9月。私は北村さん見たさに、ものすごく前にチケットを買っていた。「東宝ナビザーブ」でね。そうしたら1列のセンターブロックだったので、篠井英介さんに続いて、北村さんもかなり至近距離で見ちゃいました 顔ぶれが地味なせいか、客の入りはちょっと苦戦。私も安い企画を見つけては(生協などでも)ガッカリもしてたのだけれど、でもかぶりつきで見られたのだから、文句は言いません。面白かったし。

(「人形の家」はコクーンシートを一旦確保したものの、チケットぴあの期限を間違えていてボツ。縁がなかったのでしょう。)

 お話は、昭和8年、戦時色が強くなっていく東京。築地小劇場裏のカフェー「青猫」が舞台である。盲目のマスター(きたろう)がいて、彼が「時」や「状況」の説明役でもある。

 私は午前中、小田島雄志氏の「ハムレット精読」というカルチャーの講座を聴いて、その足で劇場に行ったのだけれど、席に着いて舞台を見れば、おや「ハムレット」のポスターが貼ってある。物語は、築地小劇場の八起静男(北村)演出による「ハムレット」の上演中なのにフォーティンブラス役者がまだ来ない、というドタバタが、発端かな。「ハムレット」とはあまりといえばあまりな偶然。今日、授業で読んだのは4幕なんだけど、フォーティンブラスの出番は5幕なんだよねー。だから、「まだ来ない、じたばたじたばた」が可能なんだけど。

 一つの軸には、演劇の問題がある。舞台にも特高の刑事が出たり、検閲などなど、時代との関わりの中で。それと、リアリズムとはなんぞや、感動とはなんぞや、演劇の力は?と(そうは言わないけど)、伝わってくるものがあった。そして、もう一方は、このカフェに下宿している踊り子・そら(黒谷)と八波の恋の顛末。

 ま、タイトルに「恋愛喜劇」と入っている通り、荒唐無稽だったりもしてずいぶん笑っちゃったな。北村さんって、長身の、長い手足をぐんにゃりちょっと脱力気味に使うのが、妙におかしくて(そういうところは大倉孝二と通じる)。黒谷さんも、以前、つかこうへいの芝居で見た時よりも、生き生きと綺麗に見えました。

 あと、劇団員のほかにも、若いカップル(ニセ帝大生と、日比谷高女の生徒)と教師、そらの客である金持ちなんかもいるけど、脇の人たちがみな手堅いというか、うまいと思った。

 ほんと今ひとつ地味なのが惜しいけど、しゃれた大人の喜劇と言えそう。平日の昼下がりは、こんな肩の凝らないお芝居で、気分もすっきり幸せでした。

|

« 【メモ】たっぷり!亀治郎さん | トップページ | 地獄の三連休、禁・観劇 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

これ、さんざん迷った末、9月は他の演劇を入れるまいと固く心に誓ったため諦めたのでした。
おかげさまで、軽く見たことにしました

今日、母のところに行って、一緒に散歩してきました。これも、きびだんご様のおかげです。ありがとうございます。

投稿: SwingingFujisan | 2008.09.10 23:18

SwingingFujisanさま
昨日はさわやかなお天気だったので、お散歩にはちょうどよかったですね。やはり少しでも、外の空気に当たると違いますもの。付きそう我々にも、また別の時間が流れ、別の物を見る、という気がします。う~、私も「最近、外に出たがらなくて」などと諦めずに、散歩に行きます!
今月からしばらくは、観劇の優先順位がとても大事になってますよね。うっかり勢いで取ってしまって、もはや後悔しているものも・・・。

投稿: きびだんご | 2008.09.11 09:30

今月も来月も、勢いでチケットとったけど・・・という事態が発生しておりまする。

「人形の家」と赤坂大歌舞伎がぴあの抽選で同じ日に当たってしまい、さらにその日に職場の送別会も入ってしまい、「人形の家」が宙に浮いていたりします(T-T)
(歌舞伎を観てから、送別会に合流という力業を使う事に・・・汗)

来月は、行かないつもりだった、名古屋の顔見世に「やはり行こうかな!?」という新たな要素が発覚しまして。そのためには、平成中村座を諦めないと!という状況でございます・・・。

さて、どうしたものか・・・。

投稿: おまさ | 2008.09.13 07:38

おまささま
ああ、ここにもお仲間が。演目や出演者を見て、「わ~っ」と思って申し込むんだけど、実際見るまでのタイムラグがクセモノです。
それに「ぴあ」「イープラス」って当たりやすくなってますよねぇ・・・。「当たらなくてもまあいいけど申し込んどくか」というのは絶対当たる気がします。私の場合はナイロン100℃に当たってしまいました。そんな場合じゃないっつーの。

御園座 名古屋は日帰りできるから、よけい「行きたい」って気持ちになりますもの。悩むところですね・・・。

投稿: きびだんご | 2008.09.13 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【メモ】たっぷり!亀治郎さん | トップページ | 地獄の三連休、禁・観劇 »