« ミッドタウンでのんびり、の金曜夜 | トップページ | チェンバロの響き、雷鳴付き »

2008.09.06

グーグーの季節

Good ←昨日の朝刊と、我が家に第1巻だけある「グーグーだって猫である」。

 今日が映画公開初日なので、ここのところ、小泉今日子をよくテレビで見かけた。会社の最寄り駅にも、大きな映画ポスターが貼ってあって、ちょっとビックリ。なんで、この駅に? 映画館はないし、版元もここじゃないよね・・・。

 けっこう片寄った漫画人間であるわたくし。一番好きな漫画家といえば迷わず大島弓子の名前を挙げる。のではあるけれども、全くの創作が好きなので、猫モノはそれほどでもない。だから「グーグーだって猫である」も1巻しか持っておらず、この新聞で、はや4巻まで出ているのかと、感慨深かった。

 私はグーグーの初めのころを連載時にリアルタイムで読んでたような気がしてたけど、どうやらそれは誤解で、グーグーの前の猫、サバの話の時らしい。(大島弓子が)腹痛が続く、とか、怖がってないで早く検査に行きなさいと読者に言われた、などという記述があったと記憶している。このグーグーでは、彼女は卵巣腫瘍を手術していたのでした。

 そういえば朝日カルチャー・新宿で、「大島弓子の作品読書会」という全2回の講座もある(デビュー40周年とのこと)。

 さて映画は・・・。舞台は吉祥寺だし、原作にも馴染みがあるんだけどねぇ。 

|

« ミッドタウンでのんびり、の金曜夜 | トップページ | チェンバロの響き、雷鳴付き »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミッドタウンでのんびり、の金曜夜 | トップページ | チェンバロの響き、雷鳴付き »