« 河合祥一郎訳「マクベス」 | トップページ | いま戦争の時代を語ることについて »

2008.10.29

洒落てて笑える、幸せな「私生活」

10月28日(火) 「PRIVATE LIVES 私生活」 19:00~ 於・シアタークリエ

作/ノエル・カワード 翻訳/松岡和子 演出/ジョン・ケアード 出演/内野聖陽(エリオット)、寺島しのぶ(アマンダ)、中嶋朋子(シビル)、橋本じゅん(ヴィクター)、中澤聖子(ルイーズ)

 昼間見た(聞いた)ドラマ・リーディング「マクベス」よりもうんと前から、この日に「私生活」を見ると決めていた。しのぶさんの舞台は、ここ何年かほぼ見てきているのだ。音羽屋の皆さんの中では、一番早くから意識的に彼女を見ていたと言ってもいい。翻訳ものはちょっと苦手、と思うこともあるので、今回は1回だけ。

 公演プログラムの表紙に「芸術祭参加作品」とあって、へぇー。このプログラム、中身はそうでもないけど、見た目は「安っぽい」。しかも広告ページがわりとあるんだけど、パッと開いた瞬間に、みのもんたの写真にお目に掛かりたくはなかった。

 3幕構成で、第1幕:海辺のホテルのテラス 第2幕:その2、3日後のパリのフラット 第3幕:翌朝のフラット。メイド役の中澤さんは第3幕に少し出るだけなので、ほぼ4人のお芝居と言っていい。

 その4人が揃ってうまいから、たくさんの会話(基本的に2人:男と女の会話)、状況がストレートに楽しめる。それにしても、チラシやパンフの写真と違って、「取り残される、それぞれの夫婦の片割れ」シビル&ヴィクターが、冴えない雰囲気に作っていて(髪型なんか特に)、ちょっとお気の毒なほど。その分、アマンダの素敵な雰囲気が強調されてたかな。アマンダはもっと「鼻持ちならない」女かと思ってたけど、そうでもなかった。でもまあ自分に忠実?

 第2幕は、互いの相手から逃れてきた2人の、他愛ない喧嘩と仲直りの繰り返し。エリオットがピアノの弾き語りをし、そのピアノへアマンダが飛び乗って鍵盤の近くで歌うシーンがとても印象的だった。私は内野さんの舞台にそれほど縁がないんだけど、歌うとすごく甘い声だなと実感する。・・・そういえば、彼が主演した「メタルマクベス」は面白かった。あれは本筋ではけっこう「マクベス」に忠実だったねー、と一瞬思い出しちゃった。松たか子が相手役だったのでした。(しかも橋本じゅんも出てたんだし。マクベスつながり、かつ、わが魂~つながりの一日)

 そして、舌戦だけじゃなくて、椅子やテーブルを倒しちゃうほどの激しい喧嘩には、面くらい大笑いし・・・。いやー、こんなに笑えるとは思ってもみなかった。第3幕、私の前の席で、菊ちゃんの肩も揺れてましたワ。

|

« 河合祥一郎訳「マクベス」 | トップページ | いま戦争の時代を語ることについて »

演劇」カテゴリの記事

コメント

そうか、楽日あとの公演日だから観に来てたんですねー、菊ちゃん。
私は初日に観たんですが、当然のように純子奥さんと旦那さんが観てました。となると、うーん、オヤジは来ないんだろうか…オヤジと遭遇したい!
これ、作品は随分古いそうですね(知りませんでした)。なのに、古さを全然感じない内容(今の話で通じる)と、時代を感じさせるのにそれがスタイリッシュに見えるファッションが、嬉しいというか素敵というか偉いというか。
もう一回、今度は楽日に観る予定なんですが、ますます楽しみになってきました。キーンもDiverも今月観たし、サド公爵夫人も観たんだけども、今月のストレートプレイはコレが一番良かったです!

投稿: 猫並 | 2008.10.30 07:26

猫並さま
登場人物はお金持ちらしいとはわかるけど、そういうことは場面設定に表れてるくらいで、ひたすらプライベートな愛情問題での丁々発止、ですよね。
アマンダが、いきなり「姉」がいることにしちゃった後、1902(?)年に死産だった姉がいるのは本当、と言った時点で、おおっと思ったのが、唯一、作られた時代を感じさせたくらいかな。大恐慌前の、よき時代だったのかしら(と、ただいま現在を思ってみたりする)。
ほんと、これは面白かったです。2時間半ほどの間に、見てる方も完全燃焼しちゃったような、爽快感さえ感じます。
楽日、いいないいなー。

投稿: きびだんご | 2008.10.30 08:50

うわっ、菊ちゃんが来ていたなんて 

しのぶさんが可愛くって可愛くって、内野さんのだらしなさが素敵で、橋本じゅん・中嶋朋子がしょぼくて(2幕目ね)、とにかく笑って笑って、私も完全燃焼した感があります。
途中、エリオットって何で食べてるの?と思わないでもありませんでしたが、そんなの関係ねえ、でしたね。まさに「私生活」。

みのもんた、まったく同感です

投稿: SwingingFujisan | 2008.10.30 09:30

SwingingFujisanさま
菊ちゃん さすがに音羽会にお願いした席だけのことはあります。休憩時間にはシャンテの方へ行ってたようですよ←チェックしてる
しのぶさんも、ほんと綺麗で、細いですよね。今年の新年会(黒のワンピースでした)で、「ほそっ」と驚いていたので、今回は驚きはしませんでしたが。
役柄的に、もっとイヤな女かと思ってたんですが、可愛かったですねー。

投稿: きびだんご | 2008.10.30 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河合祥一郎訳「マクベス」 | トップページ | いま戦争の時代を語ることについて »