« 好天の宮島 | トップページ | 白桃+ピオーネ=カレー »

2008.10.07

波乱の宮島行(旅のてんまつ)

 去年9月の「万作・狂言十八選」@出雲大社に、母親を連れて行き、たいそう楽しかったのが発端。次は金丸座か、厳島神社での公演に行こう!と決めていた。金丸座(9/26、27)の方が雨の心配はないし、実家からも近いのだけど、月末は私の仕事が忙しくて休めないかな、と、厳島神社に。台風が来ませんように! というのだけが心配だった・・・はず。

 ところが、25日の夜、父親がお風呂で意識を失うという緊急事態発生。2日ばかり検査したけど、特に異常はなく「年齢相応」との診断だった。でも、母親はとても旅行には行ってられない、とのこと。私もキャンセルしようか、と思ったものの、どっちみち実家に行くのではあり、チケットもホテルも予約済みだし、入院してるわけでもないしなぁ、と決行することに。当初、岡山の友人に声をかけて誘おうとしていたら、息子が「行こうかな」と言うので、それじゃあ、と(第一、孫が行けば喜ぶでしょ)。

 しかし、もう一つの「想定外」の出来事が。去年の出雲大社行きでは事前の計画がちゃんとしてなかったため、公演後の出雲大社に取り残されそうになった(バスやタクシーがなくて)。老人連れでそれではいけない、と反省して、今回は近畿日本ツーリストで、宿泊と船便のみのツアーに申し込んでいた。しかーし、1週間前になって、人数が少なくて帰りの高速船チャーターはなし、という連絡が来て、えーーっ 代替として、普通の連絡船+タクシー(という名のワゴン車)とのことで、ムムム。この場合、約束が違うとキャンセルすれば、通常2割のキャンセル料はかからないのか?と思ったりしたけど、いかんせん、その頃の私は仕事で頭がいっぱい。ほんとに宮島に行けるのか、という他の要因もあって、ままよ、という気分だった。

Miyajima_2  兎にも角にも、無事に行けることとなり、鉄ちゃん息子は3日(金)に学校からそのまま出発。私は4日の朝、新幹線で広島まで行き、ここで合流。最近、一緒に旅行してなかったから公共交通好きを忘れてたんだけど、ホテルまで「タクシーなら早いよ」と言っても、断固NO。路面電車に乗り、そして最寄りの停留場から15分ほども歩いて、やっとホテルに到着した。

 宮島まではホテルの桟橋から高速船(ほんとは帰りもこの楽々ルートだったはずなのに)。ま、唯一の「余禄」は、この高速船で萬斎さんや石田さんたち若手メンバーと一緒だったことくらいかな。やはりホテルから一緒だったおばさま3人組のうち、1人が和服で、息子は「着物で行こうという考えはなかったのか」と私に聞いてきた。うーん・・・ないね。着物は気持ちに余裕がないと着られませんワ、と。やっとここまで来た、という状態なんだもの。今いろんなことを「楽しむ」ということ自体が、すごく脆い基盤の上にある、というのを、あらためて実感したのだった。

 宮島に着いてからは、あなご丼を食べたり(焼き牡蠣もあったんだけどねぇ)、大鳥居のそばまで行ったりして開場を待った。ちょうど夕暮れ時で、のどかな美しい光景でした。鹿も普通に歩いてるけど、多すぎるという感じでもない(噛まれないように、という注意書きあり)。

 狂言そのものを観る環境としては、出雲大社の方がよかったかな、とは思う(なにしろ出雲では前から2列目の中央だったので)。ひたすら縦に長かった出雲の客席とは異なり、厳島神社の能舞台の観客席は、横に展開していて距離もあり、ちょっと集中力が必要であった。ま、横に展開していたから、能舞台に向かいつつ、鳥居や対岸の陸地の灯りなども見えて、また趣もあったのだけれど。

 ふだん、座布団に座るということがない息子には、狂言を見ることよりも「座る」ことが苦行以外の何ものでもなかったもよう。前後左右ギチギチで、たしかに辛かったです。

 翌朝はバスで広島駅まで。ここでまた「ゆっくりルート」の息子と別れて、私は新幹線で岡山に行き、友人とお喋りをしつつ息子を待ち、実家へ。とことん同一行動をしない親子なのであった(帰京は彼が1日早かった)。帰りの飛行機では、私は久しぶりに窓側に座ったので、雲の表情を様々に楽しんだのだった。機内番組がちょうどチェコの音楽で、ドボジャークやヤナーチェクなどを聴けてよかった。

|

« 好天の宮島 | トップページ | 白桃+ピオーネ=カレー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お父様、その後いかがでいらっしゃいますか? 
お母様も、お父様のお世話やら、ご心配やらでお疲れのことでしょう。
どうぞ、お大事に。

宮島、わたしはいつか友枝さんのお能を拝見したいなぁ~と思っているのですが、「見たいなぁ~」と思い始めてはや幾年月のこんぴら歌舞伎すら行っていないので・・・。

投稿: おまさ | 2008.10.08 15:05

おまささま
どうもありがとうございます。
まあ2人とも80過ぎてますからねぇ・・・。
いろいろ注意信号だったと思うことにします。
こんぴら歌舞伎は、私もまだ行ってないのです。次はそれだわね でも、東京から中四国は遠いですよぉ。まだ博多座の方が気楽かも。
厳島神社の能舞台はほんと素敵でした

投稿: きびだんご | 2008.10.08 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好天の宮島 | トップページ | 白桃+ピオーネ=カレー »