« 朝も昼もシェイクスピア | トップページ | 「から騒ぎ」を楽しむ(講義+観劇) »

2008.10.12

平成中村座の2階席!

10月11日(土) 「平成中村座十月大歌舞伎 Bプログラム」 16:45~ 於・平成中村座

通し狂言 仮名手本忠臣蔵 五段目、六段目、七段目、十一段目」仁左衛門(大星由良之助)、橋之助(斧定九郎)、孝太郎(おかる)、勘太郎(千崎弥五郎・小林平八郎)、七之助(竹森喜多八)、勘三郎(早野勘平・服部逸郎)ほか

 大阪からやってきた市馬&仁左衛門ファンの友人と一緒に見たのだが、彼女は昼のAプロから続けて。なんてタフなんだ。私はBプロのチケット取りを担当したのだけれど、歌舞伎会会員の特典が生かせそうになかったし(先行発売日に仕事で、昼過ぎまでアクセス不可)、人気の度合い、つまり取りにくさが予測できなかったので、ついついイープラスに申し込んでしまった。土曜の夜というのは激戦かなぁ、と思ったためでもある。

 そうしたら、軽く当たって(松席は外れて竹席が当たり)、その席が2階左1列、10番台前半だったの。私は座席表を見間違えていて(1階の左を見てた)、思っていたのよりずっと舞台に近くて、ほんと行ってみてビックリしたのだった。ちょうど花道七三の上あたりで、もちろん歌舞伎座などよりうんとコンパクトだから、すごく近い。花道もよく見えて、なかなかいい席だった気がする。目眩がしそうなほど「上乗せ料金」がかかって(申し込む時には全然意識してなかった)、ガックリしてたけど、まあ仕方ないやと諦めることにする。

 とは言え、六段目の勘平の苦悩などは多少遠くても正面から見た方がいいかな、とも思う。こういうキッチリした役の時の勘三郎は好きだなぁ・・・と思うと、塩冶判官や戸無瀬も見てみたくなるんだよね。うかうかとは買えない金額だから、諦めちゃうけれど。

 この席の良さは、やはり役者さんを近くから見られるということ。七段目の仁左衛門さんは満喫いたしましたワ。やわらかな関西弁が、祇園なんだよねと教えてくれる。孝太郎さんも綺麗(前にも書いた記憶があるけど、綺麗に見えるときとそうじゃない時の落差が激しいので)。妹の雰囲気もよく出てたし。

 ただ、六段目の与市兵衛方の前半は、ちょっと間がもたないというか、おかや、一文字屋お才が、もっともっとどっしりしてたらなぁ、と。近くで顔が見えるから、余計、どっしり感不足を感じるのか?と思ったりした。実のところ時々意識が飛んだりも。

 勘太郎、七之助兄弟が、どちらもすごく綺麗で、そんな風に実感したのは初めてだった。勘太郎くんは最初、千崎弥五郎で出てきた時もそう思ったけど、十一段目の小林平八郎では特に。化粧が似合ってたのかしらん。誰かと思ったじゃん、という感じ。亀蔵さんの判人源六は意外なほどアッサリしてたけど(そういう流れだったと思う)、最後の討入りや引き揚げの場で、大勢の中に混じりながらもきっちり感情が表れていて目を引いた。

 私が雷門に着いた3時半頃は、仲見世も人・人・人で、大にぎわい。せっかく久しぶりの浅草だったのに、こりゃカナワンと、できるだけ人の少ない所を選んで歩く始末。またゆっくり浅草を散歩したいものだ。でも芝居小屋の良さを満喫して(ヘリコプターの音が3回くらいしてたけども)、楽しい一日だった。

|

« 朝も昼もシェイクスピア | トップページ | 「から騒ぎ」を楽しむ(講義+観劇) »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

勘三郎さんの勘平、よかったですねぇ。勘太郎クン、私もいつもとは違う素敵さを感じました。七之助クンも男っぽくてびっくり。
仁左様は、キリっとした江戸っ子風に、そこはかとなく漂う上方の雰囲気がミックスされて、私も満喫いたしました。
小屋という空間で舞台に近いせいか、芝居の空気も濃いような気がしました。

歌舞伎座より割高でもいいし、立ち見でもいいから、幕見がないものかなあ、と思います(法律的な制限なんかもあるのかもしれませんね…)。もう一度見たくたって、おいそれとは行かれませんもの 

投稿: SwingingFujisan | 2008.10.12 12:16

SwingingFujisanさま
こうして舞台を見ていると、勘三郎さんは嫌いじゃないというか、けっこう好きなんだよね、私、と思うのですが、時に「こってり具合」に満腹することもあるのです。そういうのがまさに好みの問題なんでしょうか。
勘太郎くん、やはりそうですよね 若々しい色気があるというか、要・注目、と思いました。
あれだけの小屋を作り、大勢のスタッフがキビキビ働き・・・料金が高くなるのも仕方ないかもしれないけど、でももう少し敷居が低いといいですね。

投稿: きびだんご | 2008.10.12 18:27

昨日、Cプロ・Dプロを通しで見てきました。
勘太郎・七之助兄弟はまさに「進境著しい」という言葉がピッタリの昨今です。
Dプロでは兄弟で七段目。これがかなりよかったですわ! 六段目の勘平もよかったし。
それに、ごちそうで判人に勘三郎さん、二人侍に仁左さん!
いやはや、いい意味で、贅沢したなぁ〜っていう気分です。

投稿: おまさ | 2008.10.14 07:23

おまささま
おおっ、ABCDの完全制覇ですか ABも通しでご覧になったのですよね。いいなぁ。
兄弟には、Bを見ただけでもすごく惹きつけられましたもの。ほんとこれから一層注目ですね。
近寄ってはいけないweb松竹に、ふらふら行ってしまいそうでコワイです

投稿: きびだんご | 2008.10.14 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝も昼もシェイクスピア | トップページ | 「から騒ぎ」を楽しむ(講義+観劇) »