« ナイロン50℃(!?) | トップページ | 【メモ】顔見世大歌舞伎・夜の部 »

2008.11.09

先代萩は、菊→海老の黄金リレー

11月8日(土) 「花形歌舞伎 夜の部」 16:00~ 於・新橋演舞場

通し狂言 伽羅先代萩」花水橋・竹の間・御殿・床下・対決・刃傷  菊之助(政岡)、愛之助(八汐)、獅童(荒獅子男之助)、海老蔵(仁木弾正)、松緑(細川勝元)ほか (「龍虎」は未見)

 金曜日に、いつもなら見ている(つけている)NHK「おはよう日本」で、この菊之助政岡が出てた・・・らしい。たまたま15分ばかり消していた間にそのコーナーがあって、私がつけたときにはアナウンサー氏が「今月25日まで新橋演舞場・・・」と紹介して終わる瞬間であった 知らないなら知らない、見ないなら見ない、それでいいのに、この最悪のタイミングはなんなのでしょう。思い出しても腹立たしいゾ。

 でもまあ、翌日には見に行くのだからと、やや気を取り直して。

 今月の夜の部は16時開演 オトモダチに教えられなければ、絶対ボンヤリ30分遅れで行ってたにちがいない。ふ~っ で、菊ちゃん政岡を最高に楽しみにしているわりには、この前はいつ見たのか、なんて考えもしてない。花水橋が始まってから、ああ、松竹座で見たんだ、この頼兼が菊ちゃんだった、と即座に思い出す私。でも、亀三郎さんゴメンナサイ。早く政岡を見たい一心で・・・。

 竹の間。私の席がセンターブロックよりも少し右寄りだったこともあって、愛之助・八汐がまっすぐに目に入ってきて・・・コワイ。無言で座っている間はずっとこの八汐に直撃されてる感じでした。これも嫌でも仁左衛門・八汐を思い出すわけで。

 子役2人は上手だったわねー。特にちっちゃい千松くんは、福助人形みたいな可愛らしさ(え、あれは可愛くないのか? まあ私にはあんなイメージ)。いくつなのかなあ。で、菊ちゃん政岡。どういうわけか、昼の部をかぶりつきから見ることになってるんだけど、どうせならこちらを前で見たかったなぁ(と、対決・刃傷までは思ってた)。私はやっぱり御殿の場に集中しちゃいましたさ。時にその感情の伝わり方が、歌舞伎っぽくない、と思える瞬間もあったものの。これから先、「31の時の初演を見たの」と自慢してうるさがられる大ババになるまで、ずっと見守りたいですワ。

 床下。獅童は喉の調子があまり良くない様子。そして、対決・刃傷なんだけど、いや~、海老蔵の魅力にクラクラしました。なんたって菊ちゃんを見に行く、というつもりの先代萩だったもので、うっかりしておりましたが(笑)、こうして人は海老蔵に惹きつけられていくのね、という感じ。これを最前列で見たら迫力ありすぎかしら?とも思った。私の7列くらいがちょうどよかったのかも。でも、海老蔵ってば、やはり眉毛をぴくぴくが過剰じゃないかなあ。

 ・・・と、菊之助→海老蔵、という花形を満喫しちゃったもので、その後、行きたい所があったこともあり、ついに踊りをパス。愛之助&獅童くんには申し訳ないことです。でもね、「先代萩」だけで気持ちをいっぱいにして帰りたかったのよ 顔見世の「盟三五大切」の後は、頭をカラッポにしたかったんだけどねー。ワガママなもんであるよ。

|

« ナイロン50℃(!?) | トップページ | 【メモ】顔見世大歌舞伎・夜の部 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

私はそのNHK、2回観ちゃいましたよ。昼過ぎにもやってたんです、同じ特集を。朝見て、舞の稽古に行って、帰ってきたらまた観て。
っていうか、朝の特集だったから、こりゃ金曜だし、8時半過ぎの「この人にときめき」のゲストが菊ちゃんじゃ?!と思ったら、歌舞伎は歌舞伎でも人間豹染五郎でがっかり。でも時間があったから最後まで観たんですが、そのねばりが効いたのか、昼にも一度。

ええ、私も菊之助の初演を観たのよと自慢するつもり…っていうか、それくらいしか、やっぱり、うん。

投稿: 猫並 | 2008.11.09 18:59

猫並さま
私はもちろん、「この人にトキメキっ」だけは見ましたよ(自虐的に言ってます)。ほんとに、なぜあの瞬間だけTVを消してたのか(消したのは息子だ)。
でもNHKにはよく音羽屋一家が出ますよね。出演情報をホームページで知らせてくれる、なんてことは・・・この先もありえない気がする。
菊・政岡の初演の記憶はいいんだけど、もれなく、「問注所」での役者トラブル(足の痺れ)もセットでついてくるかなぁ。いろいろ起きているらしい先代萩


投稿: きびだんご | 2008.11.10 01:20

やっと夜の部見てきました! 菊ちゃんの政岡、美しく凛々しくでしたねぇ。

3階にいたので、海老の仁木のせり上がりはほとんど見えませんでしたが、空気だけでも十分、緊迫感が伝わって参りましたよ。

刃傷は、すんごい迫力でしたね。男女ちゃんの逃げっぷりがまた、◎な感じでした(笑)。男女ちゃんは、お父様そっくりになってきた気が・・・。

最後の踊りは、うーん、わたしにはなんかよくわからん踊りでした。龍と虎がなぜに毛を振るの???みたいな。
三津五郎さま振り付けとありましたので、何かの折にぜひ、三津五郎さまで拝見してみたい(前に歌舞伎座で踊られているようですが、拝見していないので)です。

菊ちゃんと嵐くんの「吉野山」のお雛様写真があったら買おうと思っていたのですが、なかった・・・。
2ショットだと売れない、とかあるんでしょうか???

投稿: おまさ | 2008.11.21 12:10

おまささま
あぁぁ、私ももう一度見たいですっ 水曜までだったら、チェコ語をさぼって行くんだけどなあ。菊ちゃんが綺麗で綺麗で、ねぇ
男女蔵さん、ほんとお父さんとそっくりになってきましたよね。お年のわりに老け役が不思議に似合ってて。
松緑くんは昼夜ともに、きっぱりいい感じ、と思いました。
写真 やっぱり後半に行かなきゃダメだわー

投稿: きびだんご | 2008.11.21 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナイロン50℃(!?) | トップページ | 【メモ】顔見世大歌舞伎・夜の部 »