« 11月の忘れ物:演舞場でかぶりつき | トップページ | 【メモ】国立の復活狂言 »

2008.12.01

やっぱり三谷さんはパルコ劇場で!

11月30日(日) 「グッドナイト スリイプタイト」 14:00~ 於・パルコ劇場

作・演出/三谷幸喜 出演/戸田恵子、中井貴一 音楽/荻野清子 演奏/高桑英世(Fl.)、庄司知史(Ob.)山根公男(Cl.)、荻野清子(Pf.)

 先に見に行った人から、「5分前に三谷さんの声でお喋り(携帯の注意ほか)が始まって、そのままお芝居になるからそれに遅れないように」 と連絡があった。まあ休日の昼間でもあり、余裕で着席 確かに、三谷さんのはお知らせというよりぐだぐだお喋り、という雰囲気。5分前の合図があってから緊張した状態で開演を迎えられたくない、ということでしょうか。しかし、彼は声いいのよねー。

舞台の下手が演奏スペース。中央の(半)円形の扉=タイトルが書いてある、が開くと、そこにはベッドが2台。どうやら、妻が出て行く日のことらしい。ここからスタート(以下、ネタバレあり)

 最終的には別れることになった夫婦の、様々な「場面」が、時系列は無視して(「時」があちこちしながら)進んでいく。その「時」は舞台上手の上方に出るデジタル数字で表されるんだけど、私みたいに文字情報に囚われやすい人間には、とっても不向きな設定であった。最初、10250くらいの数字(忘れたけど)が出ていた時に、結婚して30年というからきっとこれは日数だな、とは思い、そのためにも頭の中で掛け算をしてるし、以後も数字が変わるたびにまず計算したり考えたりしてしまう。ま、職業病に近いんですが・・・。

 そして、夫婦それぞれの(喧嘩じゃなくても)主張の仕方が、「うへへ、あるある」みたいなところも感じて、なんだかリアル。芝居が進んでいくにつれて、彼と彼女が、どういう仕事をしていて、どういうふうに出会って、決定的にはどうして別れるのか、というのがわかっていく。その間に、様々な笑いがある。ペットの「タロー」にはやられましたワ。全くねぇ、犬かと思ったわよ。楽団の人たちも積極的に参加してるし。

 面白かったんだけど、そのリアルさの部分がなんだか心から楽しめなかったかもしれない。うぅむ。全くの作り物の絵空事の世界(?)が好きかもしれない。いや、これだって作り物といわれればそうだけど・・・。中井貴一さんがすごく弾けてる、という前評判にも期待しすぎ?(むかし段田安則さんと2人でやったのも相当変でその時の方がインパクトがあった)。

 でも、パルコ劇場は見やすいし、やっぱり三谷さんにしっくり合ってる、という気がする。これで渋谷駅からの往復の道が楽しければ言うことないのに。

|

« 11月の忘れ物:演舞場でかぶりつき | トップページ | 【メモ】国立の復活狂言 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

ああ、開演前のお話は演出?としてずっと続いているんですね。
私はプレビューの初日に見たせいで、あれがプレビューゆえなのか、それともそういう仕込みなのか、どっちなんだろう?って思いました。
ペット、骨壷があって、それからタローという名前があって、想像させて答えを出す見え見えの仕掛けなのに、やっぱりクイズの答えのように予測してしまった自分が悔しかったです(笑)

投稿: 猫並 | 2008.12.02 08:47

来週、見に行きます!!
5分前の情報、ありがとうございます。
声「が」いい→同感です~
私も文字情報にとらわれる可能性があるので、気をつけます

投稿: SwingingFujisan | 2008.12.02 16:25

猫並さま
プレビューも何日かあったようですが、初日にいらしたんですね。どんな感じなのか、ちょっと見てみたかったです。楽団の人とのあれこれは、増えてるのかなぁ・・・でも、三谷さんはアドリブでしたっけね。
タロー。朝日の夕刊に連載しているエッセイがまず頭にあったので、つい。カーテンコールにもちゃんと出てきて、可愛かったです。

投稿: きびだんご | 2008.12.03 08:46

SwinginFujisanさま
私は開演時間を間違えた前科があるので、何回も1時じゃなくて2時を確認しちゃいました(でもウッカリしてまたやらかしそうだけど)。
会社の若い子(私より、という意味)と一緒だったのですが、彼女は「風のガーデン」で号泣したのを、笑って取り戻した(?)そうです。

投稿: きびだんご | 2008.12.03 08:54

先日、見てきました。私は意外にも数字、全然気になりませんでした。時には見落としていたりしたかも、というくらい。
楽しく笑ってきました

投稿: SwingingFujisan | 2008.12.13 02:53

SwingingFujisanさま
数字・・・最初にとらわれすぎたんですね、私は。
楽しく笑えたということで、何よりです。と言いつつ、私は戸田恵子の台詞が身につまされた(いかにも私も言いそう)のに、どんな言葉だったか忘れてるなー 亀、可愛かったですよね。

投稿: きびだんご | 2008.12.13 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月の忘れ物:演舞場でかぶりつき | トップページ | 【メモ】国立の復活狂言 »