« 17世紀フランスの古典演劇だってさー | トップページ | 12月14日は忠臣蔵でしょう・・・しかし。 »

2008.12.13

師走に見事な桜吹雪!!

12月13日(土) 「通し狂言 遠山桜天保日記」 11:30~ 於・国立劇場大劇場

河原崎座楽屋/隅田川三囲堤/成田山内護摩木山//花川戸須之崎政五郎内・山の宿尾花屋・大川橋六地蔵河岸//新潟行形亭広間・同庭先//北町奉行所白洲

 初日=3日に見て以来、2回目。今日はかわいく1階上手側の2等席から。ついつい1階8列があったので買ってしまったんだけど(9列は1等A)、同じ2等なら3階の正面から見たほうがよかったのかどうなのか、考えるところ、かなぁ。でも、前回は多少下手側だったから、別の方向から見られてよかったと思うことにしよう。

 さすがに土曜日なので、私の周囲には空席ナシ。終演予定も15時05分ってことは、かなりスピードアップしたんだよねぇ。場面転換とか? まあそれでも、わりと細かくブツブツと切れてる感は否めないけど、そのあたりは仕方ない。むしろテレビドラマ的だったりして(笑)。まっ、大詰がまんまテレビ時代劇だから、よけいそう思うのかしらん。こんなふうに正面きってやられると、こちらも「へへーい、おそれいりやした」とひれ伏すのみだわー。今日は最後に「名さばき!!」との声がかかってたっけ。

 前回は、女方でなくても充分すぎるくらいに美しい菊ちゃんと、ワルに徹した松緑さんが印象的だったんだけど(つまりそれは、ストレートに受け止める部分として)、今日は序幕の芝居小屋という導入の妙~成田山までの、それぞれの趣向の面白さも感じたなぁ。ちょっと三囲堤が地味かな、とも思うけど。・・・というか、全体的には、時蔵さんがもう少し活躍してもいいのに、と。2役のうち、おっかさんの方はほんとに地味だし。あっ、梅枝くんはほんとに成長したなあと思ったのでした。

 立ち回りも、今日の方が舞台に遠かったにもかかわらず、むしろ菊五郎丈の迫力はより感じられた。こちらも、いつもよりは地味?なんて思っちゃうんだけど、その分、実は気合いが入ってるのかも。これは上からどんな風に見えるのか、次回を楽しみにしていようっと。

 そして、最後は全くお約束のテレビ的シーン。なんでここに桜が咲いてるんだ、桜吹雪なんだ、と、間違っても事件の発端からの月日を数えてはいけない その場その場を楽しむのだ、という「正しい」見方に徹するがよろしいのですワ。だんだん、おしまいの口上「皆さまよいお年を」が現実的になってくるのよねー。

 今日は幕間にバッタリ友人に出会うわ、終演後は別の友人と待ち合わせてるわ、相変わらず「知人率」?が高い師走の国立劇場でした。で、半蔵門駅に向かってると、えらくフツーのカッコをした亀蔵さんが、楽屋口方面(伝統芸能情報館の方)から出ていらしてるのに遭遇。あまりに普通の観客に紛れ込みすぎでしょう、と言いたいくらいでした。彼はビルとビルの間のものすごく狭い通路を抜けて駅前の道路へ出たんだけど、我々は一瞬、「どこへ行くんだ?」(←ついて行ってみたいが、それじゃストーカーだろ)、「あっ、夜間通り抜け禁止とあるから、通り抜けられるんだ」(←別にアヤシイ所へ行くわけじゃないのね)、などなど、すっかり盛り上がったのでした

|

« 17世紀フランスの古典演劇だってさー | トップページ | 12月14日は忠臣蔵でしょう・・・しかし。 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

私も遭遇したことがあります、観客に紛れて半蔵門方面へ歩いていく物凄く普通の亀蔵さん!
周り中が、たった今舞台を見てきたところなのに誰も反応しないぞ!とびっくり。権十郎とか亀三郎・亀寿兄弟、梅枝君くらいなら紛れてしまうかな?って気もするんだけど、亀蔵さんのあの目鼻立ちは素顔でも白塗りでも隈取りあかっつらでもハッキリ区別できると思うんだけど…
でも、声をかけて握手なんか求めるとご贔屓みたいだからやめようとも思っちゃった私…案外、みんなそうなのかも?と後から気がついたりして(笑)

投稿: 猫並 | 2008.12.14 11:39

猫並さま
まー、全く同じですね。あまりに普通(若干くたびれたサラリーマンっぽい。ブルゾンにショルダー)だったこともそうですが、ほんとに周りがだれも反応しないんですもん。そして、何か声をかける? いや、そういう贔屓じゃない・・・って感じで。
あの研辰とからくだとかの「怪演」とご本人の、あまりの落差に、これまた役者やのぉ、と思ったりしました。

投稿: きびだんご | 2008.12.14 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 17世紀フランスの古典演劇だってさー | トップページ | 12月14日は忠臣蔵でしょう・・・しかし。 »